研究者
J-GLOBAL ID:200901052857187537   更新日: 2021年03月24日

北原 弘基

キタハラ ヒロモト | Kitahara Hiromoto
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.msre.kumamoto-u.ac.jp/~bussei/
研究分野 (1件): 金属材料物性
研究キーワード (2件): 材料物性 ,  Physical Properties of Materials
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 すべりおよび双晶変形による亜鉛のECAP中における組織形成機構の解明
  • 2015 - 2019 圧子圧入試験によるhcp単結晶の局所変形機構の解明
  • 2014 - 2018 純粋せん断法によるMg及びTi単結晶の活動すべり系・双晶系の探索
  • 2013 - 2015 単結晶を用いたECAPに伴うHCP金属の変形挙動の解明
  • 2012 - 2014 産業ロボット用軽量超耐屈曲ケーブルの実用化研究
全件表示
論文 (97件):
  • Tomohiro Hanada, Masayuki Tsushida, Hiromoto Kitahara, Shinji Ando. Tensile Deformation Behavior of Magnesium Single Crystals with Different Yttrium Concentrations. Materials Science Forum. 2021. 1016. 516-621
  • Haruka Miyano, Keisuke Takemoto, Hiromoto Kitahara, Shinji Ando. Activities of Non-Basal Slips in Rolled Mg-Li and Mg-Ce Alloys Sheets. Materials Science Forum. 2021. 1016. 917-921
  • 岡健太, 福森亮太, 津志田雅之, 北原弘基, 安藤新二. マグネシウム単結晶の曲げ変形挙動に対するイットリウム添加の影響. 日本金属学会誌. 2020. 84. 344-351
  • 宮野遙, 竹本圭佑, 北原弘基, 安藤新二. Mg-Li 合金圧延材における非底面すベりの活動性. 軽金属. 2020. 70. 117-121
  • Keisuke Takemoto, Hiroaki Rikihisa, Masayuki Tsushida, Hiromoto Kitahara, Shinji Ando. Effects of Yttrium Addition on Plastic Deformation of Rolled Magnesium. Materials Transactions. 2020. 6. 5. 935-940
もっと見る
MISC (195件):
特許 (8件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • Fe-28.5at%Ni合金のレンズマルテンサイトのEBSP法による結晶学的解析 (材料開発のための顕微鏡法と応用写真集 138頁)
    (社)日本金属学会 2006
  • Al2O3添加SiCの微構造と破壊挙動の関係 (Annual Reports. HVEM LAB., Kyushu Univ. 27巻)
    九州大学 2003
  • (Annual Reports. HVEM LAB., Kyushu Univ. Vol.27 )
    Kyusyu University 2003
講演・口頭発表等 (331件):
  • ARBを施した純亜鉛の組織と力学特性
    (日本金属学会2020年(第166回)春期講演大会 2020)
  • Mg 圧延材の曲げ変形における結晶粒径およびイットリウム添加の影響
    (日本金属学会2020年(第166回)春期講演大会 2020)
  • マグネシウム単結晶の引張および圧縮における双晶変形
    (日本金属学会2020年(第166回)春期講演大会 2020)
  • 純マグネシウム単結晶の一軸疲労試験における疲労破壊機構の結晶方位依存性
    (材料学会九州支部第6回学術講演会 2019)
  • Mg-Y合金単結晶の非底面すべりに対するイットリウム濃度の影響
    (材料学会九州支部第6回学術講演会 2019)
もっと見る
Works (6件):
  • 産業ロボット用軽量超耐屈曲ケーブルの実用化研究
    2012 - 2014
  • ナノ組織制御による超耐屈曲導体の開発
    2011 - 2012
  • ARBを施したTiの疲労き裂開口変位量の測定
    2010 - 2011
  • 超微細粒Alの特異な疲労組織
    2009 - 2011
  • 巨大ひずみ加工により作製した超微細粒材料の疲労破壊メカニズムの解明
    2007 - 2008
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2003 九州大学 物質理工学専攻
  • - 2003 九州大学
  • - 1998 山口大学 機能材料工学科
  • - 1998 山口大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (九州大学)
経歴 (14件):
  • 2020/04 - 現在 熊本大学 産業ナノマテリアル研究所
  • 2012/12 - 現在 熊本大学先進マグネシウム国際研究センター 協力研究員(兼務)
  • 2013/04 - 2020/03 熊本大学パルスパワー科学研究所極限物性科学部門 助教
  • 2017/01 - 2017/03 McMaster University Department of Materials Science & Engineering Visiting Scholar
  • 2015/03 - 2016/03 McMaster University Department of Materials Science & Engineering Visiting Scholar
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2005 - 2009 The Japan Institute of metals Committee Member
  • 2007 - The Japan Institute of metals Committee Member
受賞 (25件):
  • 2020/11 - Steering committee of ICM7 Excellent Poster Orientation Orientation dependence in fatigue behavior of magnesium-cerium alloy single crystals
  • 2020/11 - 一般社団法人 軽金属学会 優秀ポスター発表賞 マグネシウム圧延材の塑性変形に対する添加元素および圧延集合組織の影響
  • 2020/09 - 日本金属学会 日本金属学会 優秀ポスター賞 マグネシウムの{1122}<1123>すべりに対するセリウム添加の影響
  • 2020/03 - 日本金属学会,日本鉄鋼協会 日本金属学会・日本鉄鋼協会奨学賞
  • 2020/01 - 軽金属学会 軽金属希望の星賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本材料学会 ,  日本機械学会 ,  軽金属学会 ,  (社)日本金属学会 ,  The Japan Institute of Light Metals ,  The Japan Institute of metals
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る