研究者
J-GLOBAL ID:200901051209005435   更新日: 2020年09月01日

螺良 愛郎

ツブラ アイロウ | Tsubura Airou
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www3.kmu.ac.jp/pathol2/http://www3.kmu.ac.jp/pathol2/
研究分野 (2件): 実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (8件): 診断病理学 ,  泌尿生殖器・内分泌 ,  中毒病理 ,  腫瘍 ,  超微形態 ,  分子 ,  細胞 ,  動物
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 1999 - 経産を介する乳癌制御の機序解明
  • 1996 - 網膜変性モデルの開発と病態制御
  • 1996 - 乳癌抑制化学物質の探索
MISC (210件):
書籍 (50件):
  • N-Methyl-N-nitrosourea-induced retinal degeneration in rats: A reliable animal model of retinitis pigmentosa for the development of new therapeutic strategies「Recent Advances in Eye Research」
    Nova Science 2015 ISBN:9781634633758
  • Methylnitrosourea. In: Encyclopedia of Toxicology, 3rd Ed.「Elsevier, Acadenuc Press」
    Elsevier, Acadenuc Press 2014
  • N-Methyl-N-nitrosourea animal models for retinitis pigmentosa, In: Animal Models for the Study of Human Disease.「Animal Models for the Study of Human Disease」
    Academic Press / Elsevier 2013
  • アラキドン酸補給の安全性に関する研究「胎仔期のアラキドン酸が乳癌発症に及ぼす影響」「アラキドン酸補給の安全性に関する研究 平成23年度 総合研究報告書」
    厚生労働省 2012
  • アラキドン酸補給の安全性に関する研究 胎仔期のアラキドン酸が乳癌発症に及ぼす影響「アラキドン酸補給の安全性に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書」
    厚生労働省 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (632件):
  • Characterization of mammary carcinomas in male and female rats after MNU exposure.
    (第32回日本毒性病理学会 2016)
  • 動物を通してヒトの病気を知る.
    (第23回近畿ペインクリニック症例検討会 2016)
  • N-methyl-N-nitrosourea誘発毛包脂腺系病変の免疫組織学的検討.
    (132回関西医科大学学内学術集談会 2016)
  • ミード酸のluminal A 乳癌に対する効果とその作用機構.
    (第105回日本病理学会総会 2016)
  • 骨盤内病変にて発見された悪性黒色腫の1剖検例.
    (第105回日本病理学会総会 2016)
もっと見る
Works (43件):
  • スルフォラファンのオートファジーを介する乳癌細胞死滅機構の同定と癌治療への応用
    2009 -
  • 食品由来抗酸化物質を用いた網膜色素変性症動物モデルでの新規治療法の確立
  • アラキドン酸によるMNU誘発網膜色素変性症動物モデルの病態制御とその分子機構
  • MNU誘発網膜色素変性動物モデルにおけるオートファジーの関与とその分子制御
  • アラキドン酸補給の安全性に関する研究
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1975 関西医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学 (関西医科大学)
経歴 (5件):
  • 1993 - 2014 関西医科大学 医学部 病理学第二講座 教授
  • 1988 - 1993 関西医科大学 医学部 病理学第二講座 助教授
  • 1981 - 1983 関西医科大学 医学部 病理学第二講座 講師
  • 1975 - 1979 関西医科大学 医学部 附属香里病院中央検査部 助手
  • 1976 - 1977 米国 シカゴ大学 ベンメイ癌研究所 助手
委員歴 (19件):
  • 2010 - 2012 日本病理学会近畿支部 副支部長・学術委員長
  • 2010 - 2012 日本病理学会 診断病理支部編集委員
  • 2012 - 日本病理学会近畿支部 幹事
  • 2004 - 2010 日本顕微鏡学会 和文誌顕微鏡編集委員
  • 2008 - 2009 日本臨床分子形態学会 会長
全件表示
受賞 (9件):
  • 2010 - 安澄記念賞
  • 2009 - 森本園子賞
  • 2004 - 佐々木千枝子賞
  • 1992 - 大阪癌研究会賞
  • 1990 - 安田記念医学賞
全件表示
所属学会 (16件):
日本臨床細胞学会 ,  日本顕微鏡学会 ,  日本病理学会近畿支部 ,  日本内分泌病理研究会 ,  日本癌治療学会 ,  日本乳癌学会 ,  日本臨床分子形態学会 ,  日本脂質栄養学会 ,  日本組織細胞化学会 ,  日本実験動物学会 ,  国際病理アカデミー日本支部 ,  乳癌基礎研究会 ,  日本毒性病理学会 ,  Int . Assoc. Breast Cancer Res. ,  日本癌学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る