研究者
J-GLOBAL ID:200901053413658963   更新日: 2020年09月01日

椎名 勇

シイナ イサム | Shiina Isamu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.rs.kagu.tus.ac.jp/shiina/indexj.htmlhttp://www.tus.ac.jp/en/news/archive/20150511.html
研究分野 (1件): 有機合成化学
研究キーワード (1件): 有機反応化学、天然物化学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 天然薬理活性化合物の全合成
  • Asymmetric Total Synthesis of Natural Products
論文 (167件):
  • Takayuki TONOI, Takehiko INOHANA, Teruyuki SATO, Yuuki NODA, Miyuki IKEDA, Miku AKUTSU, Takatsugu MURATA, Yutaro MAEKAWA, Anna TANAKA, Rio SEKI, et al. Total Synthesis and Antimicrobial Evaluation of 23-Demethyleushearilide and Extensive Antimicrobial Evaluation of All Synthetic Stereoisomers of (16Z,20E)-Eushearilide and (16E,20E)-Eushearilide. MOLECULES. 2019. 24. 3437. 1-12
  • Yuuki OBATA, Yasushi HARA, Isamu SHIINA, Takatsugu MURATA, Yasutaka TASAKI, Kyohei SUZUKI, Keiichi ITO, Shou TSUGAWA, Kouhei YAMAWAKI, Tsuyoshi TAKAHASHI, et al. N822K- or V560G-mutated KIT activation preferentially occurs in lipid rafts of the Golgi apparatus in leukemia cells. CELL COMMUN SIGNAL. 2019. 17. 1. 1-15
  • Clovis Peter, Philippe Geoffroy, Takatsugu Murata, Takayuki Tonoi, Isamu Shiina, Michel Miesch. DIASTEREO-/ENANTIOSELECTIVE DIELS-ALDER SYNTHESIS OF 14β-HYDROXYSTEROID SCAFFOLDS: A COMBINED EXPERIMENTAL AND DFT STUDY. HETEROCYCLES. 2019. 99. 2. 1251-1275
  • Takumi Iwasawa, Takahisa Shinomiya, Nozomi Ota, Natsumi Shibata, Kenya Nakata, Isamu Shiina, Yukitoshi Nagahara. Novel Ridaifen-B Structure Analog Induces Apoptosis and Autophagy Depending on Pyrrolidine Side Chain. BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN. 2019. 42. 3. 401-410
  • Takatsugu MURATA, Teppei KUBOKI, Ryo ISHIKAWA, Takahiro SAITO, Shotaro TAGUCHI, Kazuma TAKEUCHI, Emiko HATANO, Motoyuki SHIMONAKA, Isamu SHIINA. Total Synthesis of Violaceoid A and (-)- and (+)-Violaceoid B. JOURNAL OF NATURAL PRODUCTS. 2018. 81. 11. 2364-2370
もっと見る
MISC (21件):
  • 椎名 勇. 薬はどのような形をしているのか? -分子の形の調べ方, 掘り方と磨き方-. 「薬学図書館」(日本薬学図書館協議会 機関誌)(ISSN 0386-2062)[Pharmaceutical Library Bulletin(Japan Pharmaceutical Library Association)]. 2017. 62. 3. 173-175
  • 椎名 勇, 森田明典. 新規タモキシフェン類縁体の放射線防護剤としての活性評価. 広島大学原爆放射線医科学研究所 平成25年度共同利用・共同研究成果報告集(福島原発事故対応緊急プロジェクト研究). 2015. 13-13
  • 椎名 勇. 置換安息香酸無水物を用いる実用的縮合反応. ケミカルエンジニヤリング. 2006. 51. 702-706
  • 椎名 勇. 不斉触媒を活用した光学活性有機化合物の創製. (ハイテクリサーチセンター整備事業)「高度光利用グリーン科学技術研究センター」研究成果報告書. 2006. 2006. 45_46-114_117
  • 椎名 勇. 有機材料化学の最先端. 科学フォーラム. 2006. 23. 1. 26-27
もっと見る
特許 (33件):
もっと見る
書籍 (27件):
  • 「有機分子触媒の開発と工業利用」(ファインケミカルシリーズ)第21章 有機触媒を用いたカルボン酸誘導体および光学活性アルコールとカルボン酸の合成,ならびに医薬品合成への応用
    (株)シーエムシー出版 2018
  • 「理工系の基礎 教養化学」(理工系の基礎シリーズIII)第6章4節 医薬品
    丸善(株) 2016
  • 「有機合成法実験ハンドブック」(第2版)第29章 複素環の合成
    丸善(株) 2015
  • 「有機合成法実験ハンドブック」(第2版)第16章 カルボニル化合物の反応
    丸善(株) 2015
  • 「大学院講義有機化学 II」(第2版)第3章 カルボン酸,ケトン,アルコールなどの変換反応
    東京化学同人 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (442件):
  • 不斉アルドール反応を用いたイリシモニンAの合成研究
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • DNAポリメラーゼ阻害活性化合物ビオールアセオイド類の合成研究(3)
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • DNAポリメラーゼ阻害活性化合物ビオールアセオイド類の合成研究(2)
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • DNAポリメラーゼ阻害活性化合物ビオールアセオイド類の合成研究(1)
    (日本化学会第99春季年会 2019)
  • リダイフェン型ナフォキシジン類縁化合物の合成研究
    (日本化学会第99春季年会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1992 東京理科大学 化学専攻
  • - 1990 東京理科大学 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2018/04 - 東京理科大学 総合研究院 実践的有機合成を基盤としたケミカルバイオロジー研究部門 研究部門長(兼任)
  • 2012/04 - 2017/03 東京理科大学 総合研究機構 キラリティー研究センター センター長(兼任)
  • 2007 - 2008 東京理科大学理学部 准教授
  • 2008 - 東京理科大学理学部 教授
  • 2003 - 2007 東京理科大学理学部 助教授
全件表示
委員歴 (54件):
  • 2018/12/01 - 2019/11/30 The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan Delegates Committee Member
  • 2018/12/01 - 2019/11/30 有機合成化学協会 平成31年度代議員
  • 2017/12/01 - 2018/11/30 The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan Delegates Committee Member
  • 2017/12/01 - 2018/11/30 有機合成化学協会 平成30年度代議員
  • 2017/04/01 - 2018/03/31 The Chemical Society of Japan Annual Meeting Organization Committee
全件表示
受賞 (81件):
  • 2018/07/01 - BS-TBS「未来の起源」に本学総合化学研究科椎名研究室の学生が出演
  • 2018/06/10 - TBSテレビ「未来の起源」に本学総合化学研究科椎名研究室の学生が出演
  • 2018/03/02 - Cancer Letters Most Read Article (Feb/2018)
  • 2018/01/25 - Yahoo! JAPAN Headline News (25/Jan/2018)
  • 2018/01/06 - Yahoo! JAPAN Headline News (6/Jan/2018)
全件表示
所属学会 (17件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  9th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  8th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  7th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  6th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  5th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  4th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  3rd Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  2nd Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  1st Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  15th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  14th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  13th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  12th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  11th Symposium on Chemical Approaches to Chirality ,  10th Symposium on Chemical Approaches to Chirality
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る