研究者
J-GLOBAL ID:200901055056685348   更新日: 2020年06月07日

古野 忠秀

フルノ タダヒデ | Furuno Tadahide
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.phar.agu.ac.jp/lab/anachembiophys/web-content/
研究分野 (2件): 薬系分析、物理化学 ,  生物物理学
研究キーワード (5件): シグナル伝達 ,  接着分子 ,  細胞間相互作用 ,  マスト細胞 ,  イメージング
競争的資金等の研究課題 (39件):
  • 2017 - 2020 蛍光・発光イメージングによる神経-免疫シナプスの分子機能解析
  • 2017 - 2020 細胞選択的エクソサイトーシス制御リポソーム製剤の開発
  • 2014 - 2017 神経刺激による膵島細胞のシグナル伝播とホルモン分泌連鎖のダイナミクス解析
  • 2013 - 2016 歯周病治療を目的とした低侵襲型高分子ナノ粒子DDS製剤の設計
  • 2013 - 2014 神経-膵島細胞相互作用におけるホルモン分泌制御機構の研究
全件表示
論文 (30件):
  • Shiki A, Inoh Y, Yokawa S, Furuno T. Inhibition of degranulation in mast cells attached to a hydrogel through defective microtubule tracts. Experimental cell research. 2019. 381. 2. 248-255
  • Suzuki R, Inoh Y, Yokawa S, Suzuki R, Furuno T, Hirashima N. Monomer hapten and hapten-specific IgG inhibit mast cell activation evoked by multivalent hapten with different mechanisms. European journal of immunology. 2019
  • Shiki A, Inoh Y, Yokawa S, Furuno T. Promotion of microtubule acetylation plays an important role in degranulation of antigen-activated mast cells. Inflammation research : official journal of the European Histamine Research Society ... [et al.]. 2019. 68. 3. 181-184
  • Kanki H, Sasaki T, Matsumura S, Yokawa S, Yukami T, Shimamura M, Sakaguchi M, Furuno T, Suzuki T, Mochizuki H. β-arrestin-2 in PAR-1-biased signaling has a crucial role in endothelial function via PDGF-β in stroke. Cell death & disease. 2019. 10. 2. 100
  • Watabe K, Yokawa S, Inoh Y, Suzuki T, Furuno T. Decreased intracellular granule movement and glucagon secretion in pancreatic α cells attached to superior cervical ganglion neurites. Molecular and cellular biochemistry. 2018. 446. 1-2. 83-89
もっと見る
MISC (11件):
  • 中西 守, 古野 忠秀. 肥満細胞と感覚神経の接着におけるCADM1とネクチン-3の関与. 生体の科学. 2013. 64. 3. 216-219
  • 竹川 まり恵, 古野 忠秀, 中西 守. マスト細胞のミトコンドリア内カルシウムイオン動態とその役割. 愛知学院大学薬学会誌. 2009. 2. 27-30
  • 古野 忠秀, 中西 守. 細胞内シグナル分子の可視化解析. 生物物理. 2003. 43. 5. 218-222
  • 古野 忠秀. 抗炎症薬開発に有効か?感覚神経による炎症反応誘導機構. ファルマシア. 2000. 36. 10. 887-888
  • 中西 守, 古野 忠秀. 花粉症とアレルギー反応 -分子レベルでの解明-. 薬局. 1998. 49. 2. 455-460
もっと見る
書籍 (10件):
  • コンパス分析化学(改訂第2版)
    南江堂 2017
  • 薬学生のための基礎シリーズ7 基礎化学
    培風館 2014
  • Embryonic stem cells
    InTech 2011
  • 薬品分析科学の最前線
    じほう 2009
  • 生物物理学ハンドブック
    朝倉書店 2007
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1991 - 1993 名古屋市立大学 大学院薬学研究科 博士前期課程
  • 1987 - 1991 名古屋市立大学 薬学部 薬学科
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (名古屋市立大学)
  • 博士(薬学) (名古屋市立大学)
経歴 (6件):
  • 2015/04 - 現在 愛知学院大学 教授
  • 2007/04 - 2015/03 愛知学院大学 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 愛知学院大学 助教授
  • 2001/04 - 2005/03 名古屋市立大学 講師
  • 1997/06 - 2001/03 名古屋市立大学 講師
全件表示
受賞 (2件):
  • 2005/03 - 日本薬学会奨励賞
  • 1999/11 - 日本バイオイメージング学会奨励賞
所属学会 (7件):
日本生物物理学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬学会 ,  米国生物物理学会 ,  米国細胞生物学会 ,  日本分析化学会 ,  日本バイオイメージング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る