研究者
J-GLOBAL ID:200901052144988815   更新日: 2020年05月17日

矢原 充敏

ヤハラ ミツトシ | Yahara Mitsutoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 電子デバイス、電子機器
研究キーワード (2件): 電子回路 ,  パルス回路
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • ディジタル同期ループに関する研究
論文 (54件):
  • 矢原充敏, 藤本邦昭, 西口大嗣. A Reset Type 2-Mode Digital FLL with Anti-Pseudo-Lock Function and Phase Control. ICIC Express Letters. 2019. 10. 10. 903-910
  • 矢原充敏, 藤本邦昭. 多相クロックのデューティ比に依存しない1+n/k 分周器. 電気学会論文誌C. 2019. 139. 7. 843-844
  • 矢原充敏, 藤本邦昭, 清田英夫, 西口大嗣. A Digitally Controlled Oscillator Using 1+1/k Frequency Divider Base on Multi-Phase Clock. ICIC Express Letters. 2018. 9. 12. 1233-1240
  • 矢原 充敏. 分周比を拡張した多相クロックに基づく1+n/k分周器の提案. 電気学会論文誌C. 2018. Vol.138. No.11. 1451-1452
  • 矢原充敏, 藤本邦昭, 清田英夫. 多相クロックに基づく1+n/k分周器に関する提案. 電気学会論文誌C. 2018. Vol.138. No.8. 1060-1061
もっと見る
MISC (11件):
  • Amphawan Julsereewong Vanchai Riewruja, 佐々木博文, 藤本邦昭, 矢原充敏. A Negative Proportional Characteristic VCO Using CCIIs and NAND RS-Flip Flop. ICIC Express Letters. 2008. Vol.2. No.1. 35-40
  • 矢原充敏, 藤本邦昭, 佐々木博文. A Multiplier with Low Jitter Using Multi-phase Clock Divider. ISII2008. 2008. ISII2008-244. p.31
  • 藤本邦昭, 矢原充敏, 佐々木博文, 石岩. A Dividing Ratio Changeable Digital PLL with Low Output Phase Noise. ICICIC2008. 2008
  • 矢原充敏, 宮川幹平, 八尋剛規, 塘将典, 峯崎俊哉, 高橋守人, 成嶋弘. 学生カルテを中核としたe-Learning教育の実施と運用 -学びの自由化と個別教育の推進に向けて-. 東海大学福岡短期大学紀要. 2008. NO.9
  • A Reset Type Fast Pull-In PLL Vsing Clock Counting Feguency Detector. 九州東海大学紀要. 2002. (21), 93-97
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1993 九州東海大学 工学研究科 情報工学
  • - 1991 九州東海大学 工学部 電子情報工
学位 (1件):
  • 博士(工学)
受賞 (4件):
  • 2013/02 - 財団法人北九州産業芸術推進機構第4回ユニーク・自作チップコンテストinひびきの 優秀賞 スイッチとカレントを用いた可変分周回路
  • 2011/02 - 財団法人北九州産業芸術推進機構第2回ユニーク・自作チップコンテストinひびきの 優秀賞 ブートスラップ回路による電圧制御発振器
  • 2011/02 - 財団法人北九州産業芸術推進機構第2回ユニーク・自作チップコンテストinひびきの 最優秀賞 ニューロンCMOSインバータを用いたAD変換回路
  • 2009/10 - 財団法人北九州産業芸術推進機構第1回ユニーク・自作チップコンテストinひびきの 優秀賞 電圧制御多相クロック発振回路
所属学会 (2件):
電気学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る