研究者
J-GLOBAL ID:200901055376568943   更新日: 2022年01月10日

髙橋 智

Takahashi Satoru
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (4件): 教育学 ,  教育学 ,  教育学 ,  特別支援教育
研究キーワード (48件): 高次脳機能障害 ,  知的障害概念の理論・学説史 ,  ジョン・デューイの教育学と実験学校 ,  ヴィゴツキー ,  鈴木治太郎・ビネ・シモン ,  城戸幡太郎・留岡清男・奥田三郎・三木安正 ,  児童発達支援センター ,  社会的養護(児童護施設・児童自立支援施設・児童心理治療施設・自立準備ホーム) ,  非行・触法・矯正教育 ,  少年院・少年鑑別所・保護観察所 ,  北欧福祉国家(スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・フィンランド・アイスランド)と特別ケア ,  発達困難・発達障害・愛着障害 ,  生活リズム・睡眠の困難 ,  食の困難 ,  身体症状(自律神経・免疫・内分泌系の不全・脆弱性) ,  感覚過敏・低反応 ,  発達相談臨床 ,  当事者調査研究 ,  特別ニーズ教育 ,  「特殊児童判別基準」(1953年) ,  『精神神経学雑誌』 ,  三木安正 ,  スウェーデン ,  精神医学 ,  調査 ,  知的障害概念 ,  ネットワ-ク ,  促進補償教育 ,  『児童研究』誌 ,  多文化協同 ,  日本児童学会 ,  保育困難児 ,  保育困難児問題 ,  知的障害 ,  エミ-ル・クレペリン ,  障害児 ,  不登校・引きこもり ,  暴力的噴出 ,  「精神薄弱」の3分類(白痴・痴愚・魯鈍) ,  補助学級・学校 ,  特別学級編成 ,  インクル-ジョン化 ,  質問紙法調査 ,  学習困難 ,  特別学級編制 ,  日本精神神経学会 ,  特別な教育的配慮 ,  デューイ実験学校
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 研究領域:特別ニーズ教育・特別支援教育、発達教育学、教育史学、北欧の特別ケア、矯正教育論、国際教育開発協力。1当事者、2発達教育学・発達支援、3比較教育、4歴史、5教育・保健医療・保育・福祉・矯正・就労の連携・協働の5つの視点から取り組む。 1当事者調査からさぐる当事者が求める理解・支援のシステム・方法の研究:発達障害等の当事者調査から感覚統合障害・過敏症、身体症状(自律神経・免疫・内分泌系の不全・脆弱性)、不適応、身体運動や体育・スポーツの困難、食の困難、睡眠困難等の解明。当事者調査を積み上げ、
論文 (44件):
  • 石川衣紀・田部絢子・石井智也・内藤千尋・能田昴・柴田真緒・池田敦子・髙橋智. デンマークにおける肢体不自由(運動障害)教育システムの動向-インクルーシブ教育における肢体不自由(運動障害)特別学校・学級の意義と役割-. 長崎大学教育学部紀要. 2022. 8. 59-74
  • 石川衣紀・田部絢子・石井智也・内藤千尋・能田昴・髙橋智. アイスランドの特別ニーズ教育と発達支援の政策動向-アイスランド教育科学文化省と保健省の訪問調査から-. 長崎大学教育学部紀要. 2022. 8. 43-58
  • 髙橋智・田部絢子・石川衣紀・内藤千尋. 肢体不自由・知的障害等の重度重複障害当事者と感覚を通した発達支援-デンマークの国際スヌーズレン協会への訪問調査から-. 日本大学文理学部人文科学研究所紀要. 2022. 103
  • 髙橋智・能田昴・石川衣紀・石井智也・田部絢子. 北欧諸国におけるコロナ禍と子どもの「いのち・生活・発達の危機」に関する動向-ノルウェーとフィンランドを中心に-. 日本大学文理学部人文科学研究所紀要. 2022. 103
  • 内藤千尋・田部絢子・石井智也・能田昴・石川衣紀・髙橋智. スウェーデンにおける多様な発達困難を有する子ども・若者の発達支援-「BRIS(Barnens Rätt I Samhället:社会における子どもの権利)」の訪問調査から-. 山梨大学教育学部紀要. 2022. 32. 51-61
もっと見る
MISC (443件):
  • 髙橋智. 発達困難を背負わされた非行少年と発達支援-少年院における発達相談臨床から-. 教育. 2022. 914. 94-97
  • 髙橋智. 特別支援学校設置基準問題にみる特別支援教育条件整備の課題. みんなのねがい. 2021. 665. 22-25
  • 髙橋智・柴田真緒. コロナ禍と特別ニーズをもつ子どもの発達支援-保護者・教師調査から-. 教育. 2020. 898. 23-33
  • 髙橋智. 【書評】堤英俊著『知的障害教育の場とグレーゾーンの子どもたち-インクルーシブ社会への教育学-』(東京大学出版会、2019年). SNEジャーナル. 2020. 26. 1. 179-182
  • 髙橋智・田部絢子・田村文誉・水上美樹. 発達障害など感覚に特性がある子どもの偏食の悩みと解決のヒント. 歯科衛生士. 2020. 526. 47-61
もっと見る
書籍 (75件):
  • ダウン症の子どもの摂食嚥下ハビリテーション
    医歯薬出版 2021 ISBN:9784263446393
  • 発達障害等を有する非行少年と発達支援の研究
    風間書房 2021 ISBN:9784759923841
