研究者
J-GLOBAL ID:200901052800159570   更新日: 2020年11月07日

梶原 毅

カジワラ ツヨシ | Kajiwara Tsuyoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.ems.okayama-u.ac.jp/ems_2/kajiwara/homeJapan.htmlhttp://www.ems.okayama-u.ac.jp/ems_2/kajiwara/homeJapan.html
研究分野 (3件): 応用数学、統計数学 ,  数学基礎 ,  基礎解析学
研究キーワード (6件): 生物数学 ,  応用解析学 ,  関数解析学 ,  Biomathematics ,  Applied Analysis ,  Functional Analysis
論文 (40件):
MISC (16件):
  • Lyapunovの方法: レビュー. 数理解析研究所講究録. 2013. 1853. 67-83
  • 梶原 毅, 佐々木徹. 細胞性免疫モデルの安定性 (共著). 数理解析研究所講究録. 2010. 1704. 47-52
  • 梶原 毅, 佐々木徹. 免疫系における競争のモデル (共著). 数理解析研究所講究録. 2009. 1663. 84-89
  • 井上徹, 梶原毅, 佐々木徹. 複数ウイルス株に対する体液性免疫モデル(共著). 数理解析研究所講究録. 2009. 1663. 194-199
  • 久保悠, 梶原毅, 佐々木徹. 日本酒醸造の微生物数理モデル(共著). 数理解析研究所講究録. 2009. 1663. 30-34
もっと見る
書籍 (6件):
  • 現代数理科学事典
    丸善株式会社 2009
  • 数理科学の方法
    放送大学教育振興会 2009
  • 数の数理生物学
    共立出版 2008
  • 感染症の数理モデル
    培風館 2008
  • 応用科学のための数学の基礎
    共立出版 1993
もっと見る
講演・口頭発表等 (77件):
  • Branched points and operator algebras
    (Functional analysis and operator algebra seminar between Japan and Indonesia 2019)
  • 分岐点を持つ自己相似写像に付随するC*環の次元群
    (日本数学会秋季総合分科会 2019)
  • シェルピンスキギャスケットに付随するC*-環の次元群
    (日本数学会年 2019)
  • 分岐点を通して見る作用素環
    (作用素環研究会 2019)
  • Mathematical methods in age-structured immune models
    (6th International Conference on Mathematical Biology 2018)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1984 大阪大学 博士課程
  • - 1984 大阪大学
  • - 1979 京都大学
  • - 1979 京都大学
学位 (2件):
  • 工学博士 (大阪大学)
  • 工学修士 (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2013/04 - 2021/03 岡山大学環境生命科学研究科 教授
  • 2005/04 - 2013/03 岡山大学環境学研究科 教授
委員歴 (5件):
  • 2017 - 2023 学術会議 連携会員(2017-2026)
  • 2013/04 - 2021/03 日本応用数理学会 代表会員
  • 2012 - 2014 日本数学会 評議員
  • 2005/01 - 2006/12 日本数理生物学会 幹事長
  • 2004/03 - 2006/02 日本数学会 関数解析分科会委員
所属学会 (3件):
日本数理生物学会 ,  日本数学会 ,  日本応用数理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る