研究者
J-GLOBAL ID:200901054999750290   更新日: 2020年09月01日

佐藤 梓

サトウ アズサ | Sato Azusa
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://www.twmu.ac.jp/Basic/chem/index.htmlhttp://www.research.twmu.ac.jp/chem/
研究分野 (4件): 生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  有機合成化学
研究キーワード (4件): 有機フッ素化学 ,  有機合成化学 ,  化学系薬学 ,  Chemical Pharmacology
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2016 - 2016 新規トリフルオロメチル化試薬の開発と応用
  • 2015 - 2016 Development of a New Radical Trifluoromethylation
  • 2006 - 2009 γ,γ-ジアルコキシアリルジルコニウム種とその類縁体を用いた合成法の開発
  • 2007 - 2008 高血圧予防食品素材の開発
  • 2004 - 2006 ペプチドミメティクス合成を指向したフルオロオレフィンの合成法の開発と応用
全件表示
論文 (31件):
もっと見る
MISC (12件):
  • 佐藤 梓. フッ素の性質を利用したフルオロアルケン合成と応用. 化学工業. 2019. 70. 8. 575-580
  • 佐藤 梓, 辻野賢治, 加藤砂織, 田部瑶子, 上田明子, 中谷 允, 藤原吉希, 宮田麻理子, 尾崎 眞. 医学部の選択講義(医学情報学)におけるタブレット端末の活用. 情報教育. 2019. 1. 1. 44-46
  • 佐藤 梓, 矢内 光, 岡田みどり, 田口武夫. フルオロアルケニルクロム(III)種を用いた(Z)-フルオロアルケン誘導体の合成法. 東京女子医科大学総合研究所紀要. 2019. 38. 4-5
  • 佐藤 梓, 矢内 光, 岡田みどり, 中村裕子, 岡谷理恵子, 田口武夫. モノフルオロアルケニルアジドの新規な合成法の開発. 東京女子医科大学総合研究所紀要. 2018. 37. 4-5
  • 佐藤 梓, 韩 建林, 小野泰蔵, アリチャウォゾレク, ホセルイスアセニャ, ガード-フォルカーロッシェンターラー, 岡田みどり, ヴァディムソロショノク. 極安定パーフルオロアルキルラジカル(PPFR)を用いたトリフルオロメチル化反応. 東京女子医科大学総合研究所紀要. 2017. 36. 4-5
もっと見る
書籍 (3件):
  • 人間関係教育と行動科学テキストブック(第3版) -「至誠と愛」の実践学修-
    三恵社 2018 ISBN:4864878420
  • 人間関係教育と行動科学テキストブック
    三恵社 2015 ISBN:486487364X
  • 人間関係教育と行動科学テキストブック
    三恵社 2014 ISBN:4864872031
学歴 (5件):
  • 1998 - 2001 東京薬科大学大学院 薬学専攻 博士後期課程
  • - 2001 Tokyo University of Pharmacy and Life Science
  • 1996 - 1998 東京薬科大学大学院 薬学専攻 博士前期課程
  • 1992 - 1996 東京薬科大学 製薬学科
  • - 1996 Tokyo University of Pharmacy and Life Science
学位 (2件):
  • 博士(薬学)
  • (BLANK)
経歴 (5件):
  • 2019/07 - 現在 東京女子医科大学 医学部 化学 講師
  • 2007/04 - 2019/06 東京女子医科大学 医学部 化学 助教
  • 2015/08 - 2015/10 ジェイコブス大学ブレーメン(ドイツ) 客員研究員
  • 2013/10 - 2013/12 バスク大学(スペイン) 客員研究員
  • 2001/04 - 2006/03 東京女子医科大学 医学部 化学 助手
委員歴 (3件):
  • 2017/09 - 2018/06 フッ素化学の最前線とフッ素化学工業セミナー2018 実行委員会 事務局
  • 2016/10 - 2017/09 第7回フッ素化学若手の会 実行委員
  • 2016/01 - 2016/08 第6回フッ素化学若手の会 実行委員
受賞 (1件):
  • 2015/04 - 東京女子医科大学 アンドロメダ賞(吉岡守正教育賞)
所属学会 (7件):
日本情報教育学会 ,  日本医学教育学会 ,  日本フッ素化学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る