研究者
J-GLOBAL ID:200901054009230433   更新日: 2021年05月29日

久保田 美子

クボタ ヨシコ | Kubota Yoshiko
所属機関・部署:
職名: 教授(任期付)
ホームページURL (1件): http://www.jpf.go.jp
研究分野 (3件): 教育学 ,  外国語教育 ,  日本語教育
研究キーワード (9件): 教師論 ,  日本語教育 ,  ビリーフ ,  日本語教授法 ,  第二言語習得理論 ,  Second Language Acquisition ,  language education ,  beliefs ,  Japanese study
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2021 海外の日本語学習者と日本語教師のビリーフに関する調査票の新たな開発とその検証
論文 (22件):
  • 久保田 美子. 非母語話者日本語教師のビリーフの変化と成長過程 : 縦断的インタビュー調査の結果から (特集 日本語教師養成・研修の新しい役割と可能性 : 多様な教育現場,学習者に対応する教師). 日本語教育 = Journal of Japanese language teaching. 2019. 172. 73-87
  • 久保田 美子. ノンネイティブ日本語教師のビリーフと学習経験 : 2004・2005年度と2014・2015年度の量的調査結果の比較. 国際交流基金日本語教育紀要. 2017. 13. 7-22
  • ナヨアン フランキー R., 横山 紀子, 磯村 一弘, 宇佐美 洋, 久保田 美子. インドネシア語話者による日本語の長短母音の習得に関する調査 : 聞き取り・読み上げ発話・自然発話のデータから. 音声研究. 2012. 16. 2. 28-39
  • 久保田 美子, 阿部 洋子, 横山 紀子. 国際交流基金レポート(19)日本語運用力の特徴と学習経験、ビリーフとの関係--ベトナム、オーストラリアのノンネイティブ日本語教師の場合. 日本語学. 2011. 30. 7. 66-77
  • 久保田 美子. 教師のビリーフの要因 (第19回小出記念日本語教育研究会) -- (講演・全体討議 教師の意識改革--今日からできる自己研修). 小出記念日本語教育研究会論文集. 2011. 19. 132-141
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 明海大学大学院(博士課程) 応用言語学専攻
  • 1991 - 1993 お茶の水女子大学大学院(修士課程) 日本言語文化専攻
  • 1977 - 1981 愛知県立大学 英米学科
経歴 (6件):
  • 2020/04 - 現在 早稲田大学 日本語教育研究センター 教授(任期付)
  • 2016/04 - 2020/03 目白大学 外国語学部 日本語・日本語教育学科 教授
  • 2004/10 - 2016/03 政策研究大学院大学 連携教授
  • 2002/08 - 2016/03 国際交流基金日本語国際センター 日本語教育専門員
  • 2000/08 - 2002/08 国際交流基金ドイツ・ケルン日本文化会館 日本語講座主任・日本語教育アドバイザー
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る