研究者
J-GLOBAL ID:200901051837534820   更新日: 2021年12月13日

高橋 哲也

タカハシ テツヤ | Takahashi Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 協力研究員
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 福井大学  学術研究院医学系部門   客員准教授
研究分野 (1件): 精神神経科学
研究キーワード (9件): 神経ネットワーク解析 ,  臨床精神医学 ,  ニューロイメージング ,  脳波解析 ,  MRI解析 ,  非線形解析 ,  EEG analysis ,  MRI analysis ,  nonlinear
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2020 - 2023 双極性障害の治療に向けた概日リズム神経システムへの効果的なカオス制御機構の開発
  • 2020 - 2023 動的神経ネットワーク障害に着目した自閉性障害の早期診断/個別化治療システムの構築
  • 2020 - 2023 事象関連電位と瞳孔径変化から解明する発達障害におけるパニックの神経基盤
  • 2020 - 2023 急性期病院での高齢患者のせん妄の早期発見・介入を目指した心理的支援モデルの構築
  • 2018 - 2022 デフォルトモードからの散逸に基づいた課題処理における脳領野間ネットワークの解明
全件表示
論文 (101件):
  • Sou Nobukawa, Nobuhiko Wagatsuma, Takashi Ikeda, Chiaki Hasegawa, Mitsuru Kikuchi, Tetsuya Takahashi. Effect of steady-state response versus excitatory/inhibitory balance on spiking synchronization in neural networks with log-normal synaptic weight distribution. Cognitive Neurodynamics. 2021
  • Sou Nobukawa, Haruhiko Nishimura, Nobuhiko Wagatsuma, Keiichiro Inagaki, Teruya Yamanishi, Tetsuya Takahashi. Recent Trends of Controlling Chaotic Resonance and Future Perspectives. Frontiers in Applied Mathematics and Statistics. 2021. 7
  • Chiaki Hasegawa, Tetsuya Takahashi, Takashi Ikeda, Yuko Yoshimura, Hirotoshi Hiraishi, Sou Nobukawa, Daisuke N Saito, Hirokazu Kumazaki, Ken Yaoi, Masayuki Hirata, et al. Effects of familiarity on child brain networks when listening to a storybook reading: A magnetoencephalographic study. NeuroImage. 2021. 118389-118389
  • Sou Nobukawa, Aya Shirama, Tetsuya Takahashi, Toshinobu Takeda, Haruhisa Ohta, Mitsuru Kikuchi, Akira Iwanami, Nobumasa Kato, Shigenobu Toda. Identification of attention-deficit hyperactivity disorder based on the complexity and symmetricity of pupil diameter. Scientific reports. 2021. 11. 1. 8439-8439
  • Naoki Furutani, Tetsuya Takahashi, Nobushige Naito, Takafumi Maruishi, Yuko Yoshimura, Chiaki Hasegawa, Tetsu Hirosawa, Mitsuru Kikuchi. Complexity of Body Movements during Sleep in Children with Autism Spectrum Disorder. Entropy. 2021. 23. 4. 418-418
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • ストレス科学事典(分担執筆:脳機能測定)
    実務教育出版 2011
  • マイルドフルネス・瞑想・座禅の脳科学と精神療法(分担執筆:禅瞑想課題中の特殊な意識状態とその精神生理学的メカニズム)
    新興医学出版社 2007
講演・口頭発表等 (66件):
  • レベチラセタムの追加投与が著効した若年ミオクロニーてんかんの1例
    (第185回北陸精神神経学会 2014)
  • 医学生における気質の変化-University Personality Inventory(UPI)の推移による検討-
    (第33回日本社会精神医学会 2014)
  • 発達障害の同胞例における非線形解析を用いた脳波研究
    (第56回日本小児神経学会学術集会 2014)
  • クロス・マルチスケールエントロピー解析を用いた統合失調症における脳内神経ネットワーク障害の検討
    (第110回日本精神神経学会学術総会 2014)
  • 薬物療法に難渋したレビー小体型認知症のー例
    (第183回北陸精神神経学会 2013)
もっと見る
Works (5件):
  • 自閉性障害の神経ネットワーク異常に関する研究:非線形解析による脳形態生理学的検討, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • 創造性が高齢者の脳機能に及ぼす影響-脳波の非線形解析を用いた統合的研究-, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • 統合失調症の脳内ネットワーク障害に関する多面的研究:形態・生理・機能的アプローチ, 若手研究(B)
    2012 -
  • 高齢者の認知機能障害の早期診断に関する多面的研究:形態・生理・機能学的アプローチ, 若手研究(B)
    2009 -
  • マルチフラクタルによる脳 MRI 画像上の加齢性および病的白質変化の特徴抽出, 若手研究(B)
    2006 -
学歴 (2件):
  • - 2004 福井医科大学 精神医学
  • - 1998 福井医科大学 医学科
学位 (1件):
  • Changes in EEG and autonomic nervous activity during meditation and their association with personality traits. (福井大学)
経歴 (7件):
  • 2018/10 - 現在 福井大学 精神医学講座 客員准教授
  • 2016/04 - 2018/09 福井大学 保健管理センター 准教授
  • 2014/10 - 2016/03 金沢大学 子どものこころの発達研究センター 准教授
  • 1998/04 - 2015/03 福井大学 医学部 精神医学 医員
  • 2011/07 - 2014/10 福井大学 医学部 精神医学 講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2006 - 日本統合失調症学会 一般会員
受賞 (2件):
  • 2010 - 福井大学医学部2010年1-6月における 優秀論文
  • 2009 - AOCCN (Asian and Oceanian Congress on Clinical Neurophysiology) 2009 Travel Award 受賞
所属学会 (3件):
日本精神神経学会 ,  日本臨床神経生理学会 ,  日本統合失調症学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る