研究者
J-GLOBAL ID:200901053187466835   更新日: 2020年05月22日

安 嬰

An Ying
所属機関・部署:
研究キーワード (1件): 昆虫生理学
論文 (18件):
  • Liu, W, Karimazawa, M, Ozaki, T, An, Y, Miyazaki, M, Suzuki, K, Tsutsumi, K, Yamashita, T. Cell Proliferation Inhibition by Sericin from the Wild Silkworm, Cricula trifenestrata. Advances in Biological Chemistry. 2016. 2016. 6. 28-33
  • Ojima, N, Ishiguro, S, An, Y, Kadosawa, T, Suzuki, K. Male reproductive maturity and diapause termination in the leaf beetle Gastrophysa atrocyanea. Physiological Entomology. 2015. 40. 4. 277-283
  • Abe, S, Yamamoto, K, An, Y, Saeki, J, Itagaki, T, Kofujita H, Suzuki, K. CO2 anesthesia enhances infection rate of Cordyceps militaris (Hypocreales: Clavicipitaceae) on pupae of the silkworm, Bombyx mori. Journal of Insect Biotechnology and Sericology. 2015. 83. 3. 77-81
  • Yosinori Sato, Ping Yang, Ying An, Kazushige Matsukawa, Kikukatsu Ito, Shigeo Imanishi, Hirokazu Matsuda, Yusuke Uchiyama, Kunio Imai, Shigeki Ito, et al. A palmitoyl conjugate of insect pentapeptide Yamamarin arrests cell proliferation and respiration. PEPTIDES. 2010. 31. 5. 827-833
  • Hara, W, An, Y, Eguchi, R, Mase, K, Kosegawa, E, Kadono-okuda, K, Nagayasu, K. Mapping of a novel virus resistant Gene, Nid-1, in the silkworm, Bombyx mori, based on the restriction fragment length polymorphism (RFLP). Journal of Insect Biotechnology and Sericology. 2008. 77. 1. 59-66
もっと見る
MISC (6件):
  • 安 嬰. ヤママユ麻痺性ペプチドによるカイコの休眠卵誘導. 虫たちが語る生物学の未来. 2009
  • 鈴木幸一, 楊 平,安 嬰. 天蚕の人工孵化からガン細胞増殖制御物質の発見まで. 岡谷蚕糸博物館紀要. 2008. 12. 38-42
  • 鈴木幸一, 酒井雅人, 安嬰, 田中弘正. 昆虫の休眠に関わるペプチド・タンパク質 (共著). 化学と生物. 2003. 41. 7. 471-477
  • 鈴木幸一, 安嬰. 昆虫の新しい情報処理機関の探索 (共著). 比較内分泌学会ニュース. 1998. 88. 10-13
  • 安 嬰, 堵南山, 頼 偉. 中華カニ(Eriocheir sinensis)受精の超微細構造に関する研究. 上海市水産研究所研究報告. 1991. 4. 110-123
もっと見る
特許 (1件):
  • 昆虫の休眠卵誘導剤およびその休眠卵産出方法
書籍 (1件):
  • Insect timing: Circadian rhythmicity to seasonality ( D.L. Denlinger, J. Giebultowicz & D. S. Saunders, eds.)
    Elsevier 2001 ISBN:044450608X
講演・口頭発表等 (42件):
  • 細菌感染に誘導したカイコ体液中のAMPsの解析
    (日本昆虫学会東北支部第64回大会)
  • 昆虫糸状菌に感染したカイコ体液のAMPsの解析
    (日本昆虫学会東北支部第63回大会)
  • 宿主であるカイコの発育とハナサナギタケの子実体形成
    (日本昆虫学会東北支部第62回大会)
  • ストレスによるカイコ休眠卵誘導の探索
    (日本昆虫学会東北支部第62回大会)
  • ヤママリンによるカイコ胚子の発育抑制効果
    (日本蚕糸学会第81回学術講演会)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る