研究者
J-GLOBAL ID:200901052342629472   更新日: 2021年11月05日

豊嶋 厚史

トヨシマ アツシ | Toyoshima Atsushi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://www.irs.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (3件): 放射線科学 ,  原子力工学 ,  無機・錯体化学
研究キーワード (5件): 放射化学 ,  核化学 ,  医療用RI製造 ,  廃炉研究 ,  超重元素
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2024 アルファ微粒子の実測に向けた単一微粒子質量分析法の高度化
  • 2019 - 2022 がん間質細胞をターゲットにした核医学治療の開発:新たながん治療戦略に向けて
  • 2019 - 2021 超安定、迅速反応性MRIおよびアルファ線核医学治療用キレート剤の開発
  • 2018 - 2021 新たな核医学治療に用いられる超微量元素アスタチンの新奇な分光分析法の開発
  • 2016 - 2021 超重原子ビーム法の開発と極限化学へのアプローチ
全件表示
論文 (110件):
  • Hiroki Kato, Xuhao Huang, Yuichiro Kadonaga, Daisuke Katayama, Kazuhiro Ooe, Atsushi Shimoyama, Kazuya Kabayama, Atsushi Toyoshima, Atsushi Shinohara, Jun Hatazawa, et al. Intratumoral administration of astatine-211-labeled gold nanoparticle for alpha therapy. Journal of Nanobiotechnology. 2021. 19. 1
  • Yoshifumi Shirakami, Tadashi Watabe, Honoka Obata, Kazuko Kaneda, Kazuhiro Ooe, Yuwei Liu, Takahiro Teramoto, Atsushi Toyoshima, Atsushi Shinohara, Eku Shimosegawa, et al. Synthesis of [211At]4-astato-L-phenylalanine by dihydroxyboryl-astatine substitution reaction in aqueous solution. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Yuwei Liu, Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Yoshifumi Shirakami, Sadahiro Naka, Kazuhiro Ooe, Atsushi Toyoshima, Kojiro Nagata, Uwe Haberkorn, Clemens Kratochwil, et al. Fibroblast activation protein targeted therapy using [177Lu]FAPI-46 compared with [225Ac]FAPI-46 in a pancreatic cancer model. European journal of nuclear medicine and molecular imaging. 2021
  • Tadashi Watabe, Kazuko Kaneda-Nakashima, Kazuhiro Ooe, Yuwei Liu, Kenta Kurimoto, Takashi Murai, Yuka Shidahara, Kenji Okuma, Masanori Takeuchi, Masayuki Nishide, et al. Extended single-dose toxicity study of [211At]NaAt in mice for the first-in-human clinical trial of targeted alpha therapy for differentiated thyroid cancer. Annals of nuclear medicine. 2021. 35. 6. 702-718
  • S. Yamamoto, T. Watabe, K. Kaneda-Nakashima, Y. Shirakami, K. Ooe, A. Toyoshima, T. Teramoto, A. Shinohara, J. Hatazawa. Development of GGAG alpha camera system for targeted alpha radionuclide therapy research. Journal of Instrumentation. 2021. 16. 06. P06009-P06009
もっと見る
MISC (45件):
もっと見る
特許 (2件):
  • 放射性核種製造システム、放射性核種製造プログラム、放射性核種製造方法、及び端末装置
  • アスタチンの製造方法
書籍 (2件):
  • 超重元素化学の最前線
    日本放射化学会 2019
  • 放射化学の事典
    朝倉書店 2015
学歴 (2件):
  • - 2004 大阪大学 化学専攻
  • - 1999 大阪大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (8件):
  • 2018/08 - 現在 大阪大学 放射線科学基盤機構 特任教授
  • 2017/04 - 2018/07 大阪大学 大学院理学研究科 特任准教授(常勤、クロスアポイントメント)
  • 2013/10 - 2018/07 日本原子力研究開発機構 副主任研究員
  • 2016/05 - 2017/03 大阪大学 大学院理学研究科 特任准教授(非常勤)
  • 2015/04 - 2017/03 茨城工業高等専門学校 非常勤講師
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017/10 - 現在 日本放射化学会 ジャーナル編集委員
  • 2014/04 - 2016/03 大阪大学核物理研究センター 研究計画検討委員会
受賞 (1件):
  • 2008 - 日本放射化学会学会賞・奨励賞
所属学会 (4件):
日本癌学会 ,  日本放射線安全管理学会 ,  日本化学会 ,  日本放射化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る