研究者
J-GLOBAL ID:200901054461861637   更新日: 2020年06月05日

南 和彦

Minami Kazuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.math.nagoya-u.ac.jp/~minami/
研究キーワード (3件): 可解格子模型 ,  数理物理学 ,  統計力学
論文 (26件):
  • Kazuhiko Minami. Honeycomb lattice Kitaev model with Wen-Toric-code interactions, and anyon excitations. Nuclear Phys. B 939. 2019. 465-484
  • Kazuhiko Minami. Infinite number of solvable spin chains, with cluster state, and with central charge c=m/2. Nuclear Phys. 2017. B 925. 144-160
  • Kazuhiko Minami. Solvable Hamiltonians and fermionization transformations obtained from operators satisfying specific commutation relations. J.Phys.Soc.Jpn. 2016. 85. 024003
  • Kazuhiko Minami. Equivalence between the two-dimensional Ising model and the quantum XY chain with randomness and with open boundary. Europhys.Lett. 2014. 108. 30001
  • Kazuhiko Minami. Exact transverse susceptibility of one-dimensional random bond Ising model with alternating spin. J.Phys.A:Math.Theor. 2013. 46. 505005
もっと見る
書籍 (3件):
  • 格子模型の数理物理
    サイエンス社 2014
  • 微分積分講義
    裳華房 2010
  • Coherent-Anomary Method-Mean Field, Fluctuations and Systematics(共著)
    World Scietntific 1995
講演・口頭発表等 (5件):
  • New fermionization method using only commutation relations
    (Physics and Mathematics of Discrete Geometries 2018)
  • Ising 型相互作用をする系の量子ゆらぎ
    (九州大学理学部物理学科談話会 2013)
  • 可解格子模型の等価な系列と細胞選別の数理モデル
    (第23回 京都駅前セミナー 〜非線形現象の数理を考える〜 2010)
  • 可解模型、特に six-vertex 模型におけるフラクタル構造と、確率過程との関連
    (東京無限可積分系セミナー 2006)
  • The free energies of six-vertex models and the fractal dimension
    (Second International Conference of Applied Mathematics - SICAM'2005 2005)
経歴 (2件):
  • 2007/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 高次位相 准教授
  • 2007/03/31 - 名古屋大学 大学院多元数理科学研究科 助教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る