研究者
J-GLOBAL ID:200901053029062042   更新日: 2020年08月31日

村上 存

ムラカミ タモツ | Murakami Tamotsu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.design.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (2件): 機械要素、トライボロジー ,  設計工学
研究キーワード (2件): ヒューマンウェア工学 ,  設計工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2019 電動二輪車特有の「良さ」の明示的評価指標を用いた製品開発手法の構築
  • 2017 - 2018 電動二輪における乗車感の定量化
  • 2016 - 2018 製品のユーザ体験および機能のΔDesign Mapを用いたデザイン発想支援
  • ヒューマンウェアのための立体造形技術
  • 内部動画解析法を用いたユーザビリティ設計技術
全件表示
論文 (284件):
  • 松元佑樹, 村上存. 人間とコンピュータの連携によるデザイン発想創出のための既存革新デザインの回顧的発想解析の試み. Designシンポジウム2019講演論文集. 2019
  • 久禮達也, 村上存. 動機付けの制御によりプレイヤーを満足した終了行動に誘導するゲームデザイン方法論. Designシンポジウム2019講演論文集. 2019
  • 吉見勇人, 村上存. 構造,機能,ユーザ体験のデザイン差分マップによるデザイン発想創出. Designシンポジウム2019講演論文集. 2019
  • 吉見勇人, 村上存. 構造,機能,ユーザ体験のデザイン差分マップによるデザイン発想創出(デザイン分野をまたいだ応用発想の創出). 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会講演論文集. 2019. 1-9
  • 松元佑樹, 村上存. 人間とコンピュータの連携によるデザイン発想創出のための既存革新デザインの回顧的発想解析の試み. 日本機械学会第29回設計工学・システム部門講演会講演論文集. 2019. 1-8
もっと見る
MISC (6件):
  • 村上 存. 構造・機能・ユーザ体験のデザイン差分マップを用いた発想創出. 日本設計工学会誌. 2020. 55. 1. 25-31
  • 柳澤秀吉, 村上存. 感性やユーザー行動に基づく設計. 日本機械学会誌. 2018. 121. 1195. 18-21
  • 村上 存. 工学とデザインの連携教育の試み. 日本設計工学会誌. 2018. 53. 5. 371-376
  • 村上 存. 東大にデザインイノベーション社会連携講座発足. 日経デザイン. 2008. 254. 22-22
  • 村上 存. 最先端技術とデザインの融合. 日経デザイン. 2007. 245. 104-104
もっと見る
書籍 (3件):
  • 機械設計工学
    コロナ社 2020
  • デザイン科学事典
    丸善出版 2019 ISBN:9784621303771
  • 新編JIS機械製図第5版
    森北出版 2014
講演・口頭発表等 (9件):
  • 構造・機能・ユーザ体験の言語表現モデルを用いたデザインの発想創出
    (日本学術会議 第9回計算力学シンポジウム 2019)
  • デザイン科学を基盤に据えたタイムアクシスデザイン(知識マネジメント:データ駆動からモデル駆動へ)
    (Designシンポジウム2019 2019)
  • デザインと時間軸
    (デザイン塾 2019)
  • 設計/デザインの上流段階での革新的発想の創出支援技術
    (産業技術総合研究所 構想設計コンソーシアム 2019)
  • 二つのHumanwareのためのDesign Science
    (デザイン塾 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1986 - 1989 東京大学 大学院工学系研究科 産業機械工学専攻 博士課程
  • 1984 - 1986 東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻 修士課程
  • 1982 - 1984 東京大学 工学部 機械工学科
  • 1980 - 1982 東京大学 教養学部
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2009/04 - 現在 東京大学 教授
  • 2006/12 - 2009/03 東京大学 教授
  • 1995/04 - 2006/11 東京大学 助教授
  • 1993/04 - 1995/03 東京大学 助教授
  • 1990/10 - 1993/03 東京大学 講師
全件表示
受賞 (24件):
  • 2020/05 - 日本設計工学会 優秀発表賞 設計の上流から下流段階まで統一的に適用可能なユーザビリティ評価・問題検出技術の研究
  • 2019/09 - 日本設計工学会 優秀発表賞 デザイン差分マップによる発想支援のための機能・構造・ユーザ体験の類似度評価
  • 2018/10 - 横断型基幹科学技術研究団体連合 第9回横幹連合コンファレンス ベストポスター賞 価値創出の発想支援のための機能・挙動・構造・ユーザ体験のデザイン差分マップ
  • 2018/09 - 日本設計工学会 学生優秀発表賞 電動バイクの走りの「気持ちよさ」の要因分析と向上可能性に関する研究
  • 2018/09 - 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞 電動バイクの走りの「気持ちよさ」の要因分析と向上可能性に関する研究
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る