研究者
J-GLOBAL ID:200901052239840246   更新日: 2020年08月31日

平田 一人

ヒラタ カズト | Hirata Kazuto
所属機関・部署:
職名: 病院長
研究分野 (2件): 呼吸器内科学 ,  内科学一般
研究キーワード (2件): Respiratory disease ,  Internal Medicine
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 気管支喘息・COPDの病態と治療
  • 慢性肺疾患における運動能力に関する研究
  • 上気道と下気道の関連に関する研究
  • COPDの併存症に関する研究
  • Study of exercise performance in chronic lung disease
全件表示
論文 (43件):
  • Nahoko Shiratsuchi, Kazuhisa Asai, Hiroshi Kanazawa, Shigenori Kyoh, Yoshihiro Tochino, Toyoki Kodama, Kazuto Hirata. Measurement of soluble perforin, a marker of CD8 + T lymphocyte activation in epithelial lining fluid. Respiratory Medicine. 2011. 105. 12. 1885-1890
  • Tanaka H, Kimura T, Kudoh S, Mitsuoka S, Watanabe T, Suzumura T, Tachibana K, Noguchi M, Yano S, Hirata K. Reaction of plasma hepatocyte growth factor levels in non-small cell lung cancer patients treated with EGFR-TKIs. Int J Cancer. 2011. 129. 6. 1410-1416
  • Daiki Kobayashi, Yoshihiro Tochino, Hiroshi Kanazawa, Yukikazu Ichimaru, Shigenori Kyoh, Kazuhisa Asai, Kazuto Hirata. Comparison of alveolar nitric oxide concentrations using two different methods for assessing small airways obstruction in asthma. Respirology. 2011. 16. 5. 862-868
  • 渡辺徹也, 浅井一久. 気管支喘息に対するサルメテロール/フルチカゾンプロピオン酸エステル配合剤の長期使用成績 高齢者喘息を中心に. アレルギー・免疫. 2011. 18. 8. 1200-1206
  • Fujimoto H, Asai K, Watanabe T, Kanazawa H. Association of six-minute walk distance (6MWD) with resting pulmonary function in patients with chronic obstructive pulmonary disease (COPD). Osaka City Med J. 2011. 57. 1. 21-29
もっと見る
MISC (121件):
  • 金澤博. 医学と医療の最前線 気道リモデリングと血管リモデリングのクロストーク. 日本内科学会雑誌. 2011. 100. 11. 3361-3367
  • 炎症性疾患としてのCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と抗炎症治療の位置づけ. Progress in Medicine. 2011. 31. 8. 1943-1951
  • 症例から学ぶ 冬場に増悪や肺炎を繰り返す気管支喘息の一例. International Review of Asthma&COPD. 2011. 13. 2. 79-81
  • 平田一人, 浅井一久. 【COPDの薬物療法の新展開】 経済効率からみたCOPD治療薬の選択. THE LUNG-perspectives. 2011. 19. 2. 179-183
  • 【加齢による呼吸・循環機能の変化と患者管理】 生理的変化を知りケアに生かす 加齢による呼吸機能の変化と呼吸機能検査. 呼吸器&循環器ケア. 2010. 10. 1. 10-13
もっと見る
書籍 (31件):
  • 安定期の管理 4.薬物療法 2)気管支拡張薬:β2刺激薬・ステロイド薬と配合薬
    日本胸部臨床増刊 COPDの治療・管理update 2011
  • COPD
    EBM呼吸器疾患の治療 2010-2011 2011
  • 薬物治療・選択基準
    最新医学別冊新しい診断と治療のABC2喘息(改訂第2版) 2011
  • 気管支喘息治療薬
    治療薬UP-TO-DATE2011 2011
  • 気管支喘息治療薬
    治療薬UP-TO-DATE2011 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (5件):
  • アレルギー疾患のマネージメント 気管支喘息のマネージメント 高齢者喘息を中心として
    (第61回日本アレルギー学会秋季学術大会 2011)
  • NVA237
    (欧州呼吸器学会2011 2011)
  • 気管支喘息における呼気一酸化窒素濃度(FeNO)による末梢気道病変の評価
    (欧州呼吸器学会2011 2011)
  • 気管支喘息患者の誘発喀痰におけるHMGB1およびesRAGEの検討
    (米国胸部疾患学会 2011)
  • 気管支喘息の新たな治療戦略 喘息治療におけるICS/LABA配合剤の果たす役割
    (第51回日本呼吸器学術講演会 2011)
Works (11件):
  • The effect of anti-H<sub>1</sub> blocker in chronic couhg patients
    1994 -
  • The effect of high dose beclomethasone dipropionate inhalation (BDI) in steroid dependent asthmatics and unstable chronic asthmatics.
    1991 -
  • Exercise and methacholine induced breathlessness in stable asthmatic patients.
    1991 -
  • Peripheral lymphocyte subsets and bronchial responsiveness in asthmatics.
    1990 -
  • 気管支喘息患者による誘発喀痰の細胞及び成分についての検討
    1900 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1983 大阪市立大学 内科学1
  • - 1983 大阪市立大学 内科学1
  • - 1978 大阪市立大学 医学
  • - 1978 大阪市立大学
学位 (2件):
  • 医学博士
  • Doctor of Medicine
経歴 (5件):
  • 1983/10/01 - 現在 大阪市立大学 学長・副学長等 病院長
  • 2006/10 - 大阪市立大学 教授
  • 1999/01 - 大阪市立大学 助教授
  • 1996/04 - 大阪市立大学 講師
  • 1983/09 - 大阪市立大学 助手
委員歴 (100件):
  • 2015/06 - 現在 日本呼吸器内視鏡学会 近畿支部長
  • 2015/04 - 現在 日本呼吸器内視鏡学会 倫理委員長
  • 2015/04 - 現在 日本内科学会 学会誌編集会議委員理事
  • 2014/04 - 現在 日本呼吸器学会 近畿支部長
  • 2014 - 現在 日本結核病学会 評議員
全件表示
所属学会 (14件):
日本結核病学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  大阪府医師会医学会 ,  日本感染症学会 ,  American thoracic society ,  日本肺癌学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  Europian Respiratory Society ,  日本癌治療学会 ,  日本臨床生理学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本アレルギー学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る