研究者
J-GLOBAL ID:200901052977629614   更新日: 2020年05月17日

迫村 勝

Sakomura Masaru
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://www.bsk.ynu.ac.jp/~nakayama_uedalab/
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (4件): 光電子移動 ,  有機超薄膜 ,  分子素子 ,  人工光合成
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 光合成反応中心モデル分子の分子内電子移動
  • 光機能性有機超薄膜に関する研究
  • 有機薄膜型太陽電池の開発
  • 分子・DNAレベルの素子
論文 (14件):
  • Byambasuren Delgertsetseg, Namsrai Javkhlantugs, Erdenebileg Enkhtur, Yuya Yokokura, Takayuki Ooba, Kazuyoshi Ueda, Chimed Ganzorig, Masaru Sakomura. Detailed investigation of dependencies of photovoltaic performances of P3HT:PC61BM based solar cells on anodic work function modified by surface treatment of indium-tin-oxide electrode with benzenesulfonyl chloride derivatives. Organic Electronics. 2015. 23. 164-170
  • Byambasuren Delgertsetseg, Khayankhyarvaa Sarangerel, Namsrai Javkhlantugs, Masaru Sakomura, Kazuyoshi Ueda, Chimed Ganzorig. Improved performances of ITO electrodes treated by molecular-self assembly. Rev.Téc.Ing.Univ.Zulia. 2014. 37. 3. 35-40
  • K. Sarangerel, B. Delgertsetseg, N. Javkhalantugs, M. Sakomura, C. Ganzorig. Improvement of open-circuit voltage in organic photovoltaic cells with chemically modified indium-tin oxide. World Journal of Nano Science and Engineering. 2013. 3. 113-120
  • T. Khishigjargal, N. Javkhlantugs, C. Ganzorig, Y. Kurihara, M. Sakomura, K. Ueda. Density functional study of the cluster model of SnO2(110) surface modified by benzoic acids. World Journal of Nano Science and Engineering. 2013. 3. 52-56
  • M. Sakomura, M. Matsushiro, M. Sawayama, S. Miura, B. Delgertsetseg, C. Ganzorig, K. Ueda. Effect of bathocuproine electron-transport layer in small-molecule solar cells with laminated top electrode. Chemistry Letters. 2013. 42. 1179-1181
もっと見る
MISC (3件):
  • B. Delgertsetseg, K. Sarangerel, A. Delgerjargal, N. Javkhlantugs, C. Ganzorig, K. Ueda, M. Sakomura. Enhanced performance in organic photovoltaic cells with chemically modified indium-tin oxide anode electrode. 8th International Forum on Strategic Technology. 2013
  • 藤平正道, 迫村 勝. 有機薄膜太陽電池の高効率化. 学術月報. 2005. 58. 7. 542-546
  • 藤平正道教授. 図解バイオ活用技術のすべて. 工業調査会. 2004. 206-211,226-230
書籍 (1件):
  • Encyclopedia of Electrochemistry
    Wiley-VCH: Weinheim 2007
講演・口頭発表等 (11件):
  • ラミネート型有機薄膜太陽電池におけるカソードAg電極の仕事関数制御
    (第5回CSJ化学フェスタ2015 <ラミネート型有機薄膜太陽電池におけるカソードAg電極の仕事関数制御> 2015)
  • 湿式プロセスを用いたペロブスカイト層の形成と太陽電池デバイスへの応用
    (第5回CSJ化学フェスタ2015 <湿式プロセスを用いたペロブスカイト層の形成と太陽電池デバイスへの応用> 2015)
  • バルクヘテロ型有機薄膜太陽電池のアノード電極表面への自己組織化単分子膜処理による高効率化及び修正仕事関数のデバイス性能への依存性
    (第5回CSJ化学フェスタ2015 <バルクヘテロ型有機薄膜太陽電池のアノード電極表面への自己組織化単分子膜処理による高効率化及び修正仕事関数のデバイス性能への依存性> 2015)
  • クロロアルミニウムフタロシアニンをp層に用いた有機薄膜太陽電池のアノード電極仕事関数の制御及びデバイス作製
    (第5回CSJ化学フェスタ2015 <クロロアルミニウムフタロシアニンをp層に用いた有機薄膜太陽電池のアノード電極仕事関数の制御及びデバイス作製> 2015)
  • ラミネート型太陽電池におけるカソード電極の自己組織化膜修飾
    (第4回CSJ化学フェスタ2014 <ラミネート型太陽電池におけるカソード電極の自己組織化膜修飾> 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 東京工業大学 総合理工学研究科 電子化学
  • - 1988 東京工業大学 工学部 化学工学
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
経歴 (1件):
  • 1991/01 - 現在 横浜国立大学大学院工学研究院助手
委員歴 (1件):
  • 2019/04 - 2021/03 日本化学会関東支部 代表正会員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る