研究者
J-GLOBAL ID:200901052001648398   更新日: 2020年08月31日

伊豫田 拓也

イヨダ タクヤ | Iyoda Takuya
研究分野 (1件): 薬系衛生、生物化学
研究キーワード (1件): 自然免疫、細胞接着、慢性炎症、がん、動脈硬化
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2011 - 2013 テネイシン由来のインテグリン活性化ペプチドによる細胞の悪性化とその分子機構
  • 2010 - 2012 イノシト-ルリン脂質による血管カルシウム輸送制御とその病態学的意義
  • 2008 - 2010 上皮細胞カルシウム輸送体ファミリーの生理機能とその病態機序の解析
  • 2008 - 2009 貪食細胞の機能発現においてイオン輸送体が果たす役割
論文 (47件):
  • Manabu Sasada, Takuya Iyoda, Tatsufumi Asayama, Yusuke Suenaga, Shunsuke Sakai, Naoya Kase, Hiroaki Kodama, Sana Yokoi, Yoichiro Isohama, Fumio Fukai. Inactivation of beta1 integrin induces proteasomal degradation of Myc oncoproteins. Oncotarget. 2019. 10. 48. 4960-4972
  • Kazuki Otsuka, Manabu Sasada, Y U Hirano, Yusuke Nohara, Takuya Iyoda, Yoshikazu Higami, Hiroaki Kodama, Fumio Fukai. Acyclic Retinoid Combined With Tenascin-C-derived Peptide Reduces the Malignant Phenotype of Neuroblastoma Cells Through N-Myc Degradation. Anticancer research. 2019. 39. 7. 3487-3492
  • Fujita M, Yamamoto T, Iyoda T, Fujisawa T, Nagai R, Kudo C, Sasada M, Kodama H, Fukai F. Autocrine Production of PDGF Stimulated by the Tenascin-C-Derived Peptide TNIIIA2 Induces Hyper-Proliferation in Glioblastoma Cells. International Journal of Molecular Sciences. 2019. 20. 13. 3183
  • Fujita M, Yamamoto T, Iyoda T, Fujisawa T, Sasada M, Nagai R, Kudo C, Otsuka K, Kamiya S, Kodama H, et al. Aggressive Progression in Glioblastoma Cells through Potentiated Activation of Integrin α5β1 by the Tenascin-C-Derived Peptide TNIIIA2. Molecular Cancer Therapeutics. 2019. 18. 9. 1251
  • Fujita M, Ito-Fujita Y, Iyoda T, Sasada M, Okada Y, Ishibashi K, Osawa T, Kodama H, Fukai F, Suzuki H. Peptide TNIIIA2 Derived from Tenascin-C Contributes to Malignant Progression in Colitis-Associated Colorectal Cancer via β1-Integrin Activation in Fibroblasts. International Journal of Molecular Sciences. 2019. 20. 11. 2752
もっと見る
MISC (1件):
  • 岩本隆宏, 喜多紗斗美, 伊豫田拓也, 山本信太郎. 食塩負荷から血管トーヌス亢進へのシグナル伝達機構 -Na+ ポンプ・Na+/Ca2+ 交換輸送体の機能協関-. Transportsome. 2009. 10. 17-20
特許 (1件):
  • 細胞の転移又は浸潤抑制剤
書籍 (5件):
  • Deregulation of platelet-derived growth factor (PDGF)-dependent cell proliferation through potentiated and sustained activation of β1-integrin, induced by tenascin-C-derived peptide TNIIIA2
    Nova publishers 2017 ISBN:9781536121780
  • Integrin-dependent cell regulation and its clinical application.
    Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science 2016
  • Cell regulation through adhesion to the extracellular matrix via adhesion molecule, integrins -Therapeutic application of integrin activation-modulating peptides-
    ELSEVIER 2014
  • 人体機能学IV 薬理学テキスト
    福岡大学医学部薬理学教室 2010
  • Na+/Ca2+ 交換体を標的とした新規 Ca2+ 調節薬の開発
    メディカルドゥ・遺伝子医学MOOK 2009
講演・口頭発表等 (166件):
  • 多糖複合フィルムが異なる細胞種へ与える影響の評価
    (第39回日本バイオマテリアル学会大会 2017)
  • 熱プレス法により作製した多糖複合フィルムと細胞との相互作用の解析
    (第66回高分子討論会 2017)
  • テネイシンC由来インテグリン活性化ペプチドによる神経膠芽腫の悪性化進展およびそれに基づく新規治療法の提案
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • N-Myc のプロテアソーム分解を介した進行性神経芽腫の悪性形質の低下ならびにその治療への応用に関する基礎的検討
    (日本薬学会第137年会 2017)
  • 熱プレス法により作製したグリコサミノグリカン/キトサン複合フィルム上での細胞の接着・増殖性評価
    (つくば医工連携フォーラム2017 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2000 - 2005 東邦大学大学院 生物分子科学
  • - 2000 東邦大学 生物分子科学
経歴 (5件):
  • 2018/04 - 現在 山陽小野田市立 山口東京理科大学薬学部 准教授
  • 2016/04 - 2018/03 東京理科大学薬学部 講師
  • 2011/04 - 2016/03 東京理科大学薬学部 助教
  • 2007/10 - 2011/03 福岡大学医学部 助教
  • 2005/04 - 2007/09 The University of Tennessee, College of Vet. Med. ポスドク
委員歴 (1件):
  • 2007 - 日本トランスポーター研究会 幹事
受賞 (1件):
  • 2009/02 - 第38回 心脈管作動物質学会 若手研究奨励賞
所属学会 (11件):
日本ペプチド学会 ,  日本薬学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  結合組織学会 ,  日本免疫学会 ,  日本トランスポーター研究会 ,  日本循環薬理学会 ,  日本平滑筋学会 ,  日本心脈管作動物質学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る