研究者
J-GLOBAL ID:200901053142274684   更新日: 2020年08月31日

庄司 満

ショウジ ミツル | Shoji Mitsuru
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 生物分子化学
研究キーワード (2件): 有機合成化学 ,  Organic synthesis
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2001 - 生理活性物質に関する生物有機化学および有機合成化学
論文 (37件):
MISC (128件):
  • Epoxyquinol B, a Naturally Occurring Pentaketide Dimer, Inhibits NF-κB Signaling by Crosslinking TAK1. Bioscience Biotechnology Biochemistry. 2008. 72. 7. 1894-1900
  • Hiroshi Kamiyama, Takeo Usui, Hiroaki Sakurai, Mitsuru Shoji, Yujiro Hayashi, Hideaki Kakeya, Hiroyuki Osada. Epoxyquinol B, a naturally occurring pentaketide dimer, inhibits NF-kappa B signaling by crosslinking TAK1. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2008. 72. 7. 1894-1900
  • Yujiro Hayashi, Hirofumi Yamaguchi, Maya Toyoshima, Kotaro Okado, Takumi Toyo, Mitsuru Shoji. Formal total synthesis of fostriecin via 1,4-asymmetric induction using cobalt-alkyne complex. ORGANIC LETTERS. 2008. 10. 7. 1405-1408
  • Yujiro Hayashi, Hirofumi Yamaguchi, Maya Toyoshima, Kotaro Okado, Takumi Toyo, Mitsuru Shoji. Formal total synthesis of fostriecin via 1,4-asymmetric induction using cobalt-alkyne complex. ORGANIC LETTERS. 2008. 10. 7. 1405-1408
  • Yujiro Hayashi, Hirofumi Yamaguchi, Maya Toyoshima, Satoshi Nasu, Koji Ochiai, Mitsuru Shoji. 1,4-asymmetric induction using a cobalt alkyne complex. ORGANOMETALLICS. 2008. 27. 2. 163-165
もっと見る
書籍 (4件):
  • Modern Tools for the Synthesis of Complex Bioactive Molecules.
    John Wiley & Sons Inc, Hoboken, New Jersey 2012
  • ベーシックマスター有機化学.
    オーム社, 東京都千代田区 2011
  • Catalysts for Fine Chemical Synthesis; Volume 5: Regio- and Stereo-controlled Oxidations and Reductions
    John Wiley & Sons, Ltd 2007
  • Catalysts for Fine Chemical Synthesis; Volume 5: Regio- and Stereo-controlled Oxidations and Reductions
    John Wiley & Sons, Ltd 2007
講演・口頭発表等 (174件):
  • 5-8-5員環骨格を有するテルペノイドの合成研究
    (日本薬学会第136年会 2016)
  • プロドラッグへの応用を志向した新規刺激応答性アミノスルホン酸エステルリンカーの創製
    (日本薬学会第136年会 2016)
  • 酵素による速度論的光学分割を用いた(R)-メペンゾラート前駆体の合成
    (日本化学会第96春季年会 2016)
  • 抗トリパノソーマ作用を有するマングロマイシンA の合成研究
    (日本化学会第96春季年会 2016)
  • γ-イソプロペニル-γ-ラクトンを有するテルペノイドの合成研究
    (日本化学会第96春季年会 2016)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1999 東北大学
  • - 1999 東北大学
  • - 1994 東北大学
  • - 1994 東北大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2006/06 - 2009/03 東北大学大学院理学研究科化学専攻
  • 2001/04 - 2006/05 東京理科大学工学部工業化学科
  • 1999/04 - 2001/03 スクリプス研究所
受賞 (1件):
  • 2015/06/19 - 第16回テトラへドロンシンポジウム エルゼビアベストポスター賞 酵素の四置換炭素識別能を利用したマジンドリンAの形式合成
所属学会 (2件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る