研究者
J-GLOBAL ID:200901053471015398   更新日: 2022年03月12日

和田 宗久

ワダ ムネヒサ | Wada Munehisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://note.com/munehisa
研究分野 (1件): 民事法学
研究キーワード (4件): 商法 ,  企業組織法 ,  金融商品取引法 ,  会社法
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2022 証券市場における不実開示時の損害賠償制度のあり方
  • 2016 - 2019 証券市場における不実開示抑止の観点からの上場会社等の民事責任制度の再定義
  • 2013 - 2016 上場会社の不実開示時における損失分配ルールのあり方に関する研究
  • 株式会社における取締役・執行役等の対会社責任の本質とその責任追及のあり方について
  • 上場会社における取締役等の民事責任制度の機能とそのあり方に関する研究
論文 (120件):
  • 和田宗久. 人的資本の活用および開示に関する近時の動向. MJS税経システム研究所 Monthly Report. 2022. 157. 12-16
  • 和田宗久. 「コーポレートガバナンス・コード」及び「投資家と企業の対話ガイドライン」の改訂について. MJS税経システム研究所 Monthly Report. 2021. 151. 14-17
  • 和田宗久. 有価証券報告書等の虚偽記載に関して上場会社が支払った罰金および課徴金と取締役の会社に対する損害賠償責任. 私法判例リマークス. 2021. 63. 82-85
  • 和田宗久. 虚偽の情報開示に関する民事責任制度のあり方. 砂田太士=久保寛展ほか編『企業法の改正課題(法律文化社)』. 2021. 513-527
  • 和田宗久. 有価証券届出書の虚偽記載と元引受証券会社の民事責任. 法律のひろば. 2021. 74. 3. 51-61
もっと見る
書籍 (31件):
  • ロースクール演習会社法〔第5版〕
    法学書院 2022
  • 会社法判例百選[第4版](別冊ジュリスト254号)
    有斐閣 2021
  • 論点体系 会社法<第2版>4
    第一法規 2021
  • 論点体系 会社法<第2版>3
    第一法規 2021
  • 注釈金融商品取引法【改訂版】第4巻
    一般社団法人 金融財政事情研究会 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • Recent Reforms in Japanese Corporate Law & Financial Instruments and Exchange Act
    (韓国企業法学会2019年国際カンファレンス - アジア諸国における会社立法のトレンドとそこから得られる示唆 2019)
  • 有価証券届出書の虚偽記載と元引受証券会社等の民事責任-FOI事件-
    (東京商事法研究会 2018)
  • 会社法と金融商品取引法における役員の民事責任制度の関係性-アメリカ法を参考にして
    (比較企業法研究会 大阪大会 2018)
  • フェア・ディスクロージャー・ルールについて
    (早稲田大学金融商品取引法研究会 2018)
  • 証券市場における不実開示の抑止・被害者救済に関する非比較法的考察
    (東京商事法研究会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2004 早稲田大学 民事法学
  • - 1999 早稲田大学 民事法学
  • - 1996 早稲田大学
学位 (1件):
  • 修士(法学) (早稲田大学)
経歴 (15件):
  • 2014/04 - 現在 早稲田大学 商学学術院 教授
  • 2017/09 - 2019/03 早稲田大学 大学院法務研究科 兼担教員
  • 2015/04 - 2018/12 税務大学校関東信越研修所 関東信越研修所 講師
  • 2010 - 2014 早稲田大学 商学学術院 准教授
  • 2010/04 - 2012/03 神奈川大学 法学部 非常勤講師
全件表示
受賞 (1件):
  • 1995/05 - 河上記念財団懸賞論文3等 応募論文名: 株式分割におけるみなし配当課税について
所属学会 (2件):
東京商事法研究会 ,  日本私法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る