研究者
J-GLOBAL ID:200901054888461290   更新日: 2020年10月11日

彌山 峰史

ヤヤマ タカフミ | Yayama Takafumi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 整形外科学
研究キーワード (8件): 脊柱靱帯骨化症 ,  脊椎脊髄外科学 ,  リウマチ病学 ,  リハビリテーション医学 ,  整形外科学 ,  Rheumatoid disease ,  Rehabilitation Medicine ,  Orthopaedic Surgery
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 ゲノミクス、プロテオミクス解析による脊柱靭帯骨化の骨化抑制療法の開発
  • 2015 - 2018 脊柱靭帯骨化症の骨化抑制に向けたmicroRNA標的核酸医療の開発
  • 2013 - 2015 網羅的microRNA発現プロファイリングによる脊柱靭帯骨化抑制療法の開発
  • 2010 - 2011 遺伝子導入による新しい骨化抑制療法の開発に向けた脊柱靱帯細胞の生物学的解析
  • 2005 - 脊柱靭帯骨化症に関する研究
全件表示
論文 (111件):
  • Daisuke Sugita, Hideaki Nakajima, Yasuo Kokubo, Naoto Takeura, Takafumi Yayama, Akihiko Matsumine. Cyclic tensile strain facilitates ossification of the cervical posterior longitudinal ligament via increased Indian hedgehog signaling. Scientific reports. 2020. 10. 1. 7231-7231
  • Mimura T, Mori K, Okumura N, Kumagai K, Maeda T, Kagei Y, Yayama T, Imai S. β-Angles of hips with femoroacetabular impingement versus asymptomatic normal hips in a Japanese population: A CT-based observational clinical study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2020. 25. 2. 261-266
  • Tomohiro Mimura, Kanji Mori, Noriaki Okumura, Kosuke Kumagai, Tsutomu Maeda, Takafumi Yayama, Shinji Imai. Is the ischiofemoral space value of Japanese hip joints equal to that of Western populations?. Journal of hip preservation surgery. 2019. 6. 4. 390-397
  • Kanji Mori, Takafumi Yayama, Kazuya Nishizawa, Akira Nakamura, Tomohiro Mimura, Shinji Imai. Aortic pulsation prevents the development of ossification of anterior longitudinal ligament toward the aorta in patients with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis (DISH) in Japanese: Results of chest CT-based cross-sectional study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2019. 24. 1. 30-34
  • Takafumi Yayama, Kanji Mori, Noriaki Okumura, Kazuya Nishizawa, Kosuke Kumagai, Akira Nakamura, Shinji Imai. Wnt signaling pathway correlates with ossification of the spinal ligament: A microRNA array and immunohistochemical study. Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association. 2018. 23. 1. 26-31
もっと見る
MISC (461件):
  • 彌山 峰史, 森 幹士, 斎藤 英貴, 奥村 法昭, 熊谷 康佑, 北川 誠大, 今井 晋二. 頸椎後縦靱帯骨化におけるmicroRNAの標的因子とプロテオミクス解析. 日本整形外科学会雑誌. 2019. 93. 8. S1701-S1701
  • 熊谷 康佑, 豊田 太, 前田 勉, 奥村 法昭, 谷川 仁士, 久保 充彦, 彌山 峰史, 松浦 博, 松末 吉隆, 今井 晋二. 家兎変形性関節症モデルにおける肉眼的軟骨病変形成以前の容積感受性Clイオンチャネルの役割とその分子実体の検討. 日本整形外科学会雑誌. 2019. 93. 8. S1946-S1946
