研究者
J-GLOBAL ID:200901055438493007   更新日: 2020年09月01日

宮園 浩平

ミヤゾノ コウヘイ | Miyazono Kohei
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://beta-lab.umin.ac.jp
研究分野 (4件): 腫瘍生物学 ,  実験病理学 ,  病態医化学 ,  医化学
研究キーワード (7件): 腫瘍生物学 ,  実験病理学 ,  病態医化学 ,  医化学一般 ,  Cell Biology ,  Pathological Medical Chemistry ,  Medical Chemistry in General
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2017 - 2022 細胞社会ダイバーシティーの統合的解明と制御
  • 2017 - 2022 TGF-βファミリーによる細胞分化とダイバーシティー獲得の分子基盤
  • 2019 - 2021 ゲノム医療の実装に資する臨床ゲノム情報統合データベースの整備と我が国の継続的なゲノム医療実施体制の構築
  • 2018 - 2021 新規FOP治療薬の開発
  • 2015 - 2020 TGF-βシグナルによる転写調節とがん悪性化機構
全件表示
論文 (163件):
  • Satoshi Hokari, Yusuke Tamura, Atsushi Kaneda, Akihiro Katsura, Masato Morikawa, Fumihiko Murai, Shogo Ehata, Shuichi Tsutsumi, Yuichi Ishikawa, Hiroyuki Aburatani, et al. Comparative analysis of TTF-1 binding DNA regions in small-cell lung cancer and non-small-cell lung cancer. Molecular oncology. 2020. 14. 2. 277-293
  • Yoshimatsu, Yasuhiro, Wakabayashi, Ikumi, Kimuro, Shiori, Takahashi, Naoya, Takahashi, Kazuki, Kobayashi, Miho, Maishi, Nako;, Inoue, Katarzyna;, Hida, Kyoko, Miyazono, Kohei, et al. TNF-α enhances TGF-β-induced endothelial-to-mesenchymal transition via TGF-β signal augmentation,. 2020
  • Nishida J, Momoi Y, Miyakuni K, Tamura Y, Takahashi K, Koinuma D, Miyazono K, Ehata S. Epigenetic remodelling shapes inflammatory renal cancer and neutrophil-dependent metastasis. Nature Cell Biology. 2020. accepted
  • Morikawa M, Mitani Y, Holmborn K, Kato T, Koinuma D, Maruyama J, Vasilaki E, Sawada H, Kobayashi M, Ozawa T, et al. The ALK-1/SMAD/ATOH8 axis attenuates hypoxic responses and protects against the development of pulmonary arterial hypertension. Science Signaling. 2019. 12. 607. pii: eaay4430
  • Raja E, Morikawa M, Nishida J, Tanabe R, Takahashi K, Seeherman HJ, Saito N, Todo T, Miyazono K. Tyrosine kinase Eph receptor A6 sensitizes glioma-initiating cells towards bone morphogenetic protein-induced apoptosis. Cancer Sci. 2019
もっと見る
MISC (108件):
  • 久保田 晋平, 高橋 恵生, 西田 純, 江幡 正悟, 田井中 一貴, 上田 泰己, 宮園 浩平. 組織透明化によるがん転移解析基盤の確立. 日本薬理学会年会要旨集. 2020. 93. 0. 1-YIA-16
  • 江幡 正悟, 宮國 昂介, 西田 純, 宮園 浩平. 微小環境との相互作用を介した腎がん細胞のアポトーシス耐性獲得. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [1T09a-04]
  • 鯉沼 代造, 磯谷 一暢, 原田 真悠水, 堤 修一, 桂 彰宏, 村井 文彦, 田村 佑介, 森川 真大, 仲木 竜, 水谷 アンナ, et al. がんエピゲノム異常を標的とした治療法開発 TGF-β-Smadによる転写調節異常を標的とするがん治療(Therapeutics targetting epigenetics Targeting transcriptional dysregulation of TGF-β-Smad signaling for cancer therapy). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. S17-1
  • 高橋 恵生, 久保田 晋平, 江幡 正悟, 宮園 浩平. 組織透明化を用いたがん微小環境の解析(Visualization of tumor microenvironment using tissue-clearing technology). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. E-3064
  • 宮國 昂介, 西田 純, 江幡 正悟, 宮園 浩平. 腎がんは腎微小環境との相互作用を介してアポトーシス耐性を獲得する(Renal cancer cells acquire additional anti-apoptotic ability through the interactions with renal microenvironment). 日本癌学会総会記事. 2019. 78回. E-3105
もっと見る
書籍 (2件):
  • The Biology of the TGF-β Family
    Cold Spring Harbor Perspectives in Biology 2017
  • The TGF-β Family
    Cold Spring Harbor Laboratory Press 2008
学歴 (2件):
  • - 1981 東京大学 医学科
  • - 1981 東京大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学 理事・副学長
  • 2000/08 - 現在 東京大学大学院 医学系研究科 教授
  • 2011/04 - 2019/03 東京大学 大学院医学系研究科 研究科長・医学部長
  • 1995/04 - 2000/07 財団法人癌研究会 癌研究所生化学部 部長
  • 1990/02 - 1995/03 スウェーデン王国ウプサラ大学 ルードヴィヒ癌研究所 研究員
全件表示
受賞 (12件):
  • 2019/11 - Princess Takamatsu Cancer Research Fund Nakahara Memorial Lecture Prize
  • 2018 - 日本学士院 会員選定
  • 2018 - 日本癌学会 吉田富三賞
  • 2012 - AAAS (American Association for the Advancement of Science) Fellow
  • 2011 - 日本学士院賞
全件表示
所属学会 (9件):
日本血管生物医学会 ,  日本がん分子標的治療学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本癌学会 ,  American Association for the Advancement of Science (AAAS) ,  American Association for Cancer Research (AACR) ,  日本がん転移学会 ,  日本病理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る