研究者
J-GLOBAL ID:200901055412131360   更新日: 2020年09月01日

高田 久美子

TAKATA Kumiko
研究分野 (2件): 大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (6件): 気候変動 ,  大気陸面相互作用 ,  陸面水文過程モデル ,  climate change ,  land-atmosphere interaction ,  land surface model
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2009 - 2011 植生改変によるエアロゾル変動の気候影響評価
  • 2009 - 2011 Impacts of aerosol changes induced by land cover/use changes on climate in Asia
  • 2007 - 2011 高解像度気候モデルによる近未来気候変動予測に関する研究
  • 2007 - 2011 Near-future climate change research using a very high resolution global climate model
  • 2007 - 2010 全球積雪サブグリッド被覆率の高解像衛星データによる算定と陸面過程モデルによる検証
全件表示
論文 (37件):
  • Takashi Yamanouchi, Kumiko Takata. Rapid change of the Arctic climate system and its global influences - Overview of GRENE Arctic climate change research project (2011-2016). Polar Science. 2020. 100548-100548
  • Tomohiro Hajima, Michio Watanabe, Akitomo Yamamoto, Hiroaki Tatebe, Maki A. Noguchi, Manabu Abe, Rumi Ohgaito, Akinori Ito, Dai Yamazaki, Hideki Okajima, et al. Development of the MIROC-ES2L Earth system model and the evaluation of biogeochemical processes and feedbacks. Geoscientific Model Development. 2020. 13. 5. 2197-2244
  • Kumiko Takata, Naota Hanasaki. The effects of afforestation as an adaptation option: a case study in the upper Chao Phraya River basin. Environmental Research Letters. 2020. 15. 4. 044020-044020
  • Hiroaki Tatebe, Tomoo Ogura, Tomoko Nitta, Yoshiki Komuro, Koji Ogochi, Toshihiko Takemura, Kengo Sudo, Miho Sekiguchi, Manabu Abe, Fuyuki Saito, et al. Description and basic evaluation of simulated mean state, internal variability, and climate sensitivity in MIROC6. Geoscientific Model Development. 2019. 12. 7. 2727-2765
  • Kumiko Takata, Prabir K. Patra, Ayumi Kotani, Junko Mori, Dmitry Belikov, Kazuhito Ichii, Tazu Saeki, Takeshi Ohta, Kazuyuki Saito, Masahito Ueyama, et al. Reconciliation of top-down and bottom-up CO2 fluxes in Siberian larch forest. ENVIRONMENTAL RESEARCH LETTERS. 2017. 12. 12
もっと見る
MISC (16件):
  • 小室 芳樹, 中村 哲, 大石 龍太, 高田 久美子, 吉森 正和. 急変する北極気候システム及びその全球的な影響の総合的解明. Annual report of the earth simulator. 2016. 189-194
  • 阿部 学, 高田 久美子, 河宮 未知生, 渡辺 真吾. P395 MIROC-ESMの将来予測実験におけるユーラシア北部の春季気温上昇と積雪変化の関係(ポスター・セッション). 大会講演予講集. 2015. 108
  • 阿部 学, 高田 久美子, 河宮 未知生. A312 将来気候変化予測におけるユーラシアの積雪変化と大気循環への影響(気候システムII,口頭発表). 大会講演予講集. 2014. 106
  • 阿部学, 野沢徹, 小倉知夫, 高田久美子. 気候モデルで再現された北極海の海氷変化と雲量変化の関係. 日本気象学会大会講演予稿集. 2012. 102. 569
  • 横畠 徳太, 渡部 雅浩, 鈴木 立郎, 大石 龍太, 小室 芳樹, 渡辺 真吾, 江守 正多, 竹村 俊彦, 千喜良 稔, 小倉 知夫, et al. D451 全球気候モデルMIROC5による現在気候の再現と将来予測(気候システムモデリング,AR5に向けた気候変化予測の現状,専門分科会). 大会講演予講集. 2011. 99
もっと見る
書籍 (3件):
  • 地球環境の事典
    丸善 2014 ISBN:9784621086605
  • 図説地球環境
    朝倉書店 2013 ISBN:9784254160598
  • 植生と大気の4億年-陸域炭素循環のモデリング-
    京都大学学術出版会 2003 ISBN:487698624X
学歴 (2件):
  • 筑波大学 物理学専攻
  • 京都大学 地球物理学専攻
学位 (2件):
  • 博士(理学)
  • 理学修士
委員歴 (2件):
  • 2015/07 - 現在 日本気象学会 教育と普及委員会 委員
  • 1996 - 日本気象学会 極域寒冷域研究連絡会世話人
所属学会 (5件):
International Glaciological society ,  日本地球惑星科学連合 ,  水文・水資源学会 ,  日本雪氷学会 ,  日本気象学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る