研究者
J-GLOBAL ID:200901054444530236   更新日: 2022年06月29日

北村 昌史

キタムラ マサフミ | Kitamura Masafumi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://yakitori.lit.osaka-cu.ac.jp/user/seiyoshi/kyoin/kitamura/
研究分野 (1件): ヨーロッパ史、アメリカ史
研究キーワード (5件): ベルリン社会史 ブルーノ・タウト 文化の国際交流史 ,  近現代ヨーロッパ社会史 ,  Architectual history ,  German history ,  European history
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2007 - ヴァイマル共和国における住宅改革
  • 2003 - 近現代ヨーロッパにおける住宅改革の比較史
  • Housing Problem in 19th Century Europa, AComparative Perspective
  • The Movement for Housing Reform in 19th Century Germany
  • German Social History in the 19th Century
論文 (29件):
  • 北村昌史. 三月革命後ベルリンにおける住宅改革と市民社会--ベルリン公益的建築協会と労働諸階級福祉中央協会. 西洋史学. 2019. 267. 16-35
  • 北村昌史. ブルーノ・タウトのジードルングと大阪市立大学のモダニズム建築群(特集:建築から歴史を語る--ドイツ現代史学会第41回シンポジウム). ゲシヒテ. 2019. 12. 52-62
  • 北村昌史. 建築から歴史を語る--趣旨説明(特集:建築から歴史を語る--ドイツ現代史学会第41回シンポジウム). ゲシヒテ. 2019. 12. 45-51
  • 北村昌史. トルコ共和国におけるブルーノ・タウト. フェネストラ 京大西洋史学報. 2018. 2. 6-11
  • 北村昌史. 嫌われた住宅地の社会史--ブルーノ・タウト設計「森のジードルング」. 大場茂明・大黒俊二・草生久嗣編『文化接触のコンテクストとコンフリクト--EU諸地域における環境・生活圏・都市』清文堂. 2018. 169-199
もっと見る
MISC (1件):
  • Masafumi KITAMURA. Trends in Research on Bruno Taut: Bruno Taut as a Transcultural Architect and Theorist. UrbanScope. 2020. 11. 1-18
書籍 (4件):
  • はじめて学ぶドイツの歴史と文化
    ミネルヴァ書房 2020
  • 大学で学ぶ西洋史 2 近現代
    ミネルヴァ書房 2011
  • 「ドイツ住宅改革運動 19世紀の都市化と市民社会』
    京都大学学術出版会 2007 ISBN:487698719X
  • ベルリン : 「記憶の場所」を辿る旅
    昭和堂 2006 ISBN:4812206014
学歴 (4件):
  • - 1992 京都大学
  • - 1992 京都大学
  • - 1992 京都大学
  • - 1986 京都大学 史学科西洋史学専攻
学位 (2件):
  • 博士(文学) (京都大学)
  • 修士(文学) (京都大学)
経歴 (13件):
  • 2011/04/01 - 現在 大阪市立大学 文学研究科 教授
  • 2011/04 - 現在 大阪市立大学 大学院文学研究科 教授
  • 2008/10 - 2011/03 大阪市立大学 准教授
  • 1994 - 2008 新潟大学教育学部
  • 1995 - 1998 Associate Professor, Faculty of Education,
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2012/05/15 - 現在 ドイツ現代史研究会 機関紙『ゲシヒテ』編集委員
  • 2009/03 - 現在 日本西洋史学会 『西洋史学』編集委員
  • 2008/04/01 - 現在 日本西洋史学会 『西洋史学』編集委員
  • 2006 - 現在 The society of histrical research Delegate
  • 2006 - 現在 史学研究会 評議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2008 - 東京市政調査会藤田賞
所属学会 (4件):
社会経済史学会 ,  日本西洋史学会 ,  史学研究会 ,  ドイツ現代史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る