  • 彌山 峰史, 森 幹士, 西澤 和也, 熊谷 康佑, 奥村 法昭, 今井 晋二. 胸椎黄色靱帯骨化症における骨化形態が硬膜骨化および病理組織像に及ぼす影響. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 特別号. 3-3
  • 彌山 峰史, 森 幹士, 奥村 法昭, 熊谷 康佑, 西澤 和也, 中村 陽, 今井 晋二. 頸椎後縦靱帯骨化おける細胞内サイトカインネットワークの発現変化. 日本整形外科学会雑誌. 2018. 92. 8. S1686-S1686
  • 熊谷 康佑, 豊田 太, 前田 勉, 奥村 法昭, 谷川 仁士, 久保 充彦, 彌山 峰史, 松浦 博, 松末 吉隆, 今井 晋二. 変形性関節症モデルにおける疾患発症因子としての容積感受性Cl-チャネルの役割とその分子実体の検討. 日本整形外科学会雑誌. 2018. 92. 8. S1830-S1830
もっと見る
書籍 (6件):
  • 骨盤外傷;仙骨骨折・仙腸関節脱臼骨折に対する後方手術, OS NOW Instruction 脊椎・骨盤の外傷 手技のコツ&トラブルシューティング
    株式会社メジカルビュー社 2007 ISBN:9784758310031
  • 胸椎外傷;胸椎後方インストゥルメンテーション ー肋横突起切除を併用する後方固定手術, OS NOW Instruction 脊椎・骨盤の外傷 手技のコツ&トラブルシューティング
    株式会社メジカルビュー社 2007 ISBN:9784758310031
  • 骨盤外傷;創外固定術, OS NOW Instruction 脊椎・骨盤の外傷 手技のコツ&トラブルシューティング
    株式会社メジカルビュー社 2007 ISBN:9784758310031
  • Spinal Cord Lesions in Spinal Hyperostotic Mouse <I>(twy/twy)</I> Simulating Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament of the Cervical Spine, OPLL:Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament
    Springer 2006
  • 先天異常・変性疾患の病態の見方と治療の考え方,21-23.MRIの見方のポイント,52-55, 整形外科Knack & Pitfalls 脊椎外科の要点と盲点:頚椎
    株式会社文光堂 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (488件):
  • 胸椎黄色靱帯骨化症における骨化形態が硬膜骨化および病理組織像に及ぼす影響
    (第56回リハビリテーション医学会学術集会 2019)
  • 脊柱靱帯骨化の骨化過程における脈管形成と免疫応答
    (第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2019)
  • 頚椎後縦靭帯骨化における細胞内サイトカインネットワークの発現変化
    (第33回日本整形外科学会基礎学術集会 2018)
  • 脊柱靱帯骨化における脈管形成とサイトカインの役割
    (第91回日本整形外科学会 学術集会 2018)
  • 脊柱靱帯骨化の骨形成過程と低酸素ストレス応答
    (第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 基盤研究(C)/ゲノミクス、プロテオミクス解析による脊柱靭帯骨化の骨化抑制療法の開発
    彌山峰史 2018 - 2021
  • 基盤研究(C)/脊柱靭帯骨化症の骨化抑制に向けたmicroRNA標的核酸医療の開発
    彌山峰史 2015 - 2018
  • 若手研究(B)/網羅的microRNA発現プロファイリングによる脊柱靱帯骨化抑制療法の開発
    彌山峰史 2013 - 2014
  • 第28回(平成22年度)財団法人整形災害外科学研究助成財団研究助成
    2011 - 2013
  • 若手研究(B)/遺伝子導入による新しい骨化抑制療法の開発に向けた脊柱靱帯細胞の生物学的解析
    2011 - 2012
学歴 (2件):
  • 2001 - 2005 福井大学大学院
  • 1993 - 1999 福井医科大学 医学科
経歴 (4件):
  • 2018/08 - 現在 滋賀医科大学 整形外科学教室 講師
  • 2017/01 - 2018/07 滋賀医科大学 整形外科学教室 助教
  • 2014/04 - 2016/12 近江八幡市立総合医療センター 整形外科 部長
  • 2013/10 - 2014/03 滋賀医科大学 整形外科学教室 助教
委員歴 (1件):
  • 日本整形外科学会 会員
受賞 (9件):
  • 2012 - The 41st Annual Meeting of the Japanese Society for Spine Surgery and Related Research 【Outstanding Poster Award】
  • 2011 - 平成22年度研究助成「大日本住友製薬奨励賞」
  • 2011 - CSRS 2011 TOP 20 POSTER PRESENTATION
  • 2010 - 第83回日本整形外科学会学術総会「優秀演題賞」
  • 2009 - 第21回日本脊椎脊髄病学会 奨励賞(大正富山Award)
全件表示
所属学会 (5件):
日本リウマチ学会 ,  日本リハビリテーション医学会 ,  日本整形外科学会 ,  日本脊髄病学会 ,  日本組織細胞化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る