研究者
J-GLOBAL ID:200901052496485783   更新日: 2020年12月18日

富田 昌平

トミタ ショウヘイ | Tomita Shohei
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (6件): Child Development ,  保育学 ,  教育心理学 ,  発達心理学 ,  幼児心理学 ,  Developmental Psychology
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2024 幼児期における魔術的な心と科学的な心の共存による発達プロセスの解明
  • 2017 - 2020 幼児期における空想上の存在との出会い体験の意味
  • 2017 - 2018 幼児期における空想世界に対する認識の発達
論文 (51件):
  • 富田昌平, 小澤瑞希. 幼児はお化けをどのように認識しているのか?. 三重大学教育学部研究紀要(教育科学). 2020. 71. 315-325
  • 富田昌平, 田中伸明, 松本昭彦, 杉澤久美子, 河内純子, 辻 彰士, 湯田綾乃, 松尾美保奈, 松浦 忍, 松岡ちなみ. サンタクロースからの贈り物に見られる幼児の分配行動:行事に埋め込まれた数学的活動に着目して. 三重大学教育学部研究紀要(教育科学). 2020. 71. 493-502
  • 富田 昌平, 甲斐 優香, Tomita Shohei, Kai Yuka. 幼児の道徳行為の実践における空想上の存在の影響. 三重大学教育学部研究紀要 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学・教育実践 = Bulletin of the Faculty of Education, Mie University. Natural Science, Humanities, Social Science, Education, Educational Practice. 2019. 70. 70. 327-335
  • 富田 昌平, 近藤 彩乃, TOMITA Shohei, KONDO Ayano. 恐竜の卵は本物か? - 幼児における想像と現実との揺らぎ -. 三重大学教育学部研究紀要. 自然科学・人文科学・社会科学・教育科学・教育実践 = BULLETIN OF THE FACULTY OF EDUCATION MIE UNIVERSITY. Natural Science,Humanities,Social Science,Education,Educational Practice. 2018. 69. 69. 235-244
  • 富田 昌平. 保育における想像的探険遊びの展開::エルマー実践から30年の節目を超えて. 心理科学. 2018. 39. 2. 74-89
もっと見る
MISC (50件):
  • 富田昌平. ファンタジーと保育:想像的探険遊びのすすめ. ほいくあっぷ. 2020. 2-32
  • 富田 昌平. 遊び心って? 遊び心がもたらす豊かな生活 (特集 子どもと どう過ごす? おうち遊び入門). 母の友. 2019. 799. 25-29
  • 富田 昌平. 日常の中に潜む 不思議さ・面白さ (特集 日常の生活から気づき、わかる喜びへ). 季刊保育問題研究. 2019. 295. 18-29
  • 富田 昌平. 遊び心研究のすすめ (特集 遊びの力 : 新しい遊びへのまなざし). 発達. 2019. 40. 158. 75-82
  • 富田 昌平. 認識と表現 : 科学 (第56回全国保育問題研究集会 提案特集) -- (分科会案内). 季刊保育問題研究. 2017. 284. 30-32
もっと見る
書籍 (14件):
  • 新・育ちあう乳幼児心理学
    有斐閣 2019
  • 質的心理学辞典
    新曜社 2018
  • 幼児期における空想世界に対する認識の発達
    風間書房 2017
  • シリーズ心理学と仕事 5巻 発達心理学
    北大路書房 2017
  • 保育の心理学:保育の中で捉えるこころのすがたと育ち
    あいり出版 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (36件):
  • 魔術的思考の発達から伝統的発達観を問い直す
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 遊びと遊び心の違いと関連性
    (日本保育学会第73回大会 2020)
  • 保育の場で子どもの遊び心をはぐくむ
    (日本乳幼児教育学会第28回大会(岡山) 2018)
  • 子どもの遊びと学びの環境を考える:デジタルとアナログをどう繋いでいくか
    (日本発達心理学会東海地区シンポジウム(愛知) 2018)
  • 心理科学はこれからどこへ行きたいのかパート2:歩みと展望を語り合う
    (心理科学研究会2018年秋の研究集会(鳥取) 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2001 広島大学 幼年期総合科学専攻
  • - 1996 上越教育大学 幼児教育専攻
学位 (2件):
  • 修士(教育学) (広島大学)
  • 博士(学校教育学) (兵庫教育大学)
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 現在 三重大学 教育学部幼児教育講座 教授
  • 2013/04 - 現在 三重大学 教育学部幼児教育講座 准教授
  • 2010/04 - 2013/03 中国学園大学 子ども学部子ども学科 准教授
  • 2006/04 - 2010/03 中国学園大学 子ども学部子ども学科 専任講師
  • 2001/04 - 2006/03 山口芸術短期大学 保育学科 専任講師
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 心理科学研究会 遊び部会運営委員
  • 2017/02 - 現在 津市 津市教育委員会教育委員
  • 2007/04 - 現在 心理科学研究会 機関紙編集委員
  • 2016/02 - 2017/02 津市 子ども・子育て会議委員
  • 2013/04 - 2014/03 名張市教育委員会 途切れのない支援委員会委員長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2019/05 - 一般社団法人日本保育学会 第55回日本保育学会保育学文献賞 「幼児期における空想世界に対する認識の発達」
所属学会 (8件):
日本心理学会 ,  日本乳幼児教育学会 ,  心理科学研究会 ,  日本保育学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本家政学会 ,  日本家庭教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る