研究者
J-GLOBAL ID:200901054945963949   更新日: 2021年09月05日

橋本 拓也

ハシモト タクヤ | HASHIMOTO Takuya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://w3p.phys.chs.nihon-u.ac.jp/~hashimoto
研究分野 (6件): 電子デバイス、電子機器 ,  無機・錯体化学 ,  機能物性化学 ,  磁性、超伝導、強相関系 ,  無機材料、物性 ,  基礎物理化学
研究キーワード (15件): 熱測定 ,  熱力学 ,  相転移 ,  電気物性 ,  燃料電池材料 ,  欠陥 ,  電子回折 ,  X線回折 ,  結晶構造 ,  電子構造 ,  酸素欠損 ,  超伝導 ,  無機材料・物性 ,  物理化学 ,  固体物性II
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2019 セラミックス合成プロセスの最適化による二酸化炭素吸収・貯蔵材料の開発
  • 2015 - 2018 ヘテロ接合界面によって可能となる磁化反転および強誘電性強磁性特性の室温電界制御
論文 (153件):
  • Manami Hirai, Eiki Niwa, Takuya Hashimoto. Thermodynamic and kinetics analyses of high CO2 absorption properties of Li3NaSiO4 under various CO2 partial pressures. Dalton Transactions. 2021. 50. 5301-5310
  • Fumito Fujishiro, Chinatsu Sasaoka, Masatsugu Oishi, Takuya Hashimoto, Katsumi Shozugawa, Motoyuki Matsuo. Relationship among the local structure, chemical state of Fe ions in Fe-O polyhedra, and electrical conductivity of cubic perovskite Ba1-xSrxFe0.9In0.1O3-δ. Materials Research Bulletin. 2021. 133. 111063
  • Yunosuke Matsumotoa, Takashi Okiba, Reito Iwabuchi, Shogo Shimizu, Masaki Kitadume, Hirokazu Fukunaga, Akihiro Takahashi, Takuya Hashimoto. Synthesis of Ba1-xLnxFeO3-δ and BaFe1-xLnxO3-δ (Ln: lanthanoide or Y) with cubic perovskite structure and disordered oxide ion vacancy. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2020. 128. 11. 898-905
  • Takashi Okiba, Katsumi Shozugawa, Motoyuki Matsuo, Takuya Hashimoto. Oxygen absorption and desorption behavior of Ba0.5La0.5FeO3-δ and its effect on crystal structure and electrical conduction properties. Solid State Ionics. 2020. 346. 115191
  • Mamoru Sakai, Chengkun Wang, Takashi Okiba, Haruki Soga, Takuya Hashimoto. Evaluation of stability of Pr2-xNdxNiO4-δ by thermogravimetry under various oxygen partial pressures. Journal of Thermal Analysis and Calorimetry. 2020. 142. 139-147
もっと見る
MISC (4件):
特許 (1件):
  • 良好な焼結特性を有し、高温・各種ガス中で高い電気伝導を示すLa1-x-yCaxSryCrO3材料
書籍 (5件):
  • 熱量測定・熱分析ハンドブック 第3版
    丸善株式会社 2020 ISBN:9784621305072
  • 熱分析 第4版
    講談社サイエンティフィック 2017 ISBN:9784061543966
  • サーマルマネジメントー余熱・排熱の制御と有効利用
    株式会社エヌ・ティー・エス 2013
  • 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
    S&T出版 2012
  • 「固体電気化学-実験法入門」(共著)
    講談社サイエンティフィック 2001
講演・口頭発表等 (265件):
  • BaFeO<sub>3-<i>δ</i></sub>への3価イオン部分固溶による,無秩序酸素欠損配列を持つ導電性立方晶ペロブスカイト酸化物の合成-置換サイトと配位数・イオン半径の相関
    (電気化学会第87回大会 2020)
  • Li<sub>3</sub>NaSiO<sub>4</sub>のCO<sub>2</sub>吸収・放出挙動の解析
    (電気化学会第87回大会 2020)
  • 秩序酸素欠損配列を持つ立方晶ペロブスカイト、Ba<SUB>1-<I>x</SUB>M<SUB>x</SUB></i>FeO<SUB>3-<I>δ</I></SUB>及び BaFe<SUB>1-<I>x</SUB>M<SUB>x</SUB></I>O<SUB>3-<I>δ</I></SUB>(<I>M</I>:ランタノイド,Y)の合成と電気伝導特性
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
  • 秩序酸素欠損配列を持つ立方晶ペロブスカイト、Ba<SUB>1-<I>x</SUB>M<SUB>x</SUB></i>FeO<SUB>3-<I>δ</I></SUB>及びBaFe<SUB>1-<I>x</SUB>M<SUB>x</SUB></I>O<SUB>3-<I>δ</I></SUB>(<I>M</I>:ランタノイド,Y)の合成と電気伝導特性
    (第58回セラミックス基礎科学討論会 2020)
  • Thermodynamic and kinetic analyses of CO<SUB>2</SUB> absorption/desorption property of Li<SUB>3</SUB>NaSiO<SUB>4</SUB>
    (The 7th International Symposium on the New Frontier of Thermal Studies of Materials 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 東京大学 化学エネルギー工学
  • - 1986 東京大学 工業化学
経歴 (6件):
  • 2006/04 - 現在 日本大学教授
  • 2001/04 - 2006/03 日本大学助教授
  • 1999/04 - 2001/03 日本大学専任講師
  • 1993/10 - 1999/03 東京大学助手
  • 1993/04 - 1993/09 分子科学研究所助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2016/07 - 2018/06 電気化学会 大会学術企画委員
  • 2012/10 - 2013/10 日本熱測定学会 学会誌編集委員長
受賞 (1件):
  • 2001 - 2001年電気化学会論文賞
所属学会 (4件):
応用物理学会 ,  電気化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本熱測定学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る