研究者
J-GLOBAL ID:200901050973152462   更新日: 2020年08月31日

松田 怜

マツダ リョウ | Matsuda Ryo
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): https://sites.google.com/site/matsudaryo/https://sites.google.com/site/matsudaryo/cv-e
研究分野 (1件): 農業環境工学、農業情報工学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2019 - 2021 植物は自らが過去に経験した光環境の情報をどのように処理・利用しているのか?
  • 2017 - 2020 植物利用型有用タンパク質生産における環境制御とその効果の機構解明に関する研究
  • 2018 - 2019 野外での葉温の短期的な時間変動を再現可能な環境制御システムの開発
  • 2014 - 2018 クロロフィル蛍光を利用した植物葉内の外来タンパク質含量変動モニタリング手法の開発
  • 2013 - 2016 ウイルスベクターを用いたタンパク質生産用植物工場における生産システムの最適化
全件表示
論文 (12件):
  • Shibuya, T, Kishigami, S, Endo, R, R. Matsuda. Interaction between red to far-red ratio of light and vapor-pressure deficit on extension growth of cucumber seedlings. Scientia Horticulturae. 2019. 248. 98-104
  • Matsuda, R, K. Hayano, S. Yagi, K. Fujiwara. Comparison of neural network models with aerodynamic and empirical models toward real-time estimation of the number of air exchanges per hour of a naturally ventilated greenhouse. Journal of Agricultural Meteorology. 2019. 75. 3. 166-172
  • Matsuda, R, A. Ueno, K. Fujiwara. Effects of environmental conditions before gene transfer on the amount of influenza hemagglutinin transiently expressed in Nicotiana benthamiana leaves. Journal of Agricultural Meteorology. 2019. 75. 3. 129-136
  • Matsuda, R, T. Kushibiki, N. Fujiuchi, K. Fujiwara. Agroinfiltration of leaves for deconstructed viral vector-based transient gene expression: infiltrated leaf area affects recombinant hemagglutinin yield. Horticulture, Environment and Biotechnology. 2018. 59. 4. 547-555
  • Matsuda, R, A. Ueno, H. Nakaigawa, K. Fujiwara. Gas exchange rates decrease and leaf temperature increases in Nicotiana benthamiana leaves transiently overexpressing hemagglutinin in an Agrobacterium-assisted viral vector system. Frontiers in Plant Science. 2018. 9. 1315
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • トマト 100トンどりの新技術と理論 低投入多収をめざして
    農山漁村文化協会 2020 ISBN:4540191179
  • Adaptation to Climate Change in Agriculture: Research and Practices
    Springer Singapore 2019
  • LED Lighting for Urban Agriculture (Chapter 12)
    Springer Science+Business Media 2016
  • Progress in Botany
    Springer International Publishing 2016
  • LED Lighting for Urban Agriculture (Chapter 8)
    Springer Science+Business Media 2016
学歴 (4件):
  • 2004 - 2007 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻 博士後期課程
  • 2002 - 2004 東京大学 大学院農学生命科学研究科 生物・環境工学専攻 修士課程
  • 2000 - 2002 東京大学 農学部 生物生産科学課程 生物システム工学専修
  • 1998 - 2000 東京大学 教養学部 理科二類
学位 (1件):
  • 博士 (農学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2016/03 - 現在 東京大学 准教授
  • 2013/03 - 2016/03 東京大学 講師
  • 2011/02 - 2013/03 東京大学 助教
  • 2010/06 - 2011/02 東京大学 特任助教
  • 2009/04 - 2010/05 農業・食品産業技術総合研究機構 研究員
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 日本農業工学会 代議員
  • 2017/04 - 現在 日本農業気象学会 関東甲信越支部理事
  • 2017/04 - 現在 日本農業気象学会 英文誌編集委員
  • 2017/04 - 現在 日本農業気象学会 理事
  • 2015/01 - 現在 日本生物環境工学会 英文誌編集委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017 - 平成29年度東京大学卓越研究員
所属学会 (6件):
International Society for Horticultural Science ,  日本光合成学会 ,  日本植物細胞分子生物学会 ,  園芸学会 ,  日本生物環境工学会 ,  日本農業気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る