研究者
J-GLOBAL ID:200901055306904156   更新日: 2020年10月16日

石渡 俊行

イシワタ トシユキ | Ishiwata Toshiyuki
所属機関・部署:
職名: 研究部長
ホームページURL (2件): https://ttaggg-rtgp.org/http://www.tmig.or.jp/eresearch/a21.html
研究分野 (5件): 消化器外科学 ,  消化器内科学 ,  実験病理学 ,  人体病理学 ,  分子生物学
研究キーワード (38件): 癌幹細胞 ,  上皮間葉転換 ,  FGF-7 ,  pancreatitis ,  膵臓癌 ,  FGF-10 ,  線維芽細胞増殖因子 ,  nestin ,  膵再生 ,  糖鎖 ,  Western blot analysis ,  KFGR ,  Keratinocyte growth factor ,  fibroblast growth factor (FGF)-10 ,  Keratinocyte growth factor receptor ,  KGFR ,  fibroblast growth factor ,  慢性膵炎 ,  pancreatic regeneration ,  Immunohistochemistry ,  細胞増殖 ,  lumican ,  small-leucine-rich proteoglycan ,  progenitor cell ,  転写因子 ,  pancreatic cancer ,  骨髄幹細胞 ,  VEGF ,  再生医療 ,  AR42J ,  細胞外基質 ,  細胞増殖因子受容体 ,  細胞増殖因子 ,  消化器癌 ,  Digestive organs internal medicine ,  Molecular biology ,  Human Pathology ,  Experimental Pathology
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2019 - 2022 膵癌の癌幹細胞特異的糖鎖による早期診断法と新規治療法の開発
  • 2016 - 2019 幹細胞における老化機序解明と組織再生へ向けた試み
  • 2016 - 2019 新たな膵癌分子標的のFGFR-4に対する個別化治療の研究
  • 2014 - 2017 膵癌におけるStat5の生物学的役割とそのシグナル伝達経路について
  • 2014 - 2017 長鎖非コードRNA H19の膵癌における作用機序の解明と、標的治療に向けた研究
全件表示
論文 (192件):
  • Sasaki N, Gomi F, Yoshimura H, Yamamoto M, Matsuda Y, Michishita M, Hatakeyama H, Kawano Y, Toyoda M, Korc M, et al. FGFR4 Inhibitor BLU9931 Attenuates Pancreatic Cancer Cell Proliferation and Invasion While Inducing Senescence: Evidence for Senolytic Therapy Potential in Pancreatic Cancer. Cancers. 2020. 12. 2976
  • K Nonaka, Junko Aida, Kaiyo Takubo, Yuto Yamazaki, Xin Gao, Akiko Komatsu, Shoichiro Takakuma, Mototsune Kakizaki, Naoko Inoshita, Fujiya Gomi, et al. Correlation Between Telomere Attrition of Zona Fasciculata and Adrenal Weight Reduction in Older Men. The Journal of clinical endocrinology and metabolism. 2020. 105. 3
  • Norihiko Sasaki, Fujiya Gomi, Fumio Hasegawa, Kazumi Hirano, Masakazu Fujiwara, Masashi Toyoda, Toshiyuki Ishiwata. Characterization of the metastatic potential of the floating cell component of MIA PaCa-2, a human pancreatic cancer cell line. Biochemical and biophysical research communications. 2020. 522. 4. 881-888
  • Tan Wang, Yoko Matsuda, Keisuke Nonaka, Mototsune Kakizaki, Toshiyuki Ishiwata, Nobuo Kanazawa, Satoko Uegaki, Masaaki Muramatsu, Motoji Sawabe, Seijiro Mori, et al. Clinicopathological characteristics of gastric cancer with carbohydrate antigen 19-9 expression occurring in elderly individuals: An autopsy study. Pathology international. 2020. 70. 2. 92-100
  • Junko Aida, Akira Yokoyama, Sachiko Hara, Tatsuro Ishizaki, Mutsunori Fujiwara, Tomio Arai, Toshiyuki Ishiwata, Kaiyo Takubo. Telomere shortening in the oral epithelium in relation to alcohol intake, alcohol dehydrogenase (ADH-1B), and acetaldehyde dehydrogenase (ALDH-2) genotypes and clinicopathologic features. Journal of oral pathology & medicine : official publication of the International Association of Oral Pathologists and the American Academy of Oral Pathology. 2020. 49. 1. 82-90
もっと見る
MISC (702件):
