研究者
J-GLOBAL ID:200901053476038205   更新日: 2021年05月02日

田中 彰吾

タナカ ショウゴ | Shogo Tanaka
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • University of Heidelberg  Visiting Researcher
ホームページURL (2件): http://embodiedapproachj.blogspot.comhttps://sites.google.com/site/shgtanaka/
研究分野 (3件): 体育、身体教育学 ,  実験心理学 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (10件): 他者 ,  自己 ,  神経心理学 ,  精神病理学 ,  社会的認知 ,  理論心理学 ,  現象学 ,  身体性 ,  身体知 ,  身体論
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2024 身体化された自己:ミニマルからナラティヴへ
  • 2020 - 2022 トランスカルチャー状況下における身体化された自己
  • 2015 - 2020 Embodied Human Scienceの構想と展開
  • 2015 - 2017 視点変換体験の質的研究に基づく自己意識と他者理解の理論モデル構築
  • 2012 - 2015 間主観性領域における身体知の機能を解明する現象学的・実験的研究
全件表示
論文 (39件):
もっと見る
MISC (16件):
  • 田中彰吾. 錯覚を通じて自己感は身体の外部に離脱しうるか?. 認知科学. 2020. 27. 4. 429-430
  • 田中彰吾. 物質から意識を見るか、生命から意識を見るか(書評:佐藤義之著『「心の哲学」批判序説』). 図書新聞. 2020. 3459. 3-3
  • 田中彰吾. 主題と変奏-臨床便り(36)「学習性の離人症?」. 臨床心理学. 2019. 19. 3. 374-374
  • 田中彰吾. 語源から考える「文明」. 文明. 2019. 23. iii-iv
  • 田中彰吾. エディトリアル:脳の生態学. こころの科学とエピステモロジー. 2019. 1. 1-4
もっと見る
書籍 (19件):
  • Time and Body: Phenomenological and Psychopathological Approaches
    Cambridge University Press 2020
  • 臨床のなかの物語る力 : 高次脳機能障害のリハビリテーション
    協同医書出版社 2020 ISBN:9784763910882
  • プロジェクション・サイエンス : 心と身体を世界につなぐ第三世代の認知科学
    近代科学社 2020 ISBN:9784764906211
  • The Problem of Religious Experience: Case Studies in Phenomenology, with Reflections and Commentaries
    Springer 2019
  • Thinking about Oneself: The Place and Value of Reflection in Philosophy and Psychology
    Springer 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (110件):
  • From body-as-subject to body-as-object
    (54th Annual Philosophy Colloquium "What’s Next: The Future of Embodiment" 2021)
  • 身体性から考える
    (VRユーザ×アカデミック「第三種接近遭遇」(第3部) 2021)
  • 対人恐怖症の背景にある日本文化
    (第7回顔・身体学領域会議(新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」) 2020)
  • 二つの神経病理事例から運動学習を考える
    (第41回 バイオメカニズム学会学術講演会・シンポジウム「感覚運動学習のバイオメカニズム」(山田洋・田中彰吾・木村聡貴・金子文成) 2020)
  • 間身体性から見た対面とオンラインの会話
    (日本心理学会第84回大会,公募シンポジウム「ネットメディアの生態心理学」(三嶋博之・森直久・河野哲也・田中彰吾・柴田崇・染谷昌義) 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1999 - 2003 東京工業大学大学院 価値システム専攻 博士課程
  • 1997 - 1999 東京工業大学大学院 価値システム専攻 修士課程
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京工業大学)
経歴 (8件):
  • 2016/04 - 現在 東海大学現代教養センター 教授
  • 2014/04 - 現在 東海大学文明研究所 所員
  • 2016/08 - 2017/08 Universitätsklinikum Heidelberg(ハイデルベルク大学病院) Zentrum für Psychosoziale Medizin(精神社会医学センター) 客員研究員
  • 2015/04 - 2016/03 東海大学総合教育センター 教授
  • 2011/04 - 2015/03 東海大学総合教育センター 准教授
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/09 - 日本認知科学会 論文賞(2019年度)
  • 2019/01 - 松前重義学術賞
  • 2018/12 - 第12回湯浅泰雄著作賞
所属学会 (6件):
日本体育学会 ,  日本認知科学会 ,  International Human Science Research Conference ,  American Psychological Association ,  International Society for Theoretical Psychology ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る