  • 小学校教育用語辞典
    ミネルヴァ書房 2021 ISBN:9784623090792
  • ニーズ&アイデアフォーラム(NIF) 2018-2020:医療・福祉系、デザイン系、工学系の学生混成チームによる自立を支援する機器へのアイデアと作品,
    国立障害者リハビリテーションセンター研究所 2021
  • あっくんはねむりたい-眠りの困難と発達障害-
    世音社 2020 ISBN:9784921012373
もっと見る
講演・口頭発表等 (625件):
  • コロナ禍における子どもの「学習・生活・発達」の困難に関する調査研究-小中高校生・保護者・教師調査から-
    (日本発達神経科学会第10回学術集会 2021)
  • 北欧諸国におけるコロナ禍と子どもの発達危機に関する動向
    (日本発達神経科学会第10回学術集会 2021)
  • 戦前の東京市における肢体不自由児教育救済事業と「東京市立光明学校」の開設
    (日本特別ニーズ教育学会第27回研究大会(オンライン・東海大会) 2021)
  • スウェーデンにおけるインクルーシブ教育と肢体不自由(移動障害)教育の動向
    (日本特別ニーズ教育学会第27回研究大会(オンライン・東海大会) 2021)
  • スウェーデンにおける精神障害者の地域ケア-精神障害当事者支援組織「フォンテンヒュス・フェンダール支部(Fontänhus Sköndal)」の訪問調査から-
    (日本特別ニーズ教育学会第27回研究大会(オンライン・東海大会) 2021)
もっと見る
Works (1,165件):
  • 【研究助成】研究課題「戦前の教育科学研究会における障害児の発達と教育の理論の創造-日本近代障害児教育学説史研究・序説-」(研究代表者:髙橋智)
  • 【司会】全国障害者問題研究会第20回全国大会「第III部障害者のゆたかな生活を保障するために・第1分科会成人障害者の教育と発達保障・第3小分科会青年・成人期の発達の問題」司会、東京(東伏見アイスアリーナ・中野区立新井小学校ほか)、1986年8月2日~8月4日
  • 【研究助成】昭和63年度科学研究費補助金奨励研究(A)「日本障害児教育学説史研究-1930年代の教育・保育科学理論の検討を中心に-」(研究代表者:髙橋 智)
  • 【研究助成】研究課題「日本障害児教育学説史研究-戦前の「精神薄弱」児教育の検討を中心に-」(研究代表者:髙橋智)
  • 【シンポジスト】「【シンポジウム】障害児教育における生活と経験-「生活科」「生活単元」「作業学習」をどうとらえるか-」、愛知障害児教育研究会主催、稲沢市勤労福祉会館、1990年9月
もっと見る
学歴 (7件):
  • 1982 - 1986 東京都立大学 教育学専攻
  • 1982 - 1986 東京都立大学 教育学専攻
  • 1982 - 1986 東京都立大学 教育学専攻
  • - 1986 東京都立大学大学院 教育学専攻
  • 1979 - 1981 東京学芸大学 障害児教育専攻
全件表示
経歴 (18件):
  • 2020/04 - 現在 日本大学 文理学部 教授
  • 2020/04 - 現在 東京学芸大学 教育学部 名誉教授
  • 2019/04 - 現在 放送大学 教養学部 客員教授
  • 2018/04 - 現在 放送大学 教養学部 客員教授
  • 2002/04/01 - 2020/03/31 東京学芸大学 総合教育科学系特別支援科学講座 教授
全件表示
受賞 (18件):
  • 2021/09 - 日本特別ニーズ教育学会 2021年度日本特別ニーズ教育学会文献賞 受賞研究:田部絢子・髙橋智著『発達障害等の子どもの食の困難と発達支援』風間書房・2019年
  • 2019/09 - 日本摂食嚥下リハビリテーション学会 日本摂食嚥下リハビリテーション学会「第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会感謝状」 教育講演「発達障害と食の困難」に対して感謝状授与
  • 2018/11/10 - 日本子ども学会学術集会第15回子ども学会議 日本子ども学会学術集会第15回子ども学会議「最優秀発表賞」(石川衣紀・田部絢子・内藤千尋・石井智也・能田昴・柴田真緒・神長涼・髙松健太・髙橋智) 受賞研究発表:「北欧における児童虐待の実態と防止支援システムの研究-北欧三ヵ国の「子どもの権利擁護センター-Barnahus」の訪問調査から-」
  • 2018/11 - 日本子ども学会学術集会第15回子ども学会議 日本子ども学会学術集会第15回子ども学会議「最優秀発表賞」(石川衣紀・田部絢子・内藤千尋・石井智也・能田昴・柴田真緒・神長涼・髙松健太・髙橋智) 受賞研究発表:「北欧における児童虐待の実態と防止支援システムの研究-北欧三ヵ国の「子どもの権利擁護センター-Barnahus」の訪問調査から-」
  • 2018/09/28 - 公益財団法人未来教育研究所 公益財団法人未来教育研究所「第8回(平成30年度)研究助成奨励賞」(石川衣紀・髙橋智・田部絢子・内藤千尋・石井智也・能田昴・柴田真緒・神長涼・髙松健太) 受賞研究:「北欧と日本の児童虐待防止システムの実態と課題に関する比較調査研究-北欧の「子どもの権利擁護センターBarnahus」を中心に-」
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る