研究者
J-GLOBAL ID:200901051069010239   更新日: 2021年01月14日

後藤 典子

ゴトウ ノリコ | Gotoh Noriko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 病態医化学 ,  腫瘍生物学 ,  発生生物学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (6件): 幹細胞生物学 ,  腫瘍分子生物学 ,  発生生物学 ,  細胞生物学 ,  分子生物学 ,  Developmental Biology
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • Signal transduction pathways through FGF and neurotrophin for disease
  • Signal transduction pathways through FGF and neurotrophin for mammalian development
  • Signal transduction pathways through FGF, neurotrophin and docking proteins for mammalian development and disease
  • Study of Signal Transduction through EGF receptor
  • Study of Signal Transduction through Shc Adaptor Protein
論文 (114件):
  • Murayama T, Takeuchi Y, Yamawaki K, Natsume T, Mengjiao L, Marcela N R-C, Nishimura T, Kogure Y, Nakata A, Tominaga K, et al. MCM10 compensates for Myc-induced DNA replication stress in breast cancer stem-like cells. Cancer Science. 2020. in press
  • Hisano Yanagi, Takashi Watanabe, Tatsunori Nishimura, Takanori Hayashi, Seishi Kono, Hitomi Tsuchida, Munetsugu Hirata, Yuko Kijima, Shintaro Takao, Seiji Okada, et al. Upregulation of S100A10 in metastasized breast cancer stem cells. Cancer Science. 2020. 111. 12. 4359-4370
  • Nishimura T, Gotoh N. Cancer treatments targeting mitochondrial enzymes involved in one-carbon metabolism. Cytometry Research. 2020. 30. 2. 9-13
  • Akane Kanamori, Daisuke Matsubara, Yurika Saitoh, Yuya Fukui, Noriko Gotoh, Shuichi Kaneko, Motoharu Seiki, Yoshinori Murakami, Jun-ichiro Inoue, Takeharu Sakamoto. Mint3 depletion restricts tumor malignancy of pancreatic cancer cells by decreasing SKP2 expression via HIF-1. Oncogene. 2020. 39. 39. 6218-6230
  • Yuichi Mitobe, Kazuhiro Ikeda, Wataru Sato, Yukinobu Kodama, Mitsuru Naito, Noriko Gotoh, Kanjiro Miyata, Kazunori Kataoka, Hitoshi Sasaki, Kuniko Horie-Inoue, et al. Proliferation-associated long noncoding RNA, TMPO-AS1 , is a potential therapeutic target for triple-negative breast cancer. Cancer Science. 2020. 111. 7. 2440-2450
もっと見る
MISC (18件):
  • Yukino Machida, Natsuko Kimura, Arinobu Tojo, Ko-ichi Akashi, Hideyuki Saya, Issay Kitabayashi, Noriko Gotoh. Critical roles of FRS2beta, a feedback inhibitor of ErbB-ERK signaling, for communication between cancer stem cells and their niche during mammary tumorigenesis. CANCER RESEARCH. 2016. 76
  • 中田 飛鳥, 吉田 亮, 山口 類, 玉田 嘉紀, 藤田 アンドレ, 島村 徹平, 井元 清哉, 樋口 知之, 野村 将春, 木村 達郎, et al. 肺腺癌におけるβカテニンの活性化はイレッサ(gefitinib)への耐性に寄与する. 日本生化学会大会・日本分子生物学会年会合同大会講演要旨集. 2015. 88回・38回. [3P1117]-[3P1117]
  • Noriko Gotoh, Kana Tominaga, Arinobu Tojo. MICAL3 regulates stemness of human breast cancer. ANNALS OF ONCOLOGY. 2015. 26. 31-31
  • Ernest Nadal, Anna Truini, Asuka Nakata, Jules Lin, Rishindra Reddy, Andrew C. Chang, Nithya Ramnath, Noriko Gotoh, Guoan Chen, David Beer. A Novel Serum 4-MicroRNA Signature for Lung Cancer Detection. JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY. 2015. 10. 9. S304-S304
  • 中田 飛鳥, 吉田 亮, 山口 類, 玉田 嘉紀, 藤田 アンドレ, 島村 徹平, 井元 清哉, 樋口 知之, 野村 将春, 木村 達郎, et al. 肺腺癌におけるβカテニンの活性化はイレッサ(gefitinib)への耐性に寄与する. 日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録. 2015. 35回. 72-73
もっと見る
特許 (17件):
書籍 (35件):
  • 微小環境と治療抵抗性メカニズム in CANCER BOARD of the BREAST
    2020
  • がん幹細胞とそのニッチ in 医学のあゆみ
    2020
  • がん幹細胞とその微小環境および治療への展望
    羊土社 2020
  • MTHFD2の酵素活性阻害によるがん治療
    北隆館 2020
  • MTHFD2を標的としたがん治療
    ニューサイエンス社 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • 乳がん患者由来がん三次元培養からがん幹細胞の不均一性に迫る
    (患者由来がんモデル講演会 2020)
  • がん幹細胞を標的とした治療戦略「Year in Review」
    (第24回日本がん分子標的治療学会学術集会 2020)
  • 固形がんのPatient-derived xenograft (PDX)
    (第79回日本癌学会学術総会 2020)
  • 乳がん臨床検体由来がん幹細胞濃縮細胞群の1細胞解析
    (ワークショップ「技術革新がもたらすがん治療難治性の理解克服へむけた新しい方向性」 2019)
  • Growth factor signaling regulates cancer stem cells and their niche
    (The 6th Symposium on Anti-tumor Agents and Individual Therapy 2019)
もっと見る
Works (6件):
  • FGF、ニューロトロフィンの関与する発生や疾病へのシグナリングの研究
    2001 -
  • Signal transduction pathways through FGF and neurotrophin for development and disease
    2001 -
  • アダプター分子Shcを介するシグナル伝達研究
    1993 - 1998
  • Study of Signal transduction through Shc adaptor protein
    1993 - 1998
  • EGF受容体を介するシグナル伝達研究
    1992 - 1998
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1993 東京大学 第三種博士課程第一臨床医学専攻
  • - 1993 東京大学
  • - 1989 金沢大学 医学科
  • - 1989 金沢大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (12件):
  • 2013/04 - 現在 金沢大学がん進展制御研究所 分子病態研究分野 教授
  • 2007/04 - 2013/03 東京大学医科学研究所 システム生命医科学技術開発共同研究ユニット 特任准教授(独立)
  • 2005/07 - 2007/03 東京大学医科学研究所 腫瘍抑制分野 准教授
  • 2002/07 - 2005/03 東京大学医科学研究所 腫瘍抑制分野 講師
  • 2001 - 2002 Josyu, Division of Genetics, Institute of Medical Science, University of Tokyo
全件表示
所属学会 (7件):
American Association of Cancer Research ,  日本内科学会 ,  日本血液学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本癌学会 ,  日本サイトメトリー学会 ,  日本がん分子標的治療学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る