研究者
J-GLOBAL ID:200901054699499570   更新日: 2024年07月05日

代田 浩之

Daida Hiroyuki
研究分野 (1件): 循環器内科学
研究キーワード (15件): 動脈硬化 ,  血管内超音波 ,  急性心筋梗塞 ,  包括的心臓リハビリテーション ,  冠動脈プラーク ,  包括的リハビリテーション ,  血管リモデリング ,  急性冠症候群 ,  バイパス手術 ,  冠動脈疾患 ,  長期予後 ,  データベース ,  冠インターベンション ,  循環器内科学 ,  Cardiology
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2021 - 2024 人工知能による心電図非同期胸部単純CT用いて心血管イベントを予測するモデルの開発
  • 2015 - 2018 包括的リハビリテーションの冠動脈粥腫親展抑制に関する研究
  • 2011 - 2016 我が国における冠動脈疾患の治療戦略の確立
  • 2012 - 2015 運動療法による粥腫の安定化作用に関する検討
  • 2009 - 2011 運動療法による冠動脈粥腫退縮に関する研究
全件表示
論文 (1,160件):
  • Masami Goto, Koji Kamagata, Christina Andica, Kaito Takabayashi, Wataru Uchida, Tsubasa Goto, Takuya Yuzawa, Yoshiro Kitamura, Taku Hatano, Nobutaka Hattori, et al. Deep Learning-based Hierarchical Brain Segmentation with Preliminary Analysis of the Repeatability and Reproducibility. Magnetic resonance in medical sciences : MRMS : an official journal of Japan Society of Magnetic Resonance in Medicine. 2024
  • Katsumi Miyauchi, Hiroshi Iwata, Yuji Nishizaki, Teruo Inoue, Atsushi Hirayama, Kazuo Kimura, Yukio Ozaki, Toyoaki Murohara, Kenji Ueshima, Yoshihiro Kuwabara, et al. Randomized Trial for Evaluation in Secondary Prevention Efficacy of Combination Therapy-Statin and Eicosapentaenoic Acid (RESPECT-EPA). Circulation. 2024
  • Nobuyuki Kagiyama, Takatoshi Kasai, Nobutaka Murata, Nobuhide Yamakawa, Yuki Tanaka, Masaru Hiki, Kenji Inoue, Akihiro Sato, Sayaki Ishiwata, Azusa Murata, et al. Feasibility of self-measurement Telemonitoring using a handheld heart sound recorder in patients with heart failure - SELPH multicenter pilot study. Journal of cardiology. 2024
  • 石綿 清樹, 葛西 隆敏, 佐藤 彰洋, 須田 翔子, 松本 紘毅, 設楽 準, 谷津 翔一朗, 栗田 梓, 清水 めぐみ, 加藤 隆生, et al. Effect of Sodium Glucose Cotransporter 2 Inhibitor on Sleep Apnea in Heart Failure Patients with Type 2 Diabetes Mellitus(タイトル和訳中). 日本循環器学会学術集会抄録集. 2024. 88回. PJ078-1
  • 土井 麻弓, 横山 美帆, 西村 潤也, 佐藤 優成, 渡辺 真衣, 安澤 佳樹, 塚本 希, 福井 澄恵, 粕谷 宏樹, 山口 有里那, et al. 回復期心臓リハビリテーションに参加した心血管疾患患者の便秘症の有症率と排便状況の特徴. 日本循環器学会学術集会抄録集. 2024. 88回. CO2-8
もっと見る
MISC (1,840件):
  • 深瀬達也, 土肥智貴, 西尾亮太, 竹内充裕, 高橋徳仁, 近田雄一, 遠藤裕久, 土井信一郎, 西山大樹, 岡井巌, et al. 経皮的冠動脈形成術が施行された患者における長期予後に関するアポリポ蛋白A1と慢性腎臓病の複合的影響. 日本動脈硬化学会総会・学術集会プログラム・抄録集(Web). 2023. 55th
  • 森本 ゆふ, 關根 美和, 池田 恵, 澤 龍一, マーセラス ニーリー, 高橋 哲也, 代田 浩之. eヘルスリテラシーに関する研究の動向 : 定義とフレームワーク-Trends in eHealth literacy research : definitions and frameworks. 日本健康教育学会誌 = Japanese journal of Health Education and Promotion / 日本健康教育学会 編. 2023. 31. 2. 46-55
  • Ryota Nishio, Dohi Tomotaka, Tatsuya Fukase, Mitsuhiro Takeuchi, Norihito Takahashi, Endo Hirohisa, Shinichiro Doi, Iwao Okai, Hiroshi Iwata, Shinya Okazaki, et al. The Estimated Appendicular Skeletal Muscle Mass Predicts Adverse Outcomes in Patients Under 65 Years With Coronary Artery Disease. CIRCULATION. 2022. 146
  • Tatsuya Fukase, Dohi Tomotaka, Shinichiro Fujimoto, Yui Nozaki, Ryota Nishio, Ayako Kudo, Mitsuhiro Takeuchi, Norihito Takahashi, Yuichi Chikata, Endo Hirohisa, et al. Relationship Between Coronary HIPs on Non-Contrast T1-WI by CMR and Vulnerable Plaque Features by NIRS-IVUS. CIRCULATION. 2022. 146
  • Tatsuya Fukase, Shinichiro Doi, Dohi Tomotaka, Ryota Nishio, Norihito Takahashi, Yuichi Chikata, Endo Hirohisa, Hiroki Nishiyama, Iwao Okai, Hiroshi Iwata, et al. Therapeutic Window of Low-Dose Prasugrel for Platelet Reactivity in the Chronic Phase of Post-Percutaneous Coronary Intervention: The Chaperon Study. CIRCULATION. 2022. 146
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (12件):
  • 心臓 2018年 1 月号 [雑誌]
    日本医学出版 2018
  • 循環器疾患 治療過程で遭遇する諸問題の解決法
    日本医事新報社 2014 ISBN:4784942882
  • 視診・触診でわかる内科疾患の診かた
    金原出版 2010 ISBN:4307101545
  • 月刊糖尿病 Vol.2 No.8(2010 特集:糖尿病に合併する冠動脈疾患に対する治療戦略
    医学出版 2010 ISBN:4287820142
  • メタボリックシンドロームと循環器合併症
    中外医学社 2007 ISBN:4498123204
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1954 順天堂大学 医学部 医学科
  • - 1954 順天堂大学
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る