研究者
J-GLOBAL ID:200901052217705680   更新日: 2020年09月01日

福田 健二

フクダ ケンジ | Fukuda Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大学院新領域創成科学研究科  教授
ホームページURL (1件): http://www.fb.fr.a.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (3件): 森林科学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (28件): MRI ,  エンボリズム ,  キャビテーション ,  マツノザイセンチュウ ,  エチレン ,  材線虫病 ,  ヒノキ ,  水ストレス ,  cavitation ,  マツ材線虫病 ,  年輪 ,  クロマツ ,  ヒノキ漏脂病 ,  傷害樹脂道 ,  多様性 ,  安定同位体 ,  光合成 ,  δ13C ,  菌根菌 ,  水利用効率 ,  樹脂道 ,  可視化 ,  漏脂病 ,  黄土高原 ,  抵抗性家系 ,  萎凋 ,  threshold water potential ,  環境保全
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2011 - 2012 樹木の水分生理特性と萎凋病の枯死機構の統合的理解
  • 2009 - 2011 ブナ科樹木萎凋病菌の病原性に関与する要因に関する研究
  • 2008 - 2010 マツ材線虫病におけるキャビテーション発生機構の解明
  • 2006 - 2008 ナラ類萎凋病における樹種間の枯死機構と抵抗性機構の比較研究
  • 2006 - 2007 マツ材線虫病の萎凋枯死機構の非破壊観察による解明
全件表示
論文 (132件):
  • Stage-specific transcriptome of Bursaphelenchus xylophilus reveals temporal regulation of effector genes and roles of the dauer-like stages in the lifecycle. Scientific Reports. 2019
  • Short-time xylem tension relaxation prevents vessel refilling and alleviates cryo-fixation artifacts in diffuse-porous Carpinus tschonoskii and Cercidiphyllum japonicum. Tree Physiology. 2019
  • Radiocesium Contamination on a University Campus and in Forests in Kashiwa City, Chiba Prefecture, a Suburb of Metropolitan Tokyo. Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident (III). 2019
  • Changes in quantity, morphology and nitrogen content of fine roots with stand development in a subalpine fir-wave forest. Journal of Forest Research. 2018
  • Yuko Yasuda, Yasuhiro Utsumi, Xianfang Tan, Naoaki Tashiro, Kenji Fukuda, Shinya Koga. Suppression of growth and death of meristematic tissues in Abies sachalinensis under strong shading: comparisons between the terminal bud, the terminally lateral bud and the stem cambium. Journal of Plant Research. 2018. 1-9
もっと見る
MISC (57件):
  • 福田 健二. 樹木医技術の確立のため過去の治療事例の検証を (特集 樹木治療の検証と事例の活用を考える). グリーン・エージ. 2017. 44. 12. 4-7
  • 高橋 淳, 中島 健太, 平川 雅文, 福田 健二. 人為低温処理による茶樹の裂傷発生機構に関する一考察. 茶業研究報告 = Tea research journal. 2017. 124. 1-7
  • 田中(小田) あゆみ, 福田 健二. 環境ストレスと樹林地管理 都市の環境と街路樹のストレス応答. 樹木医学研究. 2017. 21. 1. 44-47
  • 長田 晃佳, 福田 健二, 巨瀬 勝美, 寺田 康彦. 若手ポスター賞選考経緯報告 若手ポスター賞(3社合同賞) 0.2T永久磁石MRIを用いた屋外樹木中の水輸送計測. NMR : bulletin of the Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan. 2017. 8. 50-53
  • Kenji Fukuda. Retraction Note: Deriving the mean mass-density trajectory by reconciling the competition-density effect law with the self-thinning law in even-aged pure stands (J For Res, (2014), 19, (125-133), 10.1007/s10310-013-0393-2). Journal of Forest Research. 2016. 21. 5. 259
もっと見る
書籍 (19件):
  • マツの絵本
    農山漁村文化協会 2016 ISBN:4540151967
  • 樹木診断調査法 (KS自然科学書ピ-ス)
    講談社 2014 ISBN:406155235X
  • 図説 日本の樹木
    朝倉書店 2012 ISBN:4254171498
  • 自然環境学の創る世界 (シリーズ〈環境の世界〉)
    朝倉書店 2011 ISBN:4254185316
  • 市民の力で湧水自然を守る・柏市こんぶくろ池物語 (千葉学ブックレット 県土と県民の豊かな未来に向けて)
    千葉日報社 2011 ISBN:4904435230
もっと見る
講演・口頭発表等 (189件):
  • 日本で発見されたナミダタケモドキの新たな隠蔽種
    (日本森林学会大会発表データベース 2019)
  • 暗色雪腐病菌の苗畑と造林地における遺伝構造の比較
    (日本森林学会大会発表データベース 2019)
  • コンパクトMRIを用いた樹幹内水分布の非破壊的観察手法の多樹種への適用
    (日本森林学会大会発表データベース 2019)
  • 強度被陰環境におけるトドマツ茎頂分裂組織と形成層の成長抑制
    (日本森林学会大会発表データベース 2019)
  • カシ類の葉に内生するTubakiaceae spp.の多様性
    (日本森林学会大会発表データベース 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1988 東京大学 林学
  • - 1988 東京大学
  • - 1986 東京大学 林学
  • - 1986 東京大学
学位 (1件):
  • (BLANK) (The University of Tokyo)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 東京大学大学院農学生命科学研究科 森林科学専攻 教授
  • 1998 - 1999 Associate Prof., Grad. Sch. of Agric. & Life Sci., the Univ. of Tokyo
  • 1996 - 1998 Lecturer, Grad. Sch. of Agric. and Life Sci., The Univ. of Tokyo
  • 1988 - 1996 Research Associate, Fac. of Agric. The Univ. of Tokyo
委員歴 (8件):
  • 2011/04 - 現在 千葉県 文化財保護審議会委員
  • 2013/05 - 2017/05 日本森林学会 英文誌(Journal of Forest Research) 編集委員長
  • 2007/10 - 2015/09 樹木医学会 理事・会誌編集委員長
  • 2007/10 - 2011/09 樹木医学会 副会長
  • 2007/04 - 2011/03 (財)日本緑化センター 樹木医審査委員会委員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1999 - 日本林学会奨励賞
所属学会 (10件):
アメリカ植物病理学会 ,  植生学会 ,  森林立地学会 ,  日本生態学会 ,  日本菌学会 ,  樹木医学会 ,  日本植物学会 ,  日本植物病理学会 ,  日本森林学会 ,  根研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る