研究者
J-GLOBAL ID:200901053118379041   更新日: 2021年11月26日

吉田 康伸

ヨシダ ヤスノブ | Yoshida Yasunobu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (3件): ゲーム分析 ,  バレーボールコーチング ,  スポーツ方法学(コーチ学)
論文 (18件):
  • 吉田康伸、濱口純一、山田快. 男子バレーボールおける攻撃パターンについての研究. 法政大学スポーツ研究センター紀要. 2018. 36. 93-99
  • 吉田康伸、濱口純一、山田快. 女子バレーボールにおける攻撃パターンについての研究. 法政大学スポーツ研究センター「紀要」第34号. 2016. 34. 5-10
  • 泉重樹(法政大学スポーツ健康学部) 林容市(法政大学文学部) 荒井弘和(法政大学文学部) 春日井有輝(法政大学兼任講師). スポーツ系学部生と一般学生の身体動作比較 ーFuntional Movement Screen を指標にしてー. 法政大学スポーツ研究センター「紀要」第32号. 2014. 32. 35-40
  • 増山光洋 村本伸幸 柿島新太郎 濱口純一. バレーボールVリーグにおけるホームゲーム実施とクラブ運営の研究 ーV・チャレンジリーグを対象にしてー. 中央学院大学人間・自然論業第33号. 2012. 33
  • 山田快(順天堂大学大学院) 濱口純一(法政大学) 増山光洋(中央学院大学). 大学生バレーボール選手における不安に関する研究. 法政大学体育・スポーツ研究センター「紀要」第30号. 2012. 30
もっと見る
MISC (1件):
  • 一流バレーボール競技者の集中力の特徴に関する研究. 体育科教育12月増刊号 大修館書店. 1993
講演・口頭発表等 (3件):
  • バレーボールの様々なディグ場面におけるシチュエーション
    (日本バレーボール学会第24回大会 2019)
  • バレーボールにおけるバックアタックの研究2
    (日本体育学会第49回大会号 1998)
  • バレーボールにおけるバックアタックの研究
    (日本体育学会第45回大会号 1994)
学歴 (2件):
  • 1992 - 1994 筑波大学 コーチ学
  • 1986 - 1990 法政大学 経営学科
学位 (1件):
  • 体育学修士 (筑波大学)
経歴 (9件):
  • 2008/04 - 現在 法政大学経営学部 教授(現在に至る)
  • 2003/04 - 2008/03 法政大学経営学部 助教授(准教授)
  • 1997/04 - 2003/03 法政大学第一教養部 専任講師(「体育」担当)
  • 1997/04/01 - 2003/03/01 法政大学第一教養部 専任講師(「体育」担当)
  • 1995/04 - 1997/03 法政大学第一教養部 非常勤講師(「体育」担当)
全件表示
委員歴 (1件):
  • 1992/04 - 現在 日本体育学会 会員
受賞 (1件):
  • 1992/08 - IOC認定 国際バレーボールコーチ
所属学会 (2件):
日本体育学会 会員 ,  日本バレーボール学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る