研究者
J-GLOBAL ID:200901054699499570   更新日: 2020年05月31日

代田 浩之

Daida Hiroyuki
研究分野 (2件): 循環器内科学 ,  循環器内科学
研究キーワード (13件): 血管内超音波 ,  急性心筋梗塞 ,  包括的心臓リハビリテーション ,  冠動脈プラーク ,  包括的リハビリテーション ,  血管リモデリング ,  急性冠症候群 ,  バイパス手術 ,  冠動脈疾患 ,  長期予後 ,  データベース ,  冠インターベンション ,  循環器内科学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 進行中の研究課題・終了した研究課題の一覧
論文 (194件):
  • Wada Hideki, Dohi Tomotaka, Miyauchi Katsumi, Endo Hirohisa, Tsuboi Shuta, Ogita Manabu, Kasai Takatoshi, Okazaki Shinya, Isoda Kikuo, Suwa Satoru, Daida Hiroyuki. Combined effect of nutritional status on long-term outcomes in patients with coronary artery disease undergoing percutaneous coronary intervention. HEART AND VESSELS. 2018. 33. 12. 1445-1452
  • Isoda Kikuo, Akita Koji, Kitamura Kenichi, Sato-Okabayashi Yayoi, Kadoguchi Tomoyasu, Isobe Sarasa, Ohtomo Fumie, Sano Motoaki, Shimada Kazunori, Iwakura Yoichiro, Daida Hiroyuki. Inhibition of interleukin-1 suppresses angiotensin II-induced aortic inflammation and aneurysm formation. INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY. 2018. 270. 221-227
  • Sugita Yurina, Miyazaki Tetsuro, Shimada Kazunori, Shimizu Megumi, Kunimoto Mitsuhiro, Ouchi Shohei, Aikawa Tatsuro, Kadoguchi Tomoyasu, Kawaguchi Yuko, Shiozawa Tomoyuki, Takasu Kiyoshi, Hiki Masaru, Takahashi Shuhei, Sumiyoshi Katsuhiko, Iwata Hiroshi, Daida Hiroyuki. Correlation of Nutritional Indices on Admission to the Coronary Intensive Care Unit with the Development of Delirium. NUTRIENTS. 2018. 10. 11
  • Wada Hideki, Dohi Tomotaka, Kasai Takatoshi, Yatsu Shoichiro, Naito Ryo, Kato Yoshiteru, Okai Iwao, Iwata Hiroshi, Isoda Kikuo, Okazaki Shinya, Miyauchi Katsumi, Daida Hiroyuki. Culprit Plaque Characteristics in Patients With Sleep-Disordered Breathing Undergoing Percutaneous Coronary Intervention: An Intravascular Ultrasound Study. JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION. 2018. 7. 19
  • Matsumoto H, Kasai T, Suda S, Ishiwata S, Shoichiro Y, Jun S, Murata A, Kato T, Hiki M, Daida H. Alteration of the severity and pattern of sleep disordered breathing following cardiac resynchronization therapy. JOURNAL OF SLEEP RESEARCH. 2018. 27
もっと見る
MISC (1,517件):
  • 寺本 民生, 代田 浩之, 山下 静也. 【動脈硬化の早期診断法と予防対策-健康寿命延伸をめざして】 動脈硬化診療の新展開. カレントテラピー. 2018. 36. 11. 1132-1141
  • 小田切 史徳, 中里 祐二, 秋山 泰利, 島野 寛也, 高野 梨絵, 木村 友紀, 塩澤 知之, 田渕 晴名, 林 英守, 関田 学, 戸叶 隆司, 住吉 正孝, 代田 浩之. 皮下植込み型除細動器(S-ICD)の初期使用経験. 心電図. 2018. 38. 3. 165-175
  • 高橋 哲也, 藤原 俊之, 横山 美帆, 島田 和典, 代田 浩之. 呼吸リハと心臓リハのコラボレーション(お互いの長短所から学ぶ) 心臓リハビリテーションと呼吸リハビリテーションの類似点と相違点. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌. 2018. 28. Suppl. 97s-97s
  • 福島 理文, 代田 浩之. 【虚血性心疾患診療の現在と未来 更なる予後改善を目指す実地診療】 LDL-Cはいくつにコントロールすべきか. Medical Practice. 2018. 35. 9. 1413-1415
  • 清水 めぐみ, 葛西 隆敏, 谷津 翔一朗, 村田 梓, 松本 紘毅, 設楽 準, 加藤 隆生, 須田 翔子, 比企 優, 島田 和典, 住吉 正孝, 代田 浩之. 冠動脈疾患患者において尿酸は早朝に高値を示し、XOR活性や酸化ストレスマーカーは夜間の低酸素血症と関連する. 日本心臓病学会学術集会抄録. 2018. 66回. O-037
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (10件):
  • 心臓 2018年 1 月号 [雑誌]
    日本医学出版 2018
  • 循環器疾患 治療過程で遭遇する諸問題の解決法
    日本医事新報社 2014 ISBN:4784942882
  • 視診・触診でわかる内科疾患の診かた
    金原出版 2010 ISBN:4307101545
  • 月刊糖尿病 Vol.2 No.8(2010 特集:糖尿病に合併する冠動脈疾患に対する治療戦略
    医学出版 2010 ISBN:4287820142
  • メタボリックシンドロームと循環器合併症
    中外医学社 2007 ISBN:4498123204
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1954 順天堂大学 医学部 医学科
所属学会 (12件):
国際心臓研究学会 ,  日本心電学会 ,  日本心血管画像動態学会 ,  日本冠疾患学会 ,  日本心臓リハビリテーション学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本心臓血管インターべンション学会 ,  日本疫学学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  日本心臓病学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る