研究者
J-GLOBAL ID:200901053087865465   更新日: 2020年09月01日

佐々木 良一

Sasaki Ryoichi
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2014 - 2017 標的型メール攻撃に対する知的ネットワークフォレンジック技術の開発
  • 2011 - 2013 ITリスク対策に関する社会的合意形成を支援する多重リスクコミュニケーションの研究
  • 2008 - 2010 内部統制強化時代におけるデジタルフォレンジックス技術の研究
  • 2007 - 2009 「各種セキュリティ要素技術を統合するトータルセキュリティアーキテクチャ設計法の確立による安全な情報社会の実現」
  • 2007 - 2008 ナイーブなユーザーのための安全・安心情報生活空間の研究
全件表示
論文 (148件):
  • Ryohei Koizumi, Ryoichi Sasaki. Study on Countermeasures Using Mitigation Software against Vulnerability Attacks. Proceedings - 4th International Conference on Cyber Security, Cyber Warfare, and Digital Forensics, CyberSec 2015. 2016. 28-33
  • Makoto Sato, Akihiko Sugimoto, Naoki Hayashi, Yoshiaki Isobe, Ryoichi Sasaki. Proposal of a Method for Identifying the Infection Route for Targeted Attacks Based on Malware Behavior in a Network. Proceedings - 4th International Conference on Cyber Security, Cyber Warfare, and Digital Forensics, CyberSec 2015. 2016. 40-45
  • Takumi Akiyama, Kazuya Otani, Yoshio Kakizaki, Ryoichi Sasaki. Evaluation of a Risk-Based Management Method for Online Accounts. Proceedings - 4th International Conference on Cyber Security, Cyber Warfare, and Digital Forensics, CyberSec 2015. 2016. 52-57
  • Kazuki Hashimoto, Hiroyuki Hiruma, Takashi Matsumoto, Kosetus Kayama, Yoshio Kaikizaki, Hiroshi Yamaki, Tetsutaro Uehara, Ryoichi Sasaki. Development of Intellectual Network Forensic System LIFT against Targeted Attacks. Proceedings - 4th International Conference on Cyber Security, Cyber Warfare, and Digital Forensics, CyberSec 2015. 2016. 16-21
  • Naoto Nakagawa, Yoshimi Teshigawara, Ryoichi Sasaki. Development of a Detection and Responding System for Malware Communications by Using OpenFlow and Its Evaluation. Proceedings - 4th International Conference on Cyber Security, Cyber Warfare, and Digital Forensics, CyberSec 2015. 2016. 46-51
もっと見る
特許 (10件):
  • ログ取得装置及びログ取得プログラム
  • パケット転送装置、パケット転送システム及びパケット転送方法
  • 合意形成支援装置、合意形成支援プログラムおよび合意形成支援方法
  • 電子証拠データ開示方法およびシステム
  • プログラムの不正起動防止システム及び方法
もっと見る
書籍 (19件):
  • 改訂版 デジタル・フォレンジック事典
    日科技連出版 2014
  • ネットワークセキュリティ
    オーム社 2014
  • ITリスク学 - 情報セキュリティを超えて
    共立出版 2013
  • 情報セキュリティの基礎ー未来へつなぐデジタルシリーズ2
    共立出版 2011
  • Advances in Information and Computer Security 5th International Workshop on Security, IWSEC 2010, Kobe, Japan, November 22-24, 2010. Proceedings
    Springer 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • ITリスク学研究の現状と今後の展開
    (CSEC/ITリスク学研究会合同研究会 2012)
Works (352件):
  • いま自治体が取り組むべきセキュリティ対策を示す
    2016 -
  • IoTの光と影-つながる時代のITリスクマネジメント
    2016 -
  • 日本セキュリティマネジメント学会「デジタル遺品」学術講演会
    2015 -
  • マイナンバーで新たなリスク情報セキュリティ対策急務
    2015 -
  • 標的型攻撃に対する知的ネットワークフォレンジックスシステムLIFTの開発(その2)-プロトプログラムの開発と評価-
    橋本一紀比留間裕幸上原哲太郎佳山こうせつ松本隆柿崎淑郎八槇博史 2015 -
もっと見る
委員歴 (48件):
  • 2016/01 - 現在 総務省・経済産業省 IoTセキュリティワーキンググループ座長
  • 2015/07 - 現在 総務省 自治体情報セキュリティ対策検討チーム 座長
  • 2015/04 - 現在 品川区 情報公開等審議委員会委員
  • 2015/01 - 現在 内閣官房サイバーセキュリティセンタ サイバーセキュリティ補佐官
  • 2014/04 - 現在 地方公共情報システム機構 理事
全件表示
受賞 (22件):
  • 2015/04 - 政府 「総理大臣と桜を見る会」招待
  • 2014/09 - IWIN(International Workshop on Informatics) 2014 IWIN(International Workshop on Informatics) 2014 Proposal for Knowledge Model using RDF-based Service Control for Balancing Security and Privacy in Ubiquitous Sensor Networks
  • 2014/08 - IEEE IEEEライフメンバー IEEEへの永年にわたる貢献
  • 2014/05 - 情報処理学会 情報処理学会学会活動貢献賞 情報処理学会活動への貢献
  • 2013/07 - IFIP IFIP Outstanding Service Award IFIPの活動への貢献
全件表示
所属学会 (6件):
情報ネットワーク法学会 ,  日本セキュリティマネジメント学会 ,  デジタルフォレンジックス研究会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  IFIP
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る