研究者
J-GLOBAL ID:200901053861177437   更新日: 2020年04月14日

広瀬 訓

ヒロセ サトシ | Hirose Satoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 政治学 ,  国際法学 ,  基礎法学
研究キーワード (5件): 国際協力 ,  軍縮 ,  国際法 ,  国際機構論 ,  International Organizations
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2005 - 地域密着型国際理解教育の教授法の研究
  • 2005 - Research on Teaching Methods of International Understandings in a Local Context
  • 2000 - 日本国憲法と日本の国際貢献
  • 2000 - Japanese Constitution and Japan's Int'l contribution
  • 1995 - 発展の権利と人道援助
全件表示
論文 (7件):
  • 広瀬 訓. 「朝鮮戦争終結と平和条約への道筋」. RECNA Policy Paper p.12-p.16. 2018. 7. 12-16
  • 広瀬 訓. 核不拡散条約や他の核軍縮条約との関係. RECNA Policy Paper. 2017. 6. 12-17
  • 広瀬 訓. 「東アジアにおける核の安全保障と共同体構想」. 『核開発と国際社会 揺れ動く北朝鮮情勢を中心に』 広島平和研究所ブックレット. 2017. 4. 117-137
  • 広瀬 訓. 「オバマ大統領広島演説は何を表すか?」. 『オバマ米大統領広島訪問の意義と課題 RECNA Policy Paper No.5 』. 2016. 5. 6-9
  • 中村桂子, 広瀬訓, 鈴木達治郎, 梅林宏道. 「北東アジア非核兵器地帯設立への包括的アプローチの提言」. 軍縮研究. 2015. 6. 19-26
もっと見る
MISC (30件):
  • 広瀬 訓. 「平和を「考える」読書のために」. 『子どもと読書』. 2018. 403. 7・8. 2-6
  • 広瀬 訓. オバマ政権と多国間外交 -「核なき世界」構想を中心としてー. 国連研究. 2010. 11. 127-147
  • Hirose, Satoshi. Obama Administration and Multilateral Diplomacy: Implications of "a World without Nuclear Weapons". The United Nations Studies. 2010. 11
  • Hirose, Satoshi. Human Security and National Security:Old wine in New Wineskins?. Human Security and the Role of the United Nations. 2009. 25-44
  • 広瀬 訓. 「絵本からの国際化ーその可能性と偏りについてー」. 宮崎公立大学地域研究センター研究プロジェクト実施報告書. 2007. 1-7
もっと見る
書籍 (33件):
  • Asia-Pacific Perspectives on International Humanitarian Law
    Cambridge University Press 2019 ISBN:9781108753852
  • 『核兵器禁止条約の時代』
    法律文化社 2019 ISBN:9784589039989
  • 『核の脅威にどう対処すべきか:北東アジアの非核化と安全保障』
    法律文化社 2018 ISBN:9784589039217
  • 『現代国際関係学叢書第2巻 軍縮・軍備管理』
    志學社 2017 ISBN:9784904180792
  • 『なぜ核はなくならないのかII』
    法律文化社 2016 ISBN:9784589037855
もっと見る
講演・口頭発表等 (27件):
  • Denuclearization of the Korean Peninsula and Nuclear Weapon Free Zone in Northeast Asia
    (Harnessing the Winds of Change in a Shifting Nuclear World 2019)
  • The Development on the Denuclearization of the Korean Peninsula
    (ILA Round Table on Legal Challenges for Nuclear Deterrence and Nuclear Security 2019)
  • Security Challenges to East Asia:Situation on the Korean Peninsula
    (the 18th East Asian Seminar on the United Nations System 2018)
  • 「核軍縮・不拡散における普遍性の意義 ~核実験禁止の系譜を題材として~」
    (日本国際法学会 2018 年度( 第 12 1年次) 研究大会 2018)
  • 「軍縮をめぐるガバナンスの形成と国連の役割」
    (日本国連学会第20回研究大会 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • 主要先進国における海外援助の制度と動向に関する調査
    2007 - 2008
  • 北東アジアの軍縮と安全保障
    1999 -
  • Disarmament and Security in Northeast Asia
    1999 -
学歴 (4件):
  • - 1992 国際基督教大学 国際法
  • - 1992 国際基督教大学
  • - 1985 国際基督教大学 社会科学科
  • - 1985 国際基督教大学
学位 (1件):
  • 修士(行政学) (国際基督教大学)
経歴 (21件):
  • 2012/04 - 現在 長崎大学 核兵器廃絶研究センター 教授
  • 1996 - 2001 北陸学院短期大学助教授
  • 1996 - 2001 Hokurikugakuin Junior College,
  • 2001 - - 宮崎公立大学人文学部国際文化学科助教授
  • 2001 - - Miyazaki Municipal University,
全件表示
委員歴 (15件):
  • 2010/04 - 現在 日本国際連合学会 理事会
  • 2010/04 - 2019/03 日本軍縮学会 編集委員
  • 2012/09 - 2014/08 長崎市原爆資料館 運営委員会
  • 2010/04 - 2012/03 みやぎん経済研究所客員研究員
  • 2009/04 - 2012/03 宮崎大学 .国立大学法人宮崎大学研究公正委員会外部委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2002 - 「21世紀への提言」懸賞論文入賞
  • 2002 - 'Opinion for the 21st Century' Award
  • 2000/05 - 衆議院憲法調査会 「憲法調査会に望むもの」論文の優秀賞 憲法調査会に望むもの
所属学会 (8件):
Hawaiian Historical Society ,  日本軍縮学会 ,  日本国連学会 ,  国際経済法学会 ,  国際人権法学会 ,  世界法学会 ,  国際法学会 ,  Society for International Development
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る