研究者
J-GLOBAL ID:200901053813894976   更新日: 2021年10月22日

嶋田 努

シマダ ツトム | Shimada Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/bu/yaku/
研究分野 (1件): 医療薬学
研究キーワード (1件): 臨床薬物動態学、生薬療法学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2017 - 2020 careとcureを融合した看護薬剤学モデルの開発
  • 2017 - 2020 室内ダスト中の化学物質暴露による腸内細菌叢の変化は生体高次機能をかく乱し得るのか
  • 2016 - 2019 「がん薬物療法における血管痛発現機序の解明および新規予防法の開発」
  • 2015 - 2018 「肥満児の薬物動態変動による医薬品副作用の回避戦略」、
  • 2016 - 2016 食に伴う腸内フローラ変動が薬物投与設計におよぼす影響
全件表示
論文 (95件):
  • Staub Y, Suga Y, Ikawa Y, Tsubouchi K, Hashimoto M, Kawagishi A, Shimada T, Sai Y, Nishimura K, Matsushita R. Detailed assessment and risk factor analysis of corticosteroid-induced psychiatric disorders in pediatric, adolescent, and young adult patients undergoing induction or consolidation therapy for hematologic malignancy. Journal of oncology pharmacy practice : official publication of the International Society of Oncology Pharmacy Practitioners. 2019. 26. 5. 1078155219879992-1051
  • Shimura Y, Izumi K, Itai S, Iwamoto H, Yaegashi H, Suga Y, Shimada T, Mizokami A, Sai Y. Palonosetron on Days 1 and 5 Versus Granisetron Daily (Days 1-5) in Germ Cell Tumour Therapy. In vivo (Athens, Greece). 2019. 33. 2. 643-647
  • Isobe A, Shimada T, Aburada M, Yanagisawa R, Sakawa T, Nakamura T, Himi T, Ohta R, Kawaguchi M. Hatano rats are a suitable metabolic syndrome model for studying feeding behavior, blood pressure levels, and percent body fat. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 1. 147-154
  • Uda H, Suga Y, Toriba E, Staub AY, Shimada T, Sai Y, Kawahara M, Matsusita R. Multiday corticosteroids in cancer chemotherapy delay the diagnosis of and antimicrobial administration for febrile neutropenia: a double-center retrospective study. Journal of pharmaceutical health care and sciences. 2019. 5. 3
  • Shimokawa S, Sakata A, Suga Y, Isoda K, Itai S, Nagase K, Shimada T, Sai Y. Incidence and risk factors of neonatal hypoglycemia after ritodrine therapy in premature labor: a retrospective cohort study. Journal of pharmaceutical health care and sciences. 2019. 5. 7
もっと見る
MISC (6件):
特許 (3件):
  • SIRTUIN ACTIVATOR
  • MUCOPOL YSACCHARIDOSIS IV A/VII SCREENING AND TREATMENT METHOD
  • 薬剤トレーサビリティシステム
講演・口頭発表等 (28件):
  • Pharmacokinetic analysis of docetaxel during laparoscopic hyperthermic intraperitoneal chemotherapy in patients with peritoneal metastasis of gastric cancer (松本)
    (第31回 日本薬物動態学会 2016)
  • 肥満時の薬物動態変動による医薬品副作用回避戦略
    (第31回 日本薬物動態学会 2016)
  • 経口C型肝炎治療における医師・看護師・薬剤師による協働プロトコールの構築
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
  • 長期経腸栄養剤投与と薬物体内動態変動
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
  • レボフロキサシン錠とランソプラゾールOD錠の同時懸濁時における配合変化
    (第26回 日本医療薬学会年会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 金沢大学
  • - 2000 金沢大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • 修士(薬学) (金沢大学)
経歴 (10件):
  • 2014/07/01 - 金沢大学附属病院 薬剤部 准教授
  • 2012/07/25 - 2014/06/30 アルフレッドアイデュポン小児病院 Biomedical Research Research Fellow
  • 2012/04/01 - 2014/06/30 武蔵野大学 薬学研究所 客員研究員
  • 2012/04/01 - 2012/06/30 常磐植物科学研究所 研究開発部門 アドバイザー
  • 2010/04/01 - 2012/03/31 武蔵野大学 薬学研究所 講師
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2019 - 日本医療薬学会 役員候補者選挙管理委員
  • 2018 - 日本病院薬剤師会 編集委員
  • 2018 - 日本医療薬学会 代議員選挙管理委員
  • 2018 - 日本医療薬学会 総務委員
  • 2018 - 日本薬学会 トピックス小委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/06/26 - 日本薬学会医療薬科学部会 医療薬学フォーラム2016/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2013/08/31 - 和漢医薬学会 和漢医薬学会奨励賞
  • 2011/09/24 - 日本生薬学会 日本生薬学会論文賞
所属学会 (9件):
日本TDM学会 ,  日本動態学会 ,  日本薬剤学会 ,  トランスポーター研究会 ,  日本生薬学会 ,  日本医薬品情報学会 ,  日本医療薬学会 ,  和漢医薬学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る