研究者
J-GLOBAL ID:200901054702178801   更新日: 2020年08月25日

山崎 京美

ヤマザキ キョウミ | Yamazaki Kyomi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 考古学 ,  博物館学 ,  文化財科学
研究キーワード (4件): 動物遺体 ,  縄文文化 ,  Animal Remains ,  Jomon Culture
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2000 - 2003 縄文文化の動物と人間に関する研究
  • 2000 - 2003 Study on the Animals and Men in Jomon Culture
  • 2000 - 2002 遺跡出土魚骨の同定方法
  • 1999 - 2002 縄文時代におけるイノシシの研究
  • 1999 - 2002 Study on the Wild Boar in Jomon Period
全件表示
MISC (53件):
  • 山崎 京美. 東日本大震災で中学生が体験した「給食(スクールランチ)」について : 福島県いわき市および茨城県北茨城市で体験した中学生の証言. いわき短期大学研究紀要. 2017. 50. 153-169
  • 山崎 京美, 金子 浩昌. 千葉県市川市の須和田遺跡第6地点の古代犬について (松井章氏追悼号). 動物考古学 = Zoo-archaeology. 2016. 33. 121-125
  • 山崎 京美. 子どもの歴史や文化の初源に関する文献紹介. いわき短期大学研究紀要. 2016. 49. 85-91
  • 山崎 京美. 中世・肉食禁止時代におけるいわき地方の食犬の一例. 研究東洋 : 東日本国際大学東洋思想研究所・儒学文化研究所紀要. 2016. 6. 140-148
  • 山崎 京美, 高橋 正志. 走査型電子顕微鏡による先史イノシシ属の歯石の観察. いわき短期大学研究紀要. 2015. 48. 1-15
もっと見る
書籍 (1件):
  • 硬骨魚類の顎と歯
    アート&サイエンス工房Talai 2008 ISBN:4904467019
Works (12件):
  • 縄文時代イノシシの形態と系統に関する共同研究
    2000 - 2002
  • Joint Research on Morphology and Taxa of Wild Boar in Jomon Period
    2000 - 2002
  • 先史遺跡出土イノシシの形態に関する共同研究
    2000 - 2001
  • Joint Research on Morphology of Wild Boar from Prehistosites
    2000 - 2001
  • 遺跡出土の動物遺存体データベースに関する基礎的研究
    1995 - 1997
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1985 國學院大學 日本史学(考古学)
  • - 1985 國學院大學
  • - 1980 國學院大學 史学科
  • - 1980 國學院大學
学位 (1件):
  • 文学修士 (國學院大學)
経歴 (9件):
  • 1993 - 2001 いわき短期大学助教授
  • 1993 - 2001 いわき短期大学
  • 1996 - 2000 東日本国際大学 非常勤講師
  • 1996 - 2000 Higashi Nippon International University,
  • 1989 - 1992 いわき短期大学 講師
全件表示
所属学会 (5件):
日本古病理学研究会 ,  日本第四紀学会 ,  考古動物学国際会議(International Council for Archaeozoology) ,  日本人類学会 ,  日本考古学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る