研究者
J-GLOBAL ID:200901054883190573   更新日: 2020年09月01日

藤井 滋穂

フジイ シゲオ | Fujii Shigeo
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 土木環境システム
研究キーワード (5件): SB06 ,  SC03 ,  SB02 ,  Wastewater Treatment ,  Water Pollution Analysis
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2009 - 2012 アジア地域における液状廃棄物の適正管理のための制約条件の類型化および代替システムの評価
  • 2008 - 2012 環境マネジメント人材育成国際拠点
  • 2008 - 2011 ペルフルオロ化合物の都市環境域内での動態解析とヒトへのリスク低減シナリオ提案
  • 流域の水質・水量管理に関する研究
  • フッ素系POPsの水環境中での挙動と制御に関する研究
全件表示
論文 (280件):
  • Gugi Yogaswara, Shigeo Fujii, Hidenori Harada, Seyha Doeurn, Nguyen Pham Hong Lien, Nora H, Pandjaitan, Satyanto, Krido Saptomo. Comparative Study on Water Use Behavior in Rural Southeast Asian Countries: Case Study in Vietnam and Indonesia. 環境衛生工学研究. 2020. 34. 3. 55-57
  • Min Li Chua, Hidenori Harada, Mayu Tsurumi, Shigeo Fujii, Imasiku Nyambe, Meki Chirwa, Taro Yamauchi. Fecal transmission via flies in a Zambian peri urban community. 環境衛生工学研究. 2020. 34. 3. 52-54
  • 近藤泰仁, 田中周平, 雪岡聖, 石丸佑樹, 岡本萌巴美, 嶋谷宗太, 藤井滋穂, Jira Kongpran, 高田秀重. タイ南部の珊瑚礁に広がる10μm以上のマイクロプラスチックの汚染実態. 環境衛生工学研究. 2020. 34. 3. 49-51
  • 芳野浩志, 田中周平, 藤井滋穂, 雪岡聖, 北地優太, 寺岡秋津, 濵島健太朗, Tran Van Quang, Sangeeta Singh. 後発開発途上国と新興国の水利用目的別のペルおよびポリフルオロアルキル物質(PFASs)の排出原単位の比較. 環境衛生工学研究. 2020. 34. 3. 31-33
  • 雪岡聖, 田中周平, 藤井滋穂, 越後信哉, 鈴木裕識. イオンモビリティ質量分析によるペルおよびポリフルオロアルキル物質(PFASs)のスクリーニング分析法の開発. 環境衛生工学研究. 2020. 34. 3. 28-30
もっと見る
MISC (534件):
  • 嶋谷宗太, 田中周平, 雪岡 聖, 藤井滋穂, 高田秀重. 1 人 1 日分の洗濯物量から排出される繊維状マイクロプラスチックの排出特性に関する検討. 第20回環境技術学会年次大会予稿集. 2020. 20. 51-52
  • 大島靖弘, 田中周平, 藤井滋穂, 長谷川達朗, 渡部優希, Zhang Hongwei. 特定外来生物オオバナミズキンバイ Ludwigia grandiflora の茎断片からの再生試験. 第20回環境技術学会年次大会予稿集. 2020. 20. 47-48
  • 石丸佑樹, 田中周平, 雪岡 聖, 近藤泰仁, 藤井滋穂, Jira Kongpran. タイ王国サムイ島におけるサンゴ礁周辺の粒径 10 μm 以上のマイクロプラスチックの存在実態調査. 第20回環境技術学会年次大会予稿集. 2020. 20. 45-46
  • Seyha DOEURN, Tomohiro KINOSHITA, Shigeo FUJII, Hidenori HARADA, Seingheng HUL. Water use behavior in peri-urban area in Cambodia: case study of Dangkao district Phnom Penh city. 第20回環境技術学会年次大会予稿集. 2020. 20. 13-14
  • 藤井滋穂. 巻頭言:定年退職される皆様に贈る言葉. UNIV. CO-OP教職員情報. 2020. 152. 230. 1-1
もっと見る
書籍 (20件):
  • 環境学 21世紀の教養
    朝倉書店 2014
  • Lake Biwa Guidebook
    Shiga Prefectural Government 2014
  • 京大人気講義シリーズ 地球環境学 複眼的な見方と対応力を学ぶ
    丸善出版 2014
  • 実用 水の処理・活用大事典, pp380-386, 399-403
    産業調査会 事典出版センター 2012
  • 琵琶湖ハンドブック 改訂版, pp138-139
    滋賀県琵琶湖環境部 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (182件):
  • Water and Sanitation Management in Developing Countries
    (Special Lecture at IPB 2019)
  • Mahidol 環境学教育・研究拠点 -経緯と概要、今後の展望-
    (京都大学環境衛生工学研究会シンポジウム 国際セッション 2019)
  • Comparison of water use practices at peri-urban communities in Southeast Asian countries
    (Conference on Sustainable Design and Climate Change Adaptation 2019)
  • Educational and Research Collaboration between Mahidol University and Kyoto University
    (Kyoto University Opening Symposium - On-site Laboratory at Mahidol University on Environmental Studies 2019)
  • Achievement of the Innovator Project
    (Collaborative Research & Education Symposium on Japan-China Environmental Technology 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 新世紀重点研究創生プラン -リサーチレボリューション・2002(RR2002)-
    2003 - 2006
  • 富栄養化水域の底泥の役割について「琵琶湖研究所プロジェクト」
    1983 -
  • 自然環境における浄化機能の定量的評価手法の開発に関する研究
  • 小流域における量・質から見た水の再配置に関する研究
  • 河川浄化機能の強化手法の検討
学歴 (4件):
  • - 1980 京都大学 衛生工学
  • - 1980 京都大学
  • - 1978 京都大学 衛生工学科
  • - 1978 京都大学
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (10件):
  • 1998 - 2001 京都大学助教授
  • 1998 - 2001 京都大学
  • 2001 - - 京都大学教授
  • 2001 - - Kyoto University, Prof.
  • 1993 - 1998 立命館大学助教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • H11-H16 日本水環境学会委員
  • H13-H18 下水道協会編集委員会委員
  • H16- 環境技術協会理事
  • H19- 土木学会環境工学委員会委員
  • H20.6-H22.5 滋賀県環境審議会委員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2009 - 日本水環境学会 論文賞受賞
  • 2009 - 日本水環境学会 論文賞
  • 2007 - 第16回日本工学教育協会 業績賞
  • 2007 - 第16回日本工学教育協会 業績賞
  • 2005 - 第42回環境工学研究フォーラム 優秀ポスター発表賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本下水道協会 ,  日本陸水学会 ,  日本土木学会 ,  日本水環境学会 ,  国際水質学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る