研究者
J-GLOBAL ID:200901051036440629   更新日: 2020年09月01日

佐藤 康史

サトウ ヤスシ | Yasushi Sato
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (1件): 消化器内科学
研究キーワード (34件): ,  HSP47 ,  siRNA ,  骨髄間葉系幹細胞 ,  腫瘍ターゲッティング ,  糖鎖 ,  in vivo ,  レチノール ,  肝線維化 ,  STn抗原 ,  肝繊維化 ,  コラーゲン ,  複製可能アデノウイルス ,  抗線維化 ,  がん随伴線維芽細胞 ,  targeting ,  CAF ,  抗線維 ,  線維化 ,  腫瘍拒絶抗原 ,  抗原性 ,  抗体 ,  悪性黒色腫 ,  Calreticulin ,  スキルス胃癌 ,  肝再生治療 ,  細胞標的治療 ,  DDS ,  後線維化 ,  肝硬変 ,  消化器病学 ,  再生医学 ,  臨床腫瘍学 ,  遺伝子治療
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 癌関連脂肪細胞の分泌型exosome解析による新たな膵癌進展機序の解明と臨床応用
  • 2018 - 2021 JMJD2Aは進行胃癌においてエピジェネティック調節により薬剤感受性を制御する
  • 2018 - 2021 新規胃癌抗癌剤耐性因子としてのEGR1の意義
  • 2015 - 2018 Liquid biopsy及びDigitalPCRを用いた高感度胃癌診断法の開発
  • 2014 - 2017 胃癌のBH3 プロファイリングに基づく新規抗がん剤感受性試験の開発および予後予測
全件表示
論文 (167件):
  • Yoshiro Niitsu, Yasushi Sato, Kunihiro Takanashi, Tsuyoshi Hayashi, Naoko Kubo-Birukawa, Fumiko Shimizu, Naoki Fujitani, Rai Shimoyama, Takehiro Kukitsu, Wataru Kurata, et al. A CRAF/glutathione-S-transferase P1 complex sustains autocrine growth of cancers with KRAS and BRAF mutations. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2020
  • Hironori Tanaka, Koichi Okamoto, Yasushi Sato, Takahiro Tanaka, Tetsu Tomonari, Fumika Nakamura, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Hiroshi Miyamoto, Naoki Muguruma, et al. Synergistic anti-tumor activity of miriplatin and radiation through PUMA-mediated apoptosis in hepatocellular carcinoma. Journal of gastroenterology. 2020
  • Tetsu Tomonari, Yasushi Sato, Hironori Tanaka, Takahiro Tanaka, Yasuteru Fujino, Yasuhiro Mitsui, Akihiro Hirao, Tatsuya Taniguchi, Koichi Okamoto, Masahiro Sogabe, et al. Potential use of lenvatinib for patients with unresectable hepatocellular carcinoma including after treatment with sorafenib: Real-world evidence and in vitro assessment via protein phosphorylation array. Oncotarget. 2020. 11. 26. 2531-2542
  • Masanori Takehara, Yasushi Sato, Tetsuo Kimura, Kazuyoshi Noda, Hiroshi Miyamoto, Yasuteru Fujino, Jinsei Miyoshi, Fumika Nakamura, Hironori Wada, Yoshimi Bando, et al. Cancer-associated adipocytes promote pancreatic cancer progression through SAA1 expression. Cancer science. 2020
  • Nakagawa T, Sato Y, Tanahashi T, Mitsui Y, Kida Y, Fujino Y, Hirata M, Kitamura S, Miyamoto H, Okamoto K, et al. JMJD2A sensitizes gastric cancer to chemotherapy by cooperating with CCDC8. Gastric cancer : official journal of the International Gastric Cancer Association and the Japanese Gastric Cancer Association. 2019
もっと見る
MISC (154件):
もっと見る
特許 (13件):
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (1件):
  • 2007 - 2012 札幌医科大学 医学部 講師
受賞 (8件):
  • 2013/10 - 日本癌治療学会 最優秀演題賞
  • 2011/10 - 日本癌治療学会 優秀演題賞
  • 2007/12 - 浜名湖シンポジウム 最優秀賞
  • 2007/05 - APASL Conference (Asian Pacific Association for the Study of the Liver) Best poster award
  • 2004 - 浜名湖シンポジウム最優秀賞(2004年度)
全件表示
所属学会 (9件):
日本消化器内視鏡学会 ,  日本遺伝 ,  米国遺伝子治療学会 ,  日本血液学会 ,  日本癌学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本肝臓学会 ,  日本内科学会 ,  日本臨床腫瘍学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る