研究者
J-GLOBAL ID:200901052544619932   更新日: 2020年08月28日

林 祥介

ハヤシ ヨシユキ | HAYASHI Yoshi-yuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.gfd-dennou.org/member/shosukehttp://www.gfd-dennou.org/member/shosuke
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (3件): 地球惑星情報科学 ,  地球惑星大気科学 ,  地球流体力学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2009 - 水惑星国際比較実験にもとづく降水構造のモデル表現に関する研究
  • 2009 - 原始惑星系降着円盤の運動構造に関する地球流体力学的考察
  • 2007 - 木星型惑星大気の力学・物質・エネルギー輸送過程に関する理論的ならびに数値的研究
論文 (77件):
  • Hiroki Kashimura, Norihiko Sugimoto, Masahiro Takagi, Yoshihisa Matsuda, Wataru Ohfuchi, Takeshi Enomoto, Kensuke Nakajima, Masaki Ishiwatari, Takao M. Sato, George L. Hashimoto, et al. Planetary-scale streak structure reproduced in high-resolution simulations of the Venus atmosphere with a low-stability layer. Nature Communications. 2019. 10. 23
  • Kensuke Nakajima, Seiya Nishizawa, Masatsugu Odaka, Yoshiyuki O.Takahashi, Wataru Ohfuchi, Ko-ichiro Sugiyama, Masaki Ishiwatari, Shin-ichi Takehiro, Hisashi Yashiro, Yousuke Sato, et al. Numerical study on small scale vortices in Mars's lower atmosphere. Fundamental Aspects of Geophysical Turbulence III. 2018
  • Noda, Satoshi, Ishiwatari, Masaki, Nakajima, Kensuke, Takahashi, Yoshiyuki, Takehiro, Shinichi, Onishi, Masanori, Hashimoto, George, L, Kuramoto, et al. The circulation pattern and day-night heat transport in the atmosphere of a synchronously rotating aquaplanet: dependence on planetary rotation rate. Icarus. 2017
  • Yamashita, Tatsuya, Odaka, Masatsugu, Sugiyama, Ko-Ichiro, Nakajima, Kensuke, Ishiwatari, Masaki, Nishizawa, et al. A numerical study on convection of a condensing CO2 atmosphere under early Mars like conditions. Journal of the Atmospheric Sciences. 2016
  • Nishizawa, Seiya, Odaka, Masatsugu, Takahashi, Yoshiyuki, Sugiyama, Ko-Ichiro, Nakajima, Kensuke, Ishiwatari, Masaki, Takehiro, et al. Martian dust devil statistics from high-resolution large-eddy simulations. Geophysical Research Letters. 2016
もっと見る
MISC (148件):
  • 樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 松田 佳久, 大淵 済, 榎本 剛, 中島 健介, 石渡 正樹, 佐藤 隆雄, はしもと じょーじ, et al. 高解像度金星大気シミュレーションで再現された惑星規模のストリーク構造. 日本気象学会2017年度秋季大会. 2017
  • 高橋芳幸, 大西将徳, はしもと じょーじ, 倉本圭, 石渡正樹, 高橋康人, 林祥介. 惑星大気大循環モデルのための放射伝達モデルの構築. 日本気象学会大会講演予稿集. 2017. 112. 209
  • 大西将徳, はしもと じょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 高橋康人, 林祥介. Line-by-line放射計算による湿潤大気の2つの圏界面レジーム. 日本気象学会大会講演予稿集. 2016. 109. 81
  • 大西将徳, はしもと じょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 高橋康人, 林祥介. 湿潤大気に現れる対流圏界面高度の異なる二つの大気構造. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2016. 2016. ROMBUNNO.PPS11-17 (WEB ONLY)
  • 樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 大淵 済, 榎本 剛, 高橋 芳幸, 林 祥介. C315 簡易金星版AFES高解像度計算における運動エネルギーの波数間収支(「あかつき」金星大気探査カウントダウン,スペシャル・セッション). 大会講演予講集. 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (349件):
  • 非静力学全球大気モデルにおけるQBO的周期振動の時間刻み幅依存性
    (第21回非静力学モデルに関するワークショップ 2019)
  • 乾燥大気理想化実験におけるQBO的周期振動のモデル依存性(続報)
    (日本気象学会2019年度秋季大会 2019)
  • 非静力学全球火星大気循環モデルの開発と高解像度計算
    (第146回地球電磁気・地球惑星圏学会 総会および講演会 2019)
  • 非静力学全球火星大気循環モデルの開発と高解像度計算
    (日本惑星科学会2019年秋季講演会 2019)
  • 高解像度金星大気シミュレーションで再現された惑星規模筋状構造
    (日本流体力学会 年会2019 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1984 東京大学 大学院理学系研究科博士課程地球物理学専門課程退学
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 日本惑星科学会 会長
所属学会 (7件):
SGEPSS ,  応用数理学会 ,  日本シミュレーション学会 ,  日本海洋学会 ,  日本流体力学会 ,  日本気象学会 ,  日本惑星科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る