研究者
J-GLOBAL ID:200901053485806568   更新日: 2020年08月26日

三浦 善憲

ミウラ ヨシカズ | Miura Yoshikazu
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (6件): 代謝、内分泌学 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): 糖尿病 ,  産業中毒 ,  Diabetes ,  Industrial Poisoning
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • インクレチンによる膵ラ氏島からのインスリン分泌機構
  • トリフェニルスズによる糖尿病
  • Mechanisms of incretin-induced insulin secretion from pancreatic islets
  • Triphenyltin-induced diabetes in hamsters
MISC (25件):
書籍 (3件):
  • トリフェニル錫による糖尿病ーアセチルコリン刺激後のNa<sup>+</sup>依存性Ca<sup>2+</sup>流入とインスリン分泌-
    1999
  • トリフェニル錫による糖尿病-膵ラ氏島細胞内Na<sup>+</sup>とcAMP増加に依存したインスリン分泌と細胞内Ca<sup>2+</sup>
    1998
  • Triphenyltin-chloride-induced diabetes in hamsters : inhibition of stimulus-induced changes of cytosolic free calcium on insulin secretion in isolated pancreatic islet cells
    Lessons from animal diabetes. The Tokyo Workshop 1990. Smith-Gordon (London) 1991
Works (4件):
  • インクレチンによる膵ラ氏島がのインスリン分泌機構
    1998 -
  • Mechanisms of incretin-induced insulin secretion from pancreatic islets
    1998 -
  • 膵ラ氏島小胞体をからにした場合の細胞内Ca<sup>2+</sup>, Na<sup>+</sup>に対する影響
    1994 - 1996
  • Effects of Empting of in tracellular Ca<sup>2+</sup> pools on cytosolic Ca<sup>2+</sup> and Na<sup>+</sup> in pancreaticislet
    1994 - 1996
学歴 (2件):
  • - 1971 明治大学 農芸化学
  • - 1971 明治大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (獨協医科大学)
所属学会 (4件):
日本衛生学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本糖尿病学会 ,  ヨ-ロッパ糖尿病学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る