研究者
J-GLOBAL ID:200901051139350091   更新日: 2021年06月15日

松岡 篤

マツオカ アツシ | Matsuoka Atsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
ホームページURL (1件): http://www.katachi.niigata-u.ac.jp/index.html
研究分野 (2件): 地球生命科学 ,  固体地球科学
研究キーワード (4件): アンモナイト ,  中生代 ,  放散虫 ,  古海洋学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2023 「化石種はどのように定義すべきか」パンタネリウム属(放散虫)による挑戦
  • 2015 - 2018 形と機能から探る放散虫の系統進化学的研究
  • 2006 - 2008 2億年間の古海洋を探る:生物源シリカの珪素・酸素同位体分析
  • 2005 - 2006 ゲノム解析技術GP法をもちいた浮遊性原生生物における種概念の構築
  • 2002 - 2004 中・古生代珪質堆積物の酸素同位体・微化石統合層序の確立
全件表示
論文 (209件):
  • Kentaro Nakada, Michiharu Goto, Christian Meister, Atsushi Matsuoka. The late Pliensbachian (Early Jurassic) ammonoid Amaltheus in Japan: systematics and biostratigraphic and paleobiogeographic significance. Journal of Paleontology. 2021. 1-18
  • Rie S. Hori, Takenobu Shinki, Akihiro Iwakiri, Atsushi Matsuoka, Noritoshi Suzuki, Kaoru Ogane, Akihiro Tuji. Growth pattern of the siliceous skeletons of living Spumellaria (Radiolaria) from the Kuroshio Current, offshore southwestern Shikoku Island, Japan. Revue de Micropaléontologie. 2021. 100504-100504
  • Atsushi Matsuoka, Xin Li, Marco Chiari, Angela Bertinelli. Radiolarian occurrences from the Jurassic-Cretaceous transition beds in the Maiolica Formation of the Bosso Valley section, Northern Apennines, central Italy. Cretaceous Research. 2020. 114. 104500-104500
  • Takashi Yoshino, Atsushi Matsuoka, Naoko Kishimoto. Origami Reconstruction of the Cortical Shell Structures of Radiolarian genus Pantanellium from Planar Graphs. Revue de Micropaléontologie. 2020. 67. 100423-100423
  • Li, X, Luo, H, Yang, Q, Wu, H, Wang, Y, Matsuoka, A. Progress and problems in the Radiolarian research along the Yarlung-Tsangpo Suture Zone. Acta Micropalaeontologica Sinica. 2020. 37. 2. 159-174
もっと見る
MISC (21件):
  • Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Yoshihito Kamata, Atsushi Takemura. Preface: The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists (InterRad XV), 20 October-1 November, 2017, Niigata, Japan (Part 2). PALEONTOLOGICAL RESEARCH. 2020. 24. 2. 87-88
  • Ito, T, Moria, Yokoyama, H, Ishiwata, S, Matsuoka, A. Radiolarian-inspired art design: Simplification and identification. Bulletin of the Geological Survey of Japan. 2020. 71. 4. 239-242
  • Atsushi Matsuoka, Toshiyuki Kurihara, Yoshihito Kamata, Atsushi Takemura. Preface: The 15th Meeting of the International Association of Radiolarists (InterRad XV), 20 October-1 November, 2017, Niigata, Japan. PALEONTOLOGICAL RESEARCH. 2019. 23. 4. 235-235
  • Matsuoka, A, Ito, T. Editorial: Progress in radiolarian research during the last two decades. Science Reports of Niigata University (Geology). 2017. 32. Supplement. i-iv
  • Li, X. Yoshino, K. Sakai, Y, Matsuoka, A. Report of the 12th symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems, August 16-20, 2015, Shenyang, China. Science Reports of Niigata University (Geology). 2016. 31. 99-110
もっと見る
書籍 (17件):
  • The Geology of Japan.
    The Geological Society of London. 2016
  • ジオパーク -大学から地域へ、そして世界へ- ブックレット新潟大学61
    新潟日報事業社 2013
  • かたち創造の百科事典
    丸善出版 2013
  • 国立科学博物館叢書13 微化石 顕微鏡で見るプランクトン化石の世界. 5.5 宇宙プランクトン研究
    東海大学出版会 2012
  • 古生物学事典第2版
    朝倉書店 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (340件):
  • ジュラ紀中世放散虫Unuma echinatus の詳細形態解析とUnuma 属の系統上の位置
    (日本古生物学会第170回例会 2021)
  • デジタルプラネタリウムによる放散虫3Dモデルの投影
    (形の科学会第89回シンポジウム 2020)
  • ジュラ紀放散虫Unuma echinatusの形態的特徴
    (形の科学会第89回シンポジウム 2020)
  • Was the Jurassic-Cretaceous boundary a critical event for marine life in the pelagic Panthalassa?
    (Japan Geoscience Union-American Geophysical Union Joint Meeting 2020, Virtual Meeting, 2020)
  • 糸魚川ジオパークにおけるフォッサマグナミュージアムと新潟大学との連携の10年
    (Japan Geoscience Union-American Geophysical Union Joint Meeting 2020, Virtual Meeting 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪市立大学)
経歴 (9件):
  • 2017/04/01 - 現在 新潟大学 理学部 理学科 教授
  • 2010/04 - 現在 新潟大学 大学院 自然科学研究科 環境科学専攻 教授
  • 2002/04/01 - 現在 愛媛大学沿岸環境科学研究センター 客員研究員
  • 2002/04/01 - 2017/03/31 新潟大学 理学部 地質科学科 教授
  • 2012/04/01 - 2012/09/30 放送大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2020/12 - 現在 国際白亜系層序小委員会 Berriasian Working Group Member
  • 2017/10 - 現在 日本古生物学会 Paleontological Research誌 編集委員
  • 2015/04 - 現在 Revue de micropaleontologie, Editorial Board Member
  • 2008/06 - 現在 形の科学会 FORMA誌,Associate Editor
  • 1995/01 - 現在 形の科学会 運営委員
全件表示
所属学会 (7件):
日本地球惑星科学連合 ,  北東アジア学会 ,  日本海洋学会 ,  日本進化学会 ,  日本古生物学会 ,  日本地質学会 ,  形の科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る