研究者
J-GLOBAL ID:200901051389988938   更新日: 2020年08月30日

船瀬 広三

フナセ コウゾウ | funase kouzou
所属機関・部署:
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (5件): 運動学習と一次運動野興奮性 ,  一次運動野の可塑性と運動パフォーマンスの関係 ,  随意運動制御と反射性制御 ,  Hoffman反射 ,  経頭蓋磁気刺激
論文 (67件):
  • Hirano M, Kubota S, Koizume Y, Funase K. Acquisition of motor memory determines the inter-individual variability of learning-induced plasticity in the primary motor cortex. Journal of Applied Physiology. 2018. 125. 990-998
  • Tanaka Y, Funase K, Sekiya H, Sasaki J, Tanaka-Miki Y. Psychological pressure facilitates corticospinal excitanility: motor preparation processes and EMG activity in a choice reaction task. International Journal of Sports and Exercise Psychology. 2014. 12. 287-301
  • 窪田 慎治, 平野 雅人, 守下卓也, 上原 一将, 船瀬 広三. 感覚入力方法の違いが脊髄反射回路の活動変化に及ぼす影響について-末梢神経電気刺激と筋振動刺激による比較-. 物理療法科学. 2014. 21. 32-39
  • Morishita T, Kubota S, Hirano M, Funase K. Different modulation of short- and long-latency interhemispheric inhibition from active to resting primary motor cortex during a fine-motor manipulation task. Physiological Reports. 2014. 2. 10. e12170
  • Uehara K, Funase K. Contribution of ipsilateral primary motor cortex activity to the execution of voluntary movements in humans: A review of recent studies. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine. 2014. 3. 297-306
もっと見る
書籍 (12件):
  • 複雑動作学習におけるモデル映像提示効果に関する運動神経生理学的研究
    2012
  • 運動生理学のニューエビデンス
    真興交易医書出版部 2010
  • 身体運動におけるミラーニューロンシステムに関する研究
    2008
  • スポーツ科学事典
    平凡社 2006
  • 運動生理学シリーズ7, 運動と高次神経機能 -運動の脳内機能を探索する-
    杏林書院 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (104件):
  • 脊髄伸張反射の可塑性をもたらす神経機構
    (第48回日本リハビリテーション医学会学術集会シンポジウム 2011)
  • Effects of psychological pressure on motor cortex excitability and EMG activity in a choice reaction task
    (2011)
  • Evaluation of the lower-leg muscle characteristics in athletes with complete spinal cord injury
    (2011)
  • Effect of observation of an unacquired motor task with the motor imagery on motor cortical excitability
    (2011)
  • Effects of exercise-induced hyperthermia on neuromuscular function using transcranial magnetic stimulation
    (2011)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1980 - 1982 筑波大学 体育研究科 運動生理学
  • 1976 - 1980 奈良教育大学 教育学部 保健体育
学位 (1件):
  • 医学博士 (岐阜大学)
経歴 (5件):
  • 2006/04/01 - 広島大学 教授
  • 2001/04/01 - 2006/03/31 長崎大学 教授
  • 1998/04/01 - 2001/03/31 長崎大学 教授
  • 1991/04/01 - 1998/03/31 長崎大学 助教授
  • 1984/04/01 - 1991/03/31 岐阜大学 助手
委員歴 (1件):
  • 2018/04/01 - 2021/03/30 日本運動生理学会 理事長
受賞 (1件):
  • 2005/07 - 日本運動生理学会会長 第6回日本運動生理学会学会賞 随意運動時における脊髄反射機構の動態に関する研究
所属学会 (6件):
日本運動生理学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本生理学会 ,  日本体育学会 ,  日本体力医学会 ,  ヒトの随意運動制御研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る