研究者
J-GLOBAL ID:200901052727865428   更新日: 2020年04月24日

一宮 正義

イチミヤ マサヨシ | Ichimiya Masayoshi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 半導体、光物性、原子物理
研究キーワード (3件): 励起子 ,  ナノ構造・物性 ,  光物性
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2012 - 2016 サーマルフリーフォトニクスを目指した極限共鳴光学応答の開拓
  • 2012 - 2015 有機薄膜中の閉じ込め励起子と光とのコヒーレント結合による超高速輻射緩和
  • 2012 - 2014 超高品質半導体薄膜中の光・励起子間長距離強結合がもたらす非線形光学応答の増強
  • 2011 - 2013 高品質微小結晶における光・励起分極波動間強結合がもたらす可能性の探求
  • 2011 - 2012 ナノからバルクへのクロスオーバー領域における光・励起分極波間長距離相互作用の研究
全件表示
論文 (61件):
  • T. Matsuda, M. Ichimiya, M. Ashida, H. Ishihara. Ultrafast thermal-free photoluminescence of coherently extended single quantum states. Scientific Reports. 2019. 9. 8453(1)-8453(8)
  • M. Ichimiya, T. Matsuda, H. Ishihara, M. Ashida. Ultrafast Photoluminescence without Phonon Scattering Due to Nonlocal Light-Matter Interaction. 2019
  • T. Kinoshita, T. Matsuda, T. Takahashi, M. Ichimiya, M. Ashida, Y. Furukawa, M. Nakayama, H. Ishihara. Synergetic Enhancement of Light-Matter Interaction by Nonlocality and Band Degeneracy in ZnO Thin Films. Physical Review Letters. 2019. 122. 15. 157401(1)-157401(5)
  • Masayoshi Ichimiya, Takuya Matsuda, Takashi Kinoshita, Masaaki Nakayama, Hajime Ishihara, Masaaki Ashida. Femtosecond radiative decay of two excitons coupled via radiation-induced interaction in ZnO thin films. 2019
  • Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Takuya Matsuda, Takashi Kinoshita, Takuya Takahashi, Masaaki Nakayama, Hajime Ishihara, Hajime Ishihara, Masaaki Ashida. Ultrafast optical response due to nonlocal interaction between light and excitons in ZnO thin films. 2018 Conference on Lasers and Electro-Optics, CLEO 2018 - Proceedings. 2018
もっと見る
MISC (75件):
  • 松田拓也, 一宮正義, 芦田昌明, 石原一. 高品質薄膜の室温発光スペクトルにおける励起子コヒーレンスの顕現. 2018
  • 高橋拓也, 松田拓也, 木下岳, 一宮正義, 石原一, 中山正昭, 芦田昌明. ZnO薄膜における多成分励起子混成効果の過渡回折格子分光法による観測. 2018
  • 高橋 拓也, 松田 拓也, 一宮 正義, 石原 一, 中山 正昭, 芦田 昌明. ZnO薄膜における光と励起子の空間的インタープレイによる超高速非線形光学応答の観測. 2018
  • 高橋拓也, 松田拓也, 木下 岳, 一宮正義, 石原 一, 中山正昭, 芦田昌明. ZnO薄膜における光を介した多成分励起子の混成効果による輻射緩和率増大の観測. 2017
  • 松田拓A, 一宮正義, 芦田昌明, 石原 一. 高品質半導体薄膜の室温発光スペクトルに表出する励起子コヒーレンスの実証. 2017
もっと見る
書籍 (20件):
  • 高品質CuClの薄膜における光カー効果による超高速応答の観測
    第24回光物性研究会論文集 2013
  • CuCl薄膜における斜入射条件下での励起子輻射緩和の高速化
    第23回光物性研究会論文集 2012
  • 赤外レーザー光照射で形成されたシステインからなる鎖状分子の発光
    第23回光物性研究会論文集 2012
  • アミノ酸における赤外レーザー光に誘起された鎖状分子の形成
    第22回光物性研究会論文集 2011
  • システインとKDPにおける赤外レーザー光に誘起された鎖状分子の形成
    第21回光物性研究会論文集 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (125件):
  • 量子閉じ込め励起子の波動共鳴による超高速光カー応答
    (第74回応用物理学会秋季学術講演会 2013)
  • Optical Kerr Effect of Confined Excitons Coherently Coupled with Radiation Wave
    (10th Conference on Laser and Electro-Optics Pacific Rim, and 18th OptoElectronics and Communications Conference / Photonics in Switching 2013 (CLEO-PR & OECC/PS 2013) 2013)
  • 高品質CuCl薄膜における超高速光カー応答
    (ナノ学会第11回大会 2013)
  • CuCl薄膜における弱閉じ込め励起子の光カー効果
    (日本物理学会第68回年次大会 2013)
  • 赤外レーザーを照射したアミノ酸の時間分解発光スペクトル
    (日本物理学会第68回年次大会 2013)
もっと見る
Works (1件):
  • III-V族半導体GaNとその混晶における基礎光学特性
    2000 - 2004
学歴 (2件):
  • 1997 - 2004 京都大学 大学院人間・環境学研究科 環境相関研究専攻
  • 1993 - 1997 京都大学 総合人間学部 基礎科学科
学位 (1件):
  • 京都大学博士(人間・環境学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2014/04 - 現在 滋賀県立大学 准教授
  • 2011/04 - 2014/03 大阪歯科大学物理学教室 講師
  • 2009/04 - 2011/03 大阪歯科大学物理学教室 助教
  • 2008/05 - 2009/03 大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構 特任助教
  • 2008/04 - 2008/04 大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構 特任研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2011/03 - 第5回日本物理学会若手奨励賞
  • 2010/07 - physica status solidi Young Researcher Award at EXCON'10
  • 2010/05 - ナノ学会第8回大会若手優秀発表賞
所属学会 (3件):
日本物理学会 ,  応用物理学会 ,  ナノ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る