研究者
J-GLOBAL ID:200901053553701613   更新日: 2020年08月30日

砂川 元

スナカワ ハジメ | Hajime Sunakawa
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (13件): 口腔顎顔面奇形学 ,  頭頚部腫瘍学 ,  HIV ,  超選択的動注化学放射線療法 ,  臨床病理学的悪制度 ,  頸部リンパ節 ,  扁平上皮癌 ,  口腔癌 ,  顎発育 ,  HIV ,  Diagnosis and Treatment for Trauma of Maxillo-facial Regions ,  Treatment for Cleft lip and Cleft Palate ,  Diagnosis and Treatment for Malignant Tumor of Oral Regions
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 口唇口蓋裂患者の顎発育に関する検討
  • 口腔癌の頸部リンパ節転移に対する超選択的動注化学療法の効果に関する研究
  • 口腔領域早期癌予後不良症例と多発癌におけるHPV関与についての分子生物学的検討
  • 口唇口蓋裂患者の顎発育に関する研究
  • 口腔癌患者の術後口腔機能とQOLに関する臨床的研究
全件表示
MISC (138件):
もっと見る
書籍 (22件):
  • 3.Morphology of the face in patients with cleft lip and palate.Chapter 1. Basic research concerning treatment of cleft lip and/or palate(CL/P)., Editor;Prof. Emer. Kawai Tsuyoshi, Prof.Natsume Nagato, Prof. David.S.Precious
    2008
  • 1.Attempt for prevention of cleft lip and palate. Chapter 4. Clinical for prevention of cleft lip and/or palate(CL/P).,Editor;Prof. Emer. Kawai Tsuyoshi,Prof.Natsume Nagato, Prof. David.S.Precious
    2008
  • 3.Morphology of the face in patients with cleft lip and palate.Chapter 1. Basic research concerning treatment of cleft lip and/or palate(CL/P)., Editor;Prof. Emer. Kawai Tsuyoshi, Prof.Natsume Nagato, Prof. David.S.Precious
    2008
  • 1.Attempt for prevention of cleft lip and palate. Chapter 4. Clinical for prevention of cleft lip and/or palate(CL/P).,Editor;Prof. Emer. Kawai Tsuyoshi,Prof.Natsume Nagato, Prof. David.S.Precious
    2008
  • 顎の先天異常・発育異常.言語聴覚士のための基礎知識 臨床歯科医学・口腔外科学. 夏目長門編集
    2006
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2010/04/01 - - , 琉球大学 医学研究科 教授
  • 2010/04/01 - - , University of the Ryukyus, Graduate School of Medicine, Professor
  • 琉球大学 医学研究科 医学研究科 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る