研究者
J-GLOBAL ID:200901051178020090   更新日: 2020年09月01日

松本 久子

マツモト ヒサコ | Matsumoto Hisako
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 呼吸器内科学
研究キーワード (2件): 喘息 ,  asthma
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2019 - 2022 下気道での細菌定着と重症喘息病態との関連性の解明:縦走的・包括的検討
  • 2018 - 2021 喘息治療の応用を目指したPAR-2制御によるIL-33発現メカニズムの解明
  • 2017 - 2020 気道疾患進行と睡眠障害合併時に対する統合的オミックス解析とバイオマーカーの探索
  • 2016 - 2019 Geno-endo-phenotype解析による重症喘息病型形成・増悪の機序解明
  • 2015 - 2018 iPS細胞を用いた肺の臓器再生と疾患病態解明のための革新的バイオリソースの開発
全件表示
論文 (230件):
  • Hironobu Sunadome, Hisako Matsumoto, Ryo Tachikawa, Takeshi Matsumoto, Kiminobu Tanizawa, Toru Oga, Junya Ono, Shoichiro Ohta, Kenji Izuhara, Toyohiro Hirai, et al. Role of serum periostin in severe obstructive sleep apnea with albuminuria: an observational study. Respiratory research. 2020. 21. 1. 143-143
  • Nobuyoshi Hamao, Isao Ito, Satoshi Konishi, Naoya Tanabe, Masahiro Shirata, Issei Oi, Mitsuhiro Tsukino, Hisako Matsumoto, Yoshiro Yasutomo, Seizo Kadowaki, et al. Comparison of ceftriaxone plus macrolide and ampicillin/sulbactam plus macrolide in treatment for patients with community-acquired pneumonia without risk factors for aspiration: an open-label, quasi-randomized, controlled trial. BMC pulmonary medicine. 2020. 20. 1. 160-160
  • Ryobu Mori, Hisako Matsumoto, Shigeo Muro, Hiroko Morisaki, Ryozo Otsuki. Loeys-Dietz Syndrome Presenting with Giant Bullae and Asthma. The journal of allergy and clinical immunology. In practice. 2020. 8. 6. 2058-2059
  • Chie Morimoto, Hisako Matsumoto, Tomoko Tajiri, Yasuhiro Gon, Reiko Ito, Shu Hashimoto, Maho Suzukawa, Ken Ohta, Kenji Izuhara, Junya Ono, et al. High serum free IL-18 is associated with decreased omalizumab efficacy: findings from a 2-year omalizumab treatment study. The Journal of asthma : official journal of the Association for the Care of Asthma. 2020. 1-10
  • Hisako Matsumoto. Approach to management of chronic cough and chronic airway diseases: "Treatable traits" or correct diagnosis?. Respiratory investigation. 2020. 58. 3. 129-130
もっと見る
MISC (282件):
  • 佐藤 隆平, 半田 知宏, 松本 久子, 久保 武, 池添 浩平, 谷澤 公伸, 陳 和夫, 平井 豊博. 間質性肺疾患患者に対する胸部固定帯を用いた咳嗽抑制効果に関する介入試験:パイロットスタディ. 日本咳嗽学会. 2019. 29
  • 池上 直弥, 佐藤 晋, 半田 知宏, 松尾 幸憲, 佐藤 篤靖, 渡邉 創, 島 寛, 庭本 崇史, 伊藤 功朗, 松本 久子, et al. 当院における動体追尾定位放射線照射施行目的の経気管支的金マーカー留置の検討. 気管支学. 2019. 41. Suppl. S271-S271
  • 森本 千絵, 松本 久子, 小熊 毅, 佐藤 晋, 佐藤 篤靖, 田嶋 範之, 石山 裕美, 砂留 広伸, 長崎 忠雄, 田辺 直也, et al. 気管支喘息の合併症 閉塞性気道疾患における黄色ブドウ球菌エンテロトキシンへの感作に関する検討. アレルギー. 2019. 68. 4-5. 498-498
  • 森本千絵, 松本久子, 小熊毅, 佐藤晋, 佐藤篤靖, 田嶋範之, 石山祐美, 砂留広伸, 長崎忠雄, 伊藤功朗, et al. 閉塞性気道疾患における黄色ブドウ球菌エンテロトキシン感作の役割. 日本呼吸器学会誌(Web). 2019. 8. 191
  • 砂留 広伸, 松本 久子, 東田 有智, 堀口 高彦, 北 英夫, 桑原 和伸, 富井 啓介, 大塚 浩二郎, 藤村 政樹, 大倉 徳幸, et al. 喘息患者における将来的Omalizumab導入予測因子としてのペリオスチンの有用性の検討. 日本呼吸器学会誌. 2019. 8. 増刊. 139-139
もっと見る
書籍 (3件):
  • Periostin
    Springer 2019
  • Advances in Asthma-pathophysiology, diagnosis and treatment
    Springer 2018
  • Calcium Signaling In Airway Smooth Muscle Cells
    Springer 2013
講演・口頭発表等 (35件):
  • 重症喘息におけるIgEの役割
    (第62回日本呼吸器学会中国・四国地方会 2019)
  • Moving toward precision medicine in severe difficult asthma; a role of serum periostin
    (Korean Academy of Tuberculosis nad Respiratory Diseases (KATRD) Internatinal Conference 2019 2019)
  • 軽症~重症喘息患者の病態・診断・治療について
    (第93回日本呼吸器学会近畿地方会 2019)
  • Establishment of precision medicine for asthma using its endotypes.
    (European Academy of Allergy and Clinical Immunology 2019)
  • Management of seveasthma using biologics with greater precision.
    (Asian Pacific Society of Respirology 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • 気管支喘息の病態に関連する遺伝子の研究
    2002 -
学歴 (2件):
  • 1995 - 1999 京都大学大学院
  • 1984 - 1990 京都大学
学位 (1件):
  • 医学博士号 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2018/06 - 現在 京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 准教授
  • 2017/05 - 2018/05 京都大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 講師
  • 2012/05 - 2017/04 京都大学医学部附属病院 呼吸器内科 院内講師
  • 2002/06 - 2012/04 京都大学医学部附属病院 呼吸器内科 助手(現称助教)
  • 2005/05 - 2006/08 University of Sydney Department of Pharmacology Visiting Academics
受賞 (8件):
  • 2020 - Best Doctors, Inc. Best Doctors in Japan 2020-2021
  • 2019 - 日本呼吸器学会 平成30年度日本呼吸器学会熊谷賞
  • 2015 - 日本内科学会 第112回医学生・研修医の“日本内科学会ことはじめ” 指導教官賞
  • 2013 - 第22回Pneumo Forum賞
  • 2011 - 臨床喘息研究会 第19回臨床喘息研究会最優秀賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本呼吸器内視鏡 ,  日本感染症 ,  日本アレルギー ,  日本呼吸器 ,  日本内科
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る