  • 新井 冨生, 井下 尚子, 野中 敬介, 相田 順子, 田久保 海誉, 石渡 俊行, 松川 美保, 上垣 佐登子, 金澤 伸郎, 黒岩 厚二郎. 【内視鏡医も知っておくべき病理診断リファレンス-上部消化管腫瘍】食道 類基底細胞癌. 胃と腸. 2020. 55. 4. 380-383
  • 新井 冨生, 井下 尚子, 野中 敬介, 柿崎 元恒, 高熊 将一朗, 小松 明子, 相田 順子, 石渡 俊行, 田久保 海誉, 松川 美保, et al. 【知っておきたい特殊な食道腫瘍・腫瘍様病変】特殊な食道腫瘍の臨床病理学的特徴. 胃と腸. 2019. 54. 10. 1338-1348
  • 青木 悠人, 相田 順子, 川野 陽一, 中村 慶春, 仲村 賢一, 石川 直, 新井 冨生, 吉岡 正人, 松下 晃, 清水 哲也, et al. 先天性胆道拡張症のテロメア短縮時期の考察. 日本膵・胆管合流異常研究会プロシーディングス. 2019. 42. 49-49
  • 今江 理恵子, 萬谷 博, 津元 裕樹, 石渡 俊行, 遠藤 玉夫. 哺乳動物培養細胞および組織におけるCDP-グリセロールの定量分析. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [1P-007]
  • 石渡 俊行, 佐々木 紀彦, 豊田 雅士, 長谷川 文雄, 五味 不二也. 胎児ウシ血清による、膵癌のスフェア増大効果と癌幹細胞マーカーの増加(Fetal bovine serum enlarges the size of pancreatic cancer spheres with an increase in the cancer stem cell markers). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. P-1129
もっと見る
特許 (1件):
  • 膵臓がんの診断補助方法及び膵臓がん治療用医薬組成物
書籍 (8件):
  • 図解 病理解剖ガイド 新井冨生編集
    文光堂 2018
  • Evolution of the molecular biology of brain tumors and the therapeutic implications.
    InTech 2013
  • Encyclopedia of cancer
    Springer 2012
  • Brain tumors/Book 2
    In Tech 2012
  • "Immunohistochemical and in situ hybridization analysis of lumican in colorectal carcinoma" in Handbook of immunohistochemical and in situ hybridization of human carcinomas, Vol. 2: Molecular Pathology, Colorectal carcinoma,& Prostatic・・・
    Elseveier Academic Press 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (120件):
  • がんにならないために今、見直す生活習慣
    (ベネッセの地域医療セミナー 2019)
  • 3次元培養による高度の幹細胞性と薬剤排泄能を有するABCG2陽性膵癌細胞の誘導
    (第49回日本膵臓学会大会 2018)
  • ヒト膵癌細胞由来スフェアの形態学的、分子生物学的解析
    (第107回日本病理学会総会 2018)
  • がんにならないために今、見直す生活習慣
    (第150回老年学・老年医学公開講座 2018)
  • ABCG2-positive cells derived from ABCG2-negative pancreatic cancer cells in 3D-culture conditions show high stemness and anti-cancer drug resistance
    (米国癌学会2018 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 川崎医科大学 医学科
  • - 1986 川崎医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (日本医科大学)
経歴 (5件):
  • 2016/01 - 現在 東京都健康長寿医療センター研究所 老年病理学研究チーム・高齢者がん研究グループ 研究部長・チームリーダー・テーマリーダー
  • 2004 - 2015/12 日本医科大学 医学部 助教授・准教授
  • 2000 - 2003 日本医科大学 医学部 講師
  • 1988 - 2000 日本医科大学 医学部 助手
  • 1995 - 1998 カリフォルニア大学アーバイン校留学 内分泌、代謝、糖尿病学教室 (Murray Korc教授)
委員歴 (17件):
  • 2019 - 現在 日本癌学会 評議員
  • 2017 - 現在 日本膵臓学会 評議員
  • 2015 - 現在 日本病理学会 学術評議員
  • 2015/04 - 2017/03 日本学術振興会 科学研究費審査委員、消化器内科学
  • 2011 - Editorial Board member: Insight Cancer Research
全件表示
受賞 (5件):
  • 2018 - Pathology International High Citation Award 2018: Cancer stem cells and epithelial-mesenchymal transition: Novel therapeutic targets for cancer.
  • 2015 - 日本病理学会学術研究賞(A演説) :「癌幹細胞と上皮間葉転換を標的とした革新的な癌治療法」
  • 2015 - PanCAN Best Basic Research Award(第46回日本膵臓学会大会) :「膵癌における線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR-4)発現と治療標的としての可能性」
  • 2002 - 日本医科大学医学会奨学賞 :「線維芽細胞増殖因子(FGF)ファミリーの消化器疾患における分子病理学的検討」
  • 1992 - 日本医科大学同窓会賞 :「血管新生病の進展制御に関する分子病理学的研究」
所属学会 (8件):
日本分子生物学会 ,  American Association for Cancer Research ,  International Association of Pancreatology ,  American Pancreatic Association ,  日本癌学会 ,  日本病理学会 ,  日本老年医学会 ,  日本膵臓学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る