研究者
J-GLOBAL ID:200901051552271000   更新日: 2022年06月23日

八反地 剛

ハツタンジ ツヨシ | Hattanji Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 地理学
研究キーワード (5件): 風化 ,  侵食 ,  斜面崩壊・地すべり ,  水文地形学 ,  地形学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2018 高解像度DEMを用いた流路地形判読に基づく表層崩壊予測モデルの改良
  • 2013 - 2015 日本列島の花崗岩山地の化学的風化速度の分布とその規定要因
  • 2013 - 2014 平成25年台風26号による伊豆大島で発生した土砂災害の総合研究
  • 2012 - 2013 豪雨発生前後の航空レーザ測量データを用いた表層崩壊の発生予測モデルの検証
  • 2008 - 2010 風化・侵食速度が山地小流域の水文地形プロセスにおよぼす影響
全件表示
論文 (60件):
  • Yoshihara, Naoyuki, Hattanji, Tsuyoshi. Estimation of shallow subsurface structures on granitic hillslopes based on electrical resistivity distribution. Journal of Applied Geophysics. 2022. 203. 104704
  • 八反地, 剛, 古賀, 亘, 河野, 孝俊, 古市, 剛久, 土志田, 正二, 田中, 靖. 谷頭凹地の埋積速度に対する中世以降の人間活動の影響. 日本地理学会発表要旨集,2022年度日本地理学会春季学術大会. 2022
  • 八反地, 剛. 【地形学×土】山地斜面の土と崩壊 -地形学の視点から-(特集 まだ知らない土のこと). 土木学会誌. 2021. 106. 11. 16-19
  • Hattanji, Tsuyoshi, Kodama, Ryuya, Takahashi, Daichi, Tanaka, Yasushi, Doshida, Shoji, Furuichi, Takahisa. Migration of channel heads by storm events in two granitic mountain basins, western Japan: Implication for predicting location of landslides. Geomorphology. 2021. 393. 107943
  • Yoshihara, Naoyuki, Hattanji, Tsuyoshi, Doshida, Shoji, Tanaka, Yasushi, Furuichi, Takahisa. Geomorphological features of shallow landslides in hillslopes underlain by mixed rock of sandstone and mudstone: A case of heavy rainfall on August 20, 2014 in Hiroshima City, Japan. Tsukuba Geoenvironmental Sciences. 2020. 16. 15-25
もっと見る
書籍 (8件):
  • 改訂版 地球環境学
    古今書院 2019 ISBN:9784772253192
  • 改訂版 地球環境学
    古今書院 2019 ISBN:9784772253192
  • 平成30年度砂防地すべり技術研究成果報告
    2018
  • 地形の辞典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254160635
  • 地球学調査・解析の基礎(上野健一・久田健一郎編)
    古今書院 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • Detecting high-resolution variation of a forested headwater stream by a low frequency flood: An approach from cableway-system photographing
    (日本地球惑星科学連合2022年大会 2022)
  • 土石流扇状地の三次元形状と土石流の流下・堆積範囲の関係 -2014年広島豪雨災害の事例-
    (日本地球惑星科学連合2022年大会 2022)
  • 台風1919豪雨による宮城県丸森町五福谷川流域での谷抜け崩壊イベント
    (2022年度東北地理学会春季学術大会 2022)
  • 谷頭凹地の埋積速度に対する中世以降の人間活動の影響
    (2022年度日本地理学会春季学術大会 2022)
  • Infilling rates of hollows in a landslide-prone area of Hiroshima City, western Japan: Estimation from radiocarbon dates and high-resolution DEMs
    (American Geophysical Union Fall Meeting 2021 2021)
もっと見る
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本地形学連合 代議員/行事主幹
  • 2010/04 - 現在 日本地理学会 災害対応委員会/ウェブ担当
  • 2013/04 - 2019/03 日本地形学連合 委員会委員
  • 2009 - 2010 日本地理学会 総務専門委員
受賞 (1件):
  • 2015/10 - 日本地形学連合 日本地形学連合研究奨励賞 機関誌「地形」の学術論文発表
所属学会 (8件):
American Geophysical Union ,  日本森林学会 ,  日本応用地質学会 ,  砂防学会 ,  日本地すべり学会 ,  日本地形学連合 ,  日本地理学会 ,  東京地学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る