研究者
J-GLOBAL ID:200901051214378797   更新日: 2022年06月28日

門脇 知子

カドワキ トモコ | Kadowaki Tomoko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.mdp.nagasaki-u.ac.jp/frontier/
研究分野 (4件): 社会系歯学 ,  病態系口腔科学 ,  膠原病、アレルギー内科学 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (4件): 免疫学 ,  細菌学 ,  細胞生物学 ,  歯科薬理学
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2020 - 2023 新規Rabタンパク質による炎症性骨破壊疾患での機能と病態解析
  • 2020 - 2023 メカノセンサーを標的とした歯周病制御
  • 2019 - 2022 好中球における新規Rabタンパク質の機能と歯周病での役割
  • 2018 - 2022 新規Rabタンパク質によるマスト細胞脱顆粒の制御機構解明
  • 2017 - 2020 免疫系細胞の膜輸送を制御する新規分子の発見とその病態の解明
全件表示
論文 (81件):
  • Yu Yamaguchi, Tomoko Kadowaki, Nozomi Aibara, Kaname Ohyama, Kuniaki Okamoto, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba. Coronin1C Is a GDP-Specific Rab44 Effector That Controls Osteoclast Formation by Regulating Cell Motility in Macrophages. International journal of molecular sciences. 2022. 23. 12
  • Saori Nonaka, Tomoko Kadowaki, Hiroshi Nakanishi. Secreted gingipains from Porphyromonas gingivalis increase permeability in human cerebral microvascular endothelial cells through intracellular degradation of tight junction proteins. Neurochemistry International. 2022. 154
  • Yunxia Feng, Manh Tien Tran, Yanyin Lu, Kaung Htike, Yuka Okusha, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, et al. Rab34 plays a critical role as a bidirectional regulator of osteoclastogenesis. Cell Biochemistry and Function. 2022
  • Wanyi Huang, Fan Zeng, Yebo Gu, Muzhou Jiang, Xinwen Zhang, Xu Yan, Tomoko Kadowaki, Shinsuke Mizutani, Haruhiko Kashiwazaki, Junjun Ni, et al. Porphyromonas Gingivalis Infection Induces Synaptic Failure via Increased IL-1β Production in Leptomeningeal Cells. Journal of Alzheimer's Disease. 2021. 83. 2. 665-681
  • Manh Tien Tran, Yuka Okusha, Yunxia Feng, Chiharu Sogawa, Takanori Eguchi, Tomoko Kadowaki, Eiko Sakai, Takayuki Tsukuba, Kuniaki Okamoto. A novel role of HSP90 in regulating osteoclastogenesis by abrogating Rab11b-driven transport. Biochimica et Biophysica Acta - Molecular Cell Research. 2021. 1868. 10. 119096-119096
もっと見る
MISC (78件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 歯周病とプロテアーゼ-歯周病原性細菌のヘムおよびアミノ酸獲得機序-
    蛋白質分解 2000
  • Arg-gingipain and Lys-gingipain: a novel class of cysteine proteinases.
    Proteases: New Perspectives, Birkh隔sen Verlag 1999
  • Arg-gingipain and Lys-gingipain : a novel class of cysteine proteinases.
    Proteinases : New Perspectives 1999
  • Structural Characterization of Pathogenic Cysteine Proteinases from the Oral Bacterium Porphyromonas gingivalis.
    Proteolysis in Cell Functions, IOS Press, Amsterdam 1997
  • Biological Roles of a Novel Class of Cysteine Proteinases from Porphyromonas gingivalis in Periodontal Disease Progression.
    "Medical Aspects of Proteases and Protease Inhiibitors" 1997
もっと見る
講演・口頭発表等 (9件):
  • リソソームとアレルギー疾患制御
    (第62回歯科基礎医学会学術大会 2020)
  • 基礎研究,URA,ワーク・ライフバランスから見た研究戦略
    (第60回歯科基礎医学会学術大会 2018)
  • Porphyromonas gingivalis を標的とした創薬
    (第47回歯科基礎医学会学術大会 2005)
  • Porphyromonas gingivalisプロテアーゼによる宿主細胞傷害機構
    (第78回日本細菌学会総会 2005)
  • Development of potent gingipain inhibitors as tools to prevent the virulence of Porphyromonas gingivalis
    (3rd General Meeting of the International Proteolysis Society 2003)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1991 - 1995 九州大学 博士課程(臨床系)
  • - 1995 九州大学
  • 1984 - 1990 九州大学 歯学科
  • - 1990 九州大学
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (九州大学)
経歴 (10件):
  • 2021/03 - 現在 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 教授
  • 2014/11 - 2021/02 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科 准教授
  • 2012/02 - 2014/10 長崎大学 研究推進戦略本部 リサーチアドミニストレーター
  • 2009/04 - 2012/01 長崎大学 医歯薬学総合研究科 助教
  • 2008/04 - 2009/03 九州大学 歯学研究院 助教
全件表示
受賞 (3件):
  • 2004 - JB論文賞
  • 2002 - 優秀演題賞
  • 1999 - 歯科基礎医学会賞
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る