研究者
J-GLOBAL ID:200901053104910020   更新日: 2020年12月03日

虹林 慶

ニジバヤシ ケイ | Nijibayashi Kei
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): ヨーロッパ文学
研究キーワード (15件): アルフレッド・テニソン ,  ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ ,  ロバート・ブラウニング ,  アルジャーノン・チャールズ・スウィンバーン ,  ジョン・キーツ ,  パーシー・ビッシュ・シェリー ,  ジョージ・ゴードン・バイロン ,  ロマンス ,  ウォルター・ペイター ,  ウィリアム・モリス ,  ジョン・ラスキン ,  絵画論 ,  建築芸術論 ,  romance ,  aestheticism
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2010 - 2015 19世紀イギリス文学における詩人像の変遷とキャリア形成
  • 2005 - 2007 ヴィクトリア朝散文家におけるロマン派詩論の継承と発展
論文 (30件):
  • 虹林 慶. A Deviation from Romantic Self: The Body, the World and the Social in Tennyson’s In Memoriam and Maud. English Studies. 2019. 100. 7. 805-822
  • 虹林 慶. “Recreating Romantic Style: Ambivalence towards Wordsworth’s Poetics in John Ruskin’s Modern Painters”. The Journal of Pre-Raphaelite Studies. 2018. 27. 58-68
  • 虹林 慶. “The Rhetoric and Representation of the Child and Childhood in Alfred Tennyson’s The Princess”. 熊本県立大学 文学部紀要. 2018. 24. 77. 101-118
  • 虹林 慶. “The Sense of Suspension as Ironic Pleasure: Aestheticism and the Critique of Romanticism in the Poetry of Dante Gabriel Rossetti. 『九州地区国立大学教育系・文系研究論文集』. 2017. 4. 1-2. 1-25
  • 虹林 慶. “Creating One’s Own Inner Sun: Existential Poetics in Swinburne's Seascape Poems”. 九州英文学研究(Kyushu Studies in English Literature). 2016. 30. 249-257
もっと見る
MISC (3件):
  • 虹林 慶. 「ウィリアム・モリスの詩的発展についての一考察 The Defence of Guenevere から The Earthly Paradise へ」. 日本英文学会 第91回大会(2019年度)Proceedings. 2019
  • 虹林 慶. 「ラスキンの『ヴェニスの石』とバイロン」. 2011. 58. 1-2
  • 虹林 慶. 「ラスキンとルソー」. 『ラスキン文庫だより』. 2008. 54. 1-2
書籍 (2件):
  • 『英文学と道徳』
    九州大学出版 2005
  • Poetic Development and the Romantic Self in Exile in Byron and Shelle
    The Edwin Mellen Press 2004
講演・口頭発表等 (8件):
  • 「ウィリアム・モリスの詩的発展についての一考察-The Defence of GuenevereからThe Earthly Paradiseへ」
    (日本英文学会 第91回全国大会 シンポジウム 2019)
  • 「ラスキンの『近代画家論』におけるワーズワース詩論を巡って」
    (テキスト研究学会 シンポジウム 第15回大会 2015)
  • 「スウィンバーンの後期作品を読む-海辺と境界」
    (日本英文学会九州支部 第67回支部大会(招待発表) 2014)
  • 「『ミドルマーチ』におけるドロシアの美意識と社会思想」
    (日本英文学会九州支部第62回大会 2009)
  • バイロン的ラスキン
    (日本バイロン協会 2005)
もっと見る
Works (3件):
  • 19世紀イギリス文学における詩人像の変遷とキャリア形成
    2010 - 2015
  • The Images and Careers of Poets in the Nineteenth-century English Literature
    2010 - 2015
  • ヴィクトリア朝散文家におけるロマン派詩論の継承と発展
    2005 - 2008
学歴 (5件):
  • 1993 - 1997 九州大学 英語学・英文学博士後期課程
  • - 1997 九州大学
  • - 1994 ヨーク大学 ロマン派文学
  • 1990 - 1993 九州大学大学院文学研究科 英語学・英文学専攻修士課程
  • - 1993 University of York Romantic Literature
学位 (1件):
  • 博士(文学) (九州大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 現在 熊本県立大学 文学部 教授
  • 2013 - 2017 九州工業大学大学院工学研究院人間科学系 教授
  • 2008 - 2013 九州工業大学大学院工学研究院人間科学系 准教授
  • 2008 - 2013 Associate Professor,Department of Human Sciences,Faculty of Engineering,Kyushu Institute of Technology
  • 2013 - Professor,Department of Human Sciences,Faculty of Engineering,Kyushu Institute of Technology
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2017 - 現在 日本英文学会九州支部 理事
  • 2016 - 現在 日本英文学会九州支部 編集委員
受賞 (1件):
  • 日本英文学会九州支部 優秀論文賞 “Creating One’s Own Inner Sun: Existential Poetics in Swinburne's Seascape Poems”
所属学会 (4件):
日本バイロン協会 ,  British Association of Victorian Studies ,  日本英文学会九州支部 ,  日本英文学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る