研究者
J-GLOBAL ID:200901054547079796   更新日: 2020年09月25日

伊香賀 俊治

イカガ トシハル | Toshiharu Ikaga
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.ikaga.sd.keio.ac.jphttp://www.ikaga.sd.keio.ac.jp
研究分野 (1件): 建築環境、建築設備
研究キーワード (5件): 公衆衛生学 ,  産業連関分析 ,  建築設備工学 ,  建築環境工学 ,  ライフサイクルアセスメント
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2022 住環境が脳・循環器・呼吸器・運動器に及ぼす影響実測と疾病・介護予防便益評価(文科省科研費基盤S、課題番号17H06151、研究代表者)
  • 2016 - 2019 脳情報クラウド(科学技術振興機構JST、革新的研究開発推進プログラムImPACT、研究開発責任者:伊香賀俊治)
  • 2014 - 2017 住環境が睡眠・血圧・活動量に与える影響に関する大規模実測調査
  • 2014 - 2017 住環境が睡眠・血圧・活動量に与える影響に関する大規模実測調査(文科省科研費基盤A、課題番号26249083、研究代表者)
  • 2012 - 2015 健康長寿を実現する住まいとコミュニティの創造(科学技術振興機構JST、戦略的創造研究推進事業、研究代表者)
全件表示
論文 (147件):
  • Terashima K, Sato H, Ikaga T. Development of an environmentally friendly PV/T solar panel. Solar Energy. 2020. 199. 510-520
  • Yamasaki J, Ikaga T, Itsubo N. Annual Nationwide Environmental Impact Assessment of Japanese Municipalities by Type of Business within the Endpoint-type LCIA Method "lIME2". IOP Conference Series: Earth and Environmental Science. 2020. 410. 1
  • Ono M, Ikaga T, Nakajima Y, Hoshi T. Perceived indoor temperature and change in nursing care level in community-dwelling elderly: A field survey on the effect of winter indoor thermal environment on care requirements: Part 3. Journal of Environmental Engineering (Japan). 2020. 85. 769. 197-204
  • Yamasaki J, Ikaga T, Itsubo N. A new proposal for environmental accounting of Japanese municipality with the framework of endpoint-type lcia method "lime2": Calculation of environmental conservation effects in yokohama city from 2000 to 2015. Journal of Environmental Engineering (Japan). 2020. 85. 769. 225-235
  • Watanabe H, Fukunaga K, Ikaga T, Mitsukura Y. Analysis of the Influence of Lung Function Decline on Brain Function using Brain Healthcare Quotient. IECON Proceedings (Industrial Electronics Conference). 2019. 2019-October. 5353-5357
もっと見る
MISC (83件):
  • 山崎 潤也, 伊香賀 俊治, 伊坪 徳宏. 国際対応型LCIA手法LIME3の枠組みに基づく世界42カ国の行政区域の年間環境影響評価. 日本建築学会環境系論文集. 2020. 85. 767. 67-77
  • 山崎 潤也, 伊香賀 俊治, 伊坪 徳宏. 被害算定型LCIA手法LIME2の枠組みに基づく全国市区町村の年間環境影響評価. 日本建築学会環境系論文集. 2019. 764. 955-965
  • 伊香賀 俊治. すまいと熱中症. 公衆衛生. 2015. 79. 6. 397-400
  • 伊香賀 俊治. 特集:スマートウェルネス、 住まいの熱環境と健康増進政策. 熱と環境. 2015. 24. 2-11
  • 伊香賀 俊治. 特集:どこをめざすのか 日本の省エネ住宅、 届かないレベルの健康改善とスマートウェルネス. 建築技術. 2015. 780. 76-79
もっと見る
特許 (2件):
  • 加圧空間に於ける排水・通気設備
  • 互いに隣接する高圧の内圧系統と低圧の外圧系統の排水槽の構造
書籍 (55件):
  • 住環境と"健康日本21(第二次)"
    医歯薬出版 2019
  • 救急医学6月号 特集 熱中症と闘う「屋内で発生する熱中症」
    へるす出版 2019
  • 窓の健康学3、窓学アーカイブ vol. 3 (2014-2016)
    YKK AP株式会社 窓研究所 2018
  • 窓と建築をめぐる50のはなし
    エクスナレッジ 2017 ISBN:9784767823829
  • すこやかに住まう、すこやかに生きる ゆすはら健康長寿の里づくりプロジェクト
    慶應義塾大学出版会株式会社 2017 ISBN:9784766423303
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1983 - 早稲田大学 建設工学専攻
  • 1981 - 早稲田大学 建築学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • PhD, Engineering (The University of Tokyo)
経歴 (18件):
  • 2010/04/01 - 現在 早稲田大学 理工学術院 非常勤講師
  • 2008/10 - 現在 日本学術会議 連携会員
  • 2007/04/01 - 現在 東北大学大学院 工学部 非常勤講師
  • 2006/01/01 - 現在 慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 教授
  • 2000/05/01 - 現在 東京大学 生産技術研究所 研究員
全件表示
委員歴 (10,000件):
  • 2017/10/20 - 現在 環境省:(株)ダイナックス受託:平成29年度エコアクション21 建設業者向けガイドライン改訂作業部会 委員
  • 2017/10/20 - 現在 環境省:(株)ダイナックス受託:平成29年度エコアクション21 建設業者向けガイドライン改訂作業部会 委員
  • 2017/10/20 - 現在 環境省:(株)ダイナックス受託:平成29年度エコアクション21 建設業者向けガイドライン改訂作業部会 委員
  • 2017/10/20 - 現在 環境省:(株)ダイナックス受託:平成29年度エコアクション21 建設業者向けガイドライン改訂作業部会 委員
  • 2017/10/20 - 現在 環境省:(株)ダイナックス受託:平成29年度エコアクション21 建設業者向けガイドライン改訂作業部会 委員