研究者
J-GLOBAL ID:200901053813894976   更新日: 2024年05月28日

嶋田 努

シマダ ツトム | Shimada Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/bu/yaku/
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (1件): 臨床薬物動態学、生薬療法学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2026 経皮吸収型製剤の皮膚透過に与える薬剤性皮膚機能変動の影響と網羅的メカニズムの解明
  • 2020 - 2023 病態背景が経皮吸収型製剤の経皮アベイラビリティにおよぼす影響
  • 2019 - 2023 加齢による薬物体内動態の個人間変動予測の新機軸
  • 2017 - 2020 careとcureを融合した看護薬剤学モデルの開発
  • 2017 - 2020 室内ダスト中の化学物質暴露による腸内細菌叢の変化は生体高次機能をかく乱し得るのか
全件表示
論文 (142件):
  • Hiroko Makihara, Mika Maezawa, Kazusa Kaiga, Toshihiko Satake, Mayu Muto, Yui Tsunoda, Tsutomu Shimada, Tomoko Akase. mRNA expression levels of cytochrome P450 CYP1A2 , CYP3A4 , and CYP3A5 in the epidermis: a focus on individual differences among Japanese individuals. Xenobiotica. 2024. 1-7
  • Tsutomu Shimada, Daisuke Kawakami, Arimi Fujita, Rintaro Yamamoto, Satoshi Hara, Kiyoaki Ito, Ichiro Mizushima, Shinji Kitajima, Yasunori Iwata, Norihiko Sakai, et al. Validation of an automated sample preparation module directly connected to LC-MS/MS (CLAM-LC-MS/MS system) and comparison with conventional immunoassays for quantitation of tacrolimus and cyclosporin A in a clinical setting. Journal of Pharmaceutical Health Care and Sciences. 2024. 10. 1
  • Koyomi Sumiya, Miho Shogenji, Yasunori Ikenaga, Yoru Ogawa, Kohei Hirako, Arimi Fujita, Tsutomu Shimada, Masako Hashimoto, Akio Masuda, Takehito Nagamoto, et al. Association between switching prescribed drugs for lower urinary tract symptoms and independence of urination in post-stroke patients: A retrospective cohort study. Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association. 2023. 32. 12. 107419-107419
  • Yuriko Ito, Junya Nakade, Akihiro Seki, Ryosuke Gabata, Mitsuyoshi Okazaki, Shinichi Nakanuma, Arimi Fujita, Tsutomu Shimada, Taro Yamashita, Shintaro Yagi, et al. Case report: therapeutic monitoring of vancomycin in an acute liver failure patient with anuria under high-flow continuous hemodiafiltration. Journal of pharmaceutical health care and sciences. 2023. 9. 1. 15-15
  • Natsuko Ishida, Yoshitaka Oshima, Ayano Katsura, Rikako Imamura, Hiroshi Arakawa, Tsutomu Shimada, Satoshi Mizuno, Yoshimichi Sai, Yukio Suga, Ryo Matsushita. Application Site of Transdermal Scopolamine Influences Efficacy and Drug Concentration in Salivary Glands in Rats. Biological & pharmaceutical bulletin. 2023. 46. 12. 1805-1809
もっと見る
MISC (56件):
  • 梶野 真由, 藤田 有美, 西澤 理愛, 下川 頌子, 坂田 明子, 嶋田 努, 崔 吉道. 母体リトドリン投与による新生児低血糖発現機構の解析のためのラットモデルの作成. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 26F-pm15S
  • 水野 智詞, 槇原 弘子, 藤田 有美, 嶋田 努, 赤瀬 智子, 崔 吉道. 2型糖尿病モデルGKラットにおける皮膚の構造とバリア機能パラメータの変化. 日本薬学会年会要旨集. 2022. 142年会. 27PO8-07S
  • 李 游, 坪内 清貴, 植田 有美, 嶋田 努, 崔 吉道. クエチアピンの併用がラモトリギンの体内動態に及ぼす影響(通常用量付近での検討). 日本薬学会年会要旨集. 2021. 141年会. 27P02-220S
  • 嶋田 努, 長田 幸恵, 原 祐輔, 登 真良, 旭野 欣也, 牧野 智成, 崔 吉道. 個別認証技術を用いた医療用麻薬フェンタニル注射液の院内個別管理. 医療薬学. 2020. 46. 5. 249-256
  • 高廣 理佳子, 山本 奈歩, 堀 祐貴, 嶋田 努, 崔 吉道. ゲムシタビン+ナブパクリタキセル療法による間質性肺炎発現に及ぼす牛車腎気丸併用の影響. 日本臨床腫瘍薬学会雑誌. 2020. 15. 339-339
もっと見る
特許 (3件):
  • SIRTUIN ACTIVATOR
  • MUCOPOL YSACCHARIDOSIS IV A/VII SCREENING AND TREATMENT METHOD
  • 薬剤トレーサビリティシステム
講演・口頭発表等 (28件):
  • Pharmacokinetic analysis of docetaxel during laparoscopic hyperthermic intraperitoneal chemotherapy in patients with peritoneal metastasis of gastric cancer (松本)
    (第31回 日本薬物動態学会 2016)
  • 肥満時の薬物動態変動による医薬品副作用回避戦略
    (第31回 日本薬物動態学会 2016)
  • 経口C型肝炎治療における医師・看護師・薬剤師による協働プロトコールの構築
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
  • 長期経腸栄養剤投与と薬物体内動態変動
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
  • レボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の同時懸濁時における配合変化
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 金沢大学 自然科学研究科
  • - 2000 金沢大学 薬学部 製薬化学科
学位 (1件):
  • 修士(薬学) (金沢大学)
経歴 (10件):
  • 2014/07/01 - 金沢大学附属病院 薬剤部 准教授
  • 2012/07/25 - 2014/06/30 アルフレッドアイデュポン小児病院 Biomedical Research Research Fellow
  • 2012/04/01 - 2014/06/30 武蔵野大学 薬学研究所 客員研究員
  • 2012/04/01 - 2012/06/30 常磐植物科学研究所 研究開発部門 アドバイザー
  • 2010/04/01 - 2012/03/31 武蔵野大学 薬学研究所 講師
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019 - 日本医療薬学会 役員候補者選挙管理委員
  • 2018 - 日本病院薬剤師会 編集委員
  • 2018 - 日本医療薬学会 代議員選挙管理委員
  • 2018 - 日本医療薬学会 総務委員
  • 2018 - 日本薬学会 トピックス小委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/06/26 - 日本薬学会医療薬科学部会 医療薬学フォーラム2016/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2013/08/31 - 和漢医薬学会 和漢医薬学会奨励賞
  • 2011/09/24 - 日本生薬学会 日本生薬学会論文賞
所属学会 (9件):
日本TDM学会 ,  日本動態学会 ,  日本薬剤学会 ,  トランスポーター研究会 ,  日本生薬学会 ,  日本医薬品情報学会 ,  日本医療薬学会 ,  和漢医薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る