研究者
J-GLOBAL ID:200901054854159330   更新日: 2020年10月11日

山口 太一

ヤマグチ タイチ | Yamaguchi Taichi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): https://www.facebook.com/Taichi.Yamaguchi.Lab/http://sports.geocities.jp/stret_ai_ching19/member/yamaguchi.html
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (3件): スポーツ栄養 ,  ストレッチング ,  トレーニング
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2021 レジスタンストレーニング前にストレッチングは必要か?
  • 2018 - 2019 運動後のアイスクリーム摂取が持久力の回復に及ぼす影響
  • 2016 - 2017 アイスクリーム摂取は運動後の回復食となり得るか?
  • 2014 - 2017 持久走パフォーマンス向上のための適切なダイナミックストレッチングプロトコルの確立
  • 2015 - 酪農学園スポーツアイスの開発および商品化に向けた基礎的研究
全件表示
論文 (28件):
  • Taichi YAMAGUCHI, Kazuki TAKIZAWA, Keisuke SHIBATA, Nobuyasu TOMABECHI, Mina SAMUKAWA, Masanori YAMANAKA. Acute effect of dynamic stretching or running on endurance running performance in well-trained male runners. Gazz Med Ital - Arch Sci Med. 2020. 179. 1-2. 13-19
  • 山口太一, 東郷将成, 保科圭汰, 佐藤未来, 八田早那子, 佐々木将太, 瀧澤一騎. 運動当日の栄養摂取が持久性パフォーマンスに及ぼす影響-摂取エネルギーに占める脂質エネルギー比の高い食事と糖質エネルギー比の高い食事を比較した研究のシステマティック・レビュー. 日本スポーツ栄養研究誌. 2020. 13. 16-24
  • 東郷 将成, 山口 太一, 瀧澤 一騎, 保科 圭汰, 佐藤 未来, 八田 早那子, 藤江 衣織, 木村 宣哉, 竹田 保之, 山口 昭弘, et al. 高強度間欠的運動後におけるブドウ糖で作製したアイスクリームの摂取が男性競技者のインスリン分泌に与える影響. 日本スポーツ栄養研究誌 = Japanese journal of sports nutrition. 2020. 13. 52-62
  • 佐藤未来, 山口太一, 東郷将成, 保科圭汰, 八田早那子, 藤江衣織, 瀧澤一騎, 神林勲. 月経周期が漸増多段階運動負荷試験に伴う脂質酸化量および全身持久力に与える影響. 北海道体育学研究. 2019. 54. 73-79
  • YAMAGUCHI Taichi, TAKIZAWA Kazuki, SHIBATA Keisuke, TOMABECHI Nobuyasu, SAMUKAWA Mina, YAMANAKA Masanori. Effect of general warm-up plus dynamic stretching on endurance running performance in well-trained male runners. Research Quarterly for Exercise and Sport. 2019. 90. 4. 527-533
もっと見る
MISC (19件):
書籍 (3件):
  • スポーツでのばす健康寿命 科学で解き明かす運動と栄養の効果
    東京大学出版会 2019
  • スポーツトレーニングの常識を超えろ!
    大修館書店 2019 ISBN:4469268593
  • もっとなっとく使えるスポーツサイエンス
    講談社サイエンティフィク 2017
講演・口頭発表等 (33件):
  • 陸上競技長距離選手のトレーニング量・強度をランニングポイントで評価する
    (北海道体育学会第59回大会 2019)
  • 高温環境下における高強度運動後のシェイク摂取がインスリン分泌,体温および エネルギー基質利用に及ぼす影響~シェイクはリカバリー食になるか?
    (北海道体育学会第59回大会 2019)
  • 朝食摂取後における運動前の糖質摂取量の相違が運動誘発性低血糖に及ぼす影響
    (北海道体育学会第59回大会 2019)
  • 週1回の筋力トレーニングを中心とした大学体育授業が筋量,筋力,瞬発的パフォーマンスに及ぼす影響
    (第74回日本体力医学会大会 2019)
  • ダイナミックストレッチングの回数の相違が持久走パフォーマンスに及ぼす急性の影響
    (第74回日本体力医学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 北海道大学 教育学専攻
  • 2001 - 2003 北海道大学 教育学専攻
  • 1997 - 2001 横浜国立大学 生涯教育課程 社会体育コース
学位 (3件):
  • 博士(教育学) (北海道大学)
  • 修士(教育学) (北海道大学)
  • 学士(教育学) (横浜国立大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類 教授
  • 2012/04 - 2020/03 酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類 准教授
  • 2011/04 - 2012/03 酪農学園大学 農食環境学群 食と健康学類 講師
  • 2006/04 - 2011/03 酪農学園大学 酪農学部 食品流通学科 講師
委員歴 (9件):
  • 2018/07 - 現在 日本スポーツ栄養学会 評議員
  • 2016/04 - 現在 日本スポーツ栄養学会 日本スポーツ栄養誌編集委員会委員
  • 2013/04 - 現在 日本トレーニング指導者協会 国際・研究委員会委員
  • 2011 - 現在 北海道体育学会 理事
  • 2010 - 現在 日本トレーニング指導者協会 北海道支部委員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2020/08 - 日本スポーツ栄養学会 奨励賞 高強度間欠的運動後におけるブドウ糖で作製したアイスクリームの摂取が男性競技者のインスリン分泌に与える影響
  • 2019/12 - 北海道体育学会 令和元年度北海道体育学会第59回大会若手研究者賞 朝食摂取後における運動前の糖質摂取量の相違が運動誘発性低血糖に及ぼす影響
  • 2019/09 - 牛乳乳製品健康科学会議 2019年度牛乳乳製品健康科学会議学術研究報告会優秀賞 運動後のアイスクリーム摂取が持久力の回復に及ぼす影響
  • 2018/12 - 北海道体育学会 平成30年度北海道体育学会第58回大会若手研究者賞 月経周期が最大脂質酸化量および最大脂質酸化量時における運動強度に与える影響
  • 2018/03 - 留萌・麦で地域をチェンジする会 RuRu Rosso パスタソースレシピコンクール優秀賞 海老とリンゴのラプソディ
全件表示
所属学会 (7件):
日本スポーツ栄養学会 ,  日本トレーニング指導者協会 ,  北海道体育学会 ,  日本体力医学会北海道地方会 ,  日本ストレングス&コンディショニング協会 ,  日本トレーニング科